ピクシブ百科事典

概要

江戸時代に、その者がキリスト教徒であるかを調べるために踏ませた、キリスト聖母マリアを描いた絵(正確には木板もしくは金属板)のこと。また、その絵を踏むこと。「踏絵」や「絵踏」とも表記する。
本来は踏ませる絵の側を「踏み絵(踏絵)」、絵を踏む・踏ませる行為を「絵踏み(絵踏)」と呼んでいたが、現在では「踏み絵」で一括りにされるのが通例である。
禁教令の下で潜伏していたキリシタンを炙り出し、処罰するために発明された手法だったが、途中からはキリシタン側も開き直って役人の前では堂々と踏み絵を踏んでおき、後でこっそりとキリストに懺悔するというやり方で対処するようになったため、効果は上がらなくなった。
最終的には開国に伴って廃止された。

転じて、その人の主義主張立場試すためのもののことを指して「踏み絵」と言う事もある。
本来は「信仰心無い」ことを証明するためのものだったが、慣用的な意味では「忠誠心覚悟ある」ことを示すためのものに変わっている。

なおpixiv上では、こちらを踏みつけてきているようなイラストにもタグが付けられている。

関連タグ

江戸時代 キリスト教 キリシタン 通過儀礼
志布志市 - 志布志事件(「踏み字」事件)

関連記事

親記事

踏む ふむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「踏み絵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318799

コメント