ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

【注意】この記事には『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』のネタバレを含んでいます。





















「ヒトではない何者かが、アダムスと6本の槍と共に、神の世界をここに残した。私の妻、お前の母もここにいた」(碇ゲンドウ

概要編集

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』の終盤にて、碇ゲンドウ碇シンジによる最終決戦の際に登場した場所。

人ではない何者かがアダムスと6本の槍と共にマイナス宇宙に残した神の世界。全ての始まり、約束の地。人の力ではどうすることもできない、運命を変えることができる唯一の場所とされる。

また、そこには碇ユイがいたというが、詳細は不明。


また、実は前作の『Q』時点でそれらしき物体の姿が確認できる。

フォースインパクト発動中のガフの扉の奥に、ゴルゴダオブジェクトと同じ形をした物体が浮かんでおり、初見では気づきにくいが、ガフの扉の向こう側にある物体という、かなり特異な物だったため、中には印象に残っていた人もいるかもしれない。


元ネタ編集

元ネタは特撮番組『ウルトラマンA』第13話、14話に登場するゴルゴダ星に由来し、マイナス宇宙に存在するという設定である。加えてその大元を遡るとイエス・キリスト磔にされた丘の名前が由来となっている。


関連タグ編集

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇 マイナス宇宙

関連記事

親記事

エヴァの用語一覧 えゔぁのようごいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216260

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました