ピクシブ百科事典

監督不行届

かんとくふゆきとどき

『監督不行届』とは、安野モヨコの漫画。一応「この作品はフィクションである」とは言っている。
目次[非表示]

庵野秀明との結婚生活を描いた安野モヨコのエッセイ漫画
ノンフィクションだがフィクションである。

『フィールヤング』に2002年4月~2004年12月まで不定期連載。
2005年に単行本が発売された。

あらすじ

「日本のオタク四天王」の1人である、ギャルで乙女な「カントクくん(庵野秀明)」と結婚することになったじいやな漫画家の「ロンパース(安野モヨコ)」。
結婚し生活をともにするうちに、ロンパースはカントクくんに感化され、オタ嫁道を突き進むことになる。ていうかロンパースはもともとガルマ様のごとき「紫の髪の人」を愛する娘であった。

アニメ版

2014年TVアニメ化されている。監督は谷東(谷さんはDLEの人で、作品はフラッシュアニメ)。安野が、『秘密結社鷹の爪』のファンであったためこの企画が出たらしい(作品の後で、FROGMANさんがちょろちょろしている)。


 冒頭「黒いバックに明朝体でタイトル!」が出て、本編が流れ、週替わりで、A応Pがカバーした様々な特撮アニメの曲が使用されるエンディング(赤毛のアン太陽戦隊サンバルカン銀河鉄道999超獣機神ダンクーガなど。カントク君入魂の特撮が話題に上った回では「戦え!ウルトラマン」が流れるなど各話でネタになった者に関連した曲になっている)があって、2014年当時の、企画はいかに立ち上がったか、声優(あの登場人物Aが大御所のアニメ主人公の声当ててるからこちらでも、という案はあったがなんとか)はどうするか、(2014年)現在はどうか、などが描かれる後日談的なもので構成される。その最後の話に、あー、三石琴乃(なお原作にあったおるちゅばんエビちゅネタはない)や、緒方恵美が参加している。
 作中 嫁や旦那が歌うアニソンに関して一応大体の版権交渉をしてはいる(つまり声優さんがアニソン歌いまくりということ)
エンドカード島本和彦漫☆画太郎諸星大二郎松本零士など超豪華であった(作中で「カントクくんが西田健さんに会って感動した話」の後に西田さんのサインが出るなど話に関連(ry)。
 巻末にネタの解説が出る。(「『ライダーキッ!!』について監修の人から『山寺さんの台詞は確かに藤岡弘、さんのものなのだが、カントク君のこのシーンで真似しているのは旧1号の物なのでどうの』というリテイクが」等)

 2014年にはDLEから、ミニカントク不行届などがついた漫画付DVDが発売されている。

関連タグ

安野モヨコ 庵野秀明

関連記事

親記事

安野モヨコ あんのもよこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「監督不行届」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2262

コメント