ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

峰さやか

みねさやか

峰さやかとは、漫画『YAIBA』及びそのアニメ作品『剣勇伝説YAIBA』の登場人物で、ヒロイン。
目次 [非表示]

概要

CV:三石琴乃


YAIBA』のヒロイン。名前は雰囲気が名前がお酒の人コナンの母ちゃん似てる人…ではなく、「刃」に対応する「」と「」から取られた。

ヘアゴムを筒状に絡めて結い上げたポニーテールちょんまげに似ている)と毛先を切り揃えた長いモミアゲが特徴。

ごく普通の女子中学生であったが、刃達と共に無理矢理冒険の旅に強行させられることになる。

なかなかにプロポーションがよく、地球一周レースでは宮本武蔵佐々木小次郎ゲロ田ゲロ左衛門のみならず金棒博士まで一緒になって水着姿を鑑賞していた。

ちなみに武蔵の恋人であるおつうとはほぼ同じ顔であるが、関係は不明。まあ、似たような顔がごろごろいるからなこの世界。


時にを吐くこともあるが、芯は心優しいしっかり者な性格で一行のツッコミ役。

刃に好意を持っている様だが、なかなか素直になれない。スケベだらけの男性陣は毎度の如く張り倒している。

家が剣道道場であることから剣道を嗜んでおり、父の峰雷蔵は刃の父である鉄剣十郎のライバルだった(が一回も勝ったことは無い)。また、魔剣である水魔の太刀を使用することが可能。

家族には他に母親の峰静香、祖母の峰富士がいる。自身は一人っ子。


物語中盤以降から、浦島太郎乙姫の血を引く龍神巫女(乙姫は龍神の娘)であることが発覚し、その身を女帝かぐやに狙われることとなる。

かぐやに生気を抜かれた後は、白髪の老婆(老け娘?)になってしまう。本人はショックを受けるが、恋愛のニュアンスがない博愛的な意味だが、刃にはその姿になっても「好き」と言われた。

鬼丸猛日本列島を魔竜ヤマタノオロチに変えた際には、かぐやに憑依されオロチと戦った。オロチの生命エネルギーを止めるのに苦戦するかぐやを胸の内でずっと激励し続け、最終的にオロチと鬼丸の撃破を成し遂げる。


最終回では3年後、高校2年生になり、ポニーテールを下した黒髪ロングになった(特徴的なモミアゲはそのまま残っている)。スターシステム上の同級生 桃井恵子からB組の黒羽くんとF組の中森さんが付き合ってるから聞いたとのこと。

ただし高校制服がブレザー風のワンピース制服な為、某怪盗が通っているセーラー制服高である江古田高校ではないと思われる。

刃と別れ別れになってから平凡的な退屈過ぎる日々を送っていたが、ラストで刃と再会し、彼と共に火星に出発した。

最終回でさやかの身長はかなり伸びたものの、刃はサ○ヤ人だったのかそれ以上に急成長していた。


ヘアゴムと三つ折りソックスピンク色な為、コナンの蘭ねーちゃんと同様に、イメージカラーはピンクだと思われる。(というかさやかも若干だが角が生えている)


剣勇伝説YAIBA

スタイルがそこそこなのにも関わらず、放送前のアニメ誌では「この子じゃお色気は期待できない」と評されてしまったが、同作のかぐやがセクシー過ぎる為であり、同時期の何度も「色気がない」と言われるサンデーヒロイン胸を触られるまで、胸が大きいと気付かれなかったサンデーヒロインと同様、ステレオタイプのメインヒロインの宿命という感じであった(これぐらいセクシーじゃないとお色気担当と言われないのであろう)。

原作でもアニメでも、しずかちゃんをソフトにしたサービスカットが幾度か描かれており、アニメ版ではお風呂でアニメ版のEDを口ずさんだり、EDでお立ち台ギャル姿で踊ったりしている。


また、漫画が大人の事情で引き伸ばされたり過激化されたりすることがなく、丁度いい長さ、温度で終わったこともあり、ヒロインでありながら、攻撃的な読者に批判される行動をほぼ取ることなく終わった。

まさに刃を収める鞘である。


余談

犯人の犯沢さん』では6巻にて成長した刃と共に2コマだけカメオ出演している。


関連タグ

YAIBA ポニーテール セーラー服

水無怜奈次回作で三石氏の演じたキャラ。

霧賀魔子…ポニーテールとセーラー服が印象的なサンデーヒロイン繋がり。

セーラームーン/セーラーヴィーナス…月編のかぐやと中の人同士を合わせるとこうなる。三石さんは、かぐやのような役もこなすことができる。

関連記事

親記事

YAIBA やいば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43248

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました