ピクシブ百科事典

深海人

しんかいじん

ここでは一峰大二の漫画版『ウルトラマン』に登場する怪獣について説明する。

概要

講談社の雑誌「ぼくら」1966年8月号に掲載された一峰大二の漫画版『ウルトラマン』第1話「ネロンガの巻」の冒頭に登場するオリジナル怪獣。
その名の通り海底に棲息している人型の生命体で、外見こそ半魚人のような姿をしているが、その顔はイソギンチャクのような触覚が生え、鋭い牙が生えた口の中に目玉があり、その下に鼻の穴が付いているという極めてグロテスクなもの。
「ぐわー」「ガオーッ」と言う鳴き声を上げる。
弱点は石油で、これを浴びると弱ってしまう。

本編冒頭でいきなり自衛隊と戦っており、戦車の砲撃や戦闘機の攻撃をものともせずに暴れ回った。
逃げ遅れた自衛隊員の退路を足で塞ぎ、捕まえようとしたがそこにウルトラマンが現れる。
ウルトラマンの手刀を胸に直撃して怯んだところにタンカーをぶつけられ、流れ出した石油が体に染み込みもがき苦しむも、最後の力を振り絞りウルトラマンに掴みかかろうとした。

しかし強烈なパンチを顔面に直撃し、そのまま海へと沈んでいった。

関連タグ

ウルトラマン(一峰大二版)

コメント