ピクシブ百科事典

萌木甘奈

もえきかんな

萌木 甘奈 (もえき かんな)とは、育成ゲーム『萌えCanちぇんじ!』に登場するイマイチ立ち位置が不明なキャラクターである。
目次[非表示]

概要

同ゲームの告知を行う『ナビ嬢』である萌木杏奈。公式サイトでは隠しキャラ扱い。
初登場は2010年11月10日のインフォメーション。京都のアパレル系で勤務していたらしい。

合言葉は『チョリーッス』。『CHA-LA HEAD-CHA-LA』のリズムで『♪チョーリーッス チョッチョリーッス♪』と歌ったり状況に合わせて派生する(例:年末の挨拶で『シワーッス』など)事もある。

生意気かつ野心的(本人曰く『メガチョリパネェ』)な性格で、ギャル語を操る。よって他のキャラクターからはウザがられるかほとんど無視されている。
たまに気にかけてもらったところで扱いは最悪も最悪
人気投票では本名不明のハカセ以外の人間キャラで唯一『カンナ』と苗字も漢字もないぞんざいな表記をされ、
2012年5月にリリースされた萌えCanRPG!のキャラ紹介では『アンノウン』扱いされ、
OVAのPV(甘奈編)ではギターを弾くものの登場人物から一切見向きされていなかった

しかし根性はあるのかどんな粗末な待遇だろうと出番さえあれば何らかのアピールは欠かさない。
ハカセの研究室に忍び込み、次回の更新情報をリークする事もある。
同じく準レギュラーである御城摩耶とは仲がよい様子でお互いを『カンチャ』『マヤチャ』と呼び合う。

アリア

萌えcanちぇんじ! 甘奈アリア


実はハカセ以外のキャラの中で唯一(2012年6月5日時点まで)、明確に(ただし出番ほとんど無し)マイロイドを所持している。
名前は『アリア』。初登場は2010年10月27日。はぐれマイロイドとして登場した、いわば甘奈の前フリである。なお甘奈の初登場で呼ばれるまでは名前が確定していなかった。
マスターは甘奈だが、テスターに応募する際はなぜかの名義が使われていた。
そのため、アリアは『杏奈のマイロイド』または『萌木姉妹のマイロイド』として扱われる事がある。
口調から察するにタイプとしては『泣き虫-でふぉると-クール』と推測される。
(この3タイプ、アリア初登場時にはひとつも実装されていなかった)
ロボなのにド近眼であり、メガネがないと顔の判別すら出来ない。このため、初登場時は杏奈をマスターと勘違いして『わたしのことは遊びだったんですか?』と泣き付いていた。
(※この時点では甘奈は京都で勤務中だった)
参考イラストではシャワー中のため裸だが、実際には『ゴスロリ1 橙』と赤縁のメガネを着用する。

着ぐるみ

衣装orガチャの追加告知にて、着ぐるみが追加される際はほぼ決まって彼女の担当である。
しかも甘奈としては『普通の服』のオススメをお願いしているにもかかわらず
喜屋武知恵の気まぐれにより勝手に着ぐるみをオススメされるパターンがほとんどである。
あまりにも着ぐるみをオススメされたせいか、もはや『着ぐるみクイーン』を自称するまでになり、
着ぐるみが追加されたのにオススメされないと逆にキレるようになった。

チャラリ

極稀にお知らせで登場する際にハカセ専用マイロイド『サラリ』の格好をして、
自身をマイロイドだと言い張る時がある。
ただしサラリと差別化を計るために、茶色をベースとしている。
色』と『チャラい』をかけているのだろうか。

チョリ~ッス!
チャラリ人形なのです!


この『チャラリ』の衣装および頭乗せ用ぬいぐるみが手に入る時期もあった。現在は入手不可。
 衣装→後述の『あは! ウケーる!』
 ぬいぐるみ→期間限定の友達紹介キャンペーン(3人招待報酬)

あは! ウケ〜る!!

これだけ酷い待遇なのに、一時期何故か毎週土曜日0:00〜26:00の間限定で個人コーナーが用意されていた。
というのも、同ゲームのラジオである『いえす! 萌えきゃ〜ん!』(文化放送 毎週土曜25:30〜26:00 放送終了)の放送告知として、
甘奈が勝手にスタジオを借りてラジオを放送する、という設定のコーナーである。
ココでは甘奈が好き勝手に喋り倒したりハガキを読んだり(たまに破る)しているが、
同時に限定アイテム(甘奈お手製らしい)を購入できる臨時ショップも開設していた。
ただし、このショップで買えるアイテムは週変わり、かつコーナーにアクセスしたタイミングによりランダムで決定される1種類しか選べない。
欲しいアイテムが出現しなかった場合は再度アクセスし直すか次週を待つしかない。
また、このショップのアイテムは課金アイテムであることが多い。
こんなことやってるから普段の待遇が酷いのだ。

ラストライブ

あはウケ。


2011年10月1日の萌えCanラジオ最終回に伴い、同コーナーもアンコールを含めた10月8日で終了となった。
この時、通常なら放送告知を行う部分に『また何かやってやんよ!』と表示されていた。
萌えCanラジオの方も終了はしたものの何かまたやりたい様子を見せていたのでもしかすると……

メガチョリパネェアーカイブス

萌えCanラジオ、そして『あは! ウケ〜る!!』終了後、いつものお知らせページの最下部に
なにやら怪しい甘奈のアイコンが表示されるようになっていた。
実はコレ、過去『あは! ウケ〜る!!』で販売していたアイテムを再販するためのページである。
このページに入るには電撃萌王 2011年12月号内にコッソリ書かれたパスワードが必要だが、
過去の甘奈のトークもほぼ全て再現されており、アイテムも過去の物全てを購入できた。
(購入できるアイテムがランダムで決定されてしまうところも残念ながら再現されている)
このアーカイブスも2012年3月16日で『一時休業』する事となった。

帰ってきた!! あは! ウケ〜る!!

そして今度は新商品を引っさげて再び時間限定イベントとして復活した。今回はパスワードは不要。
残念ながらトークについては新規のものが無く、過去のアイテムも購入できない様子。
(ただし萌えCanラジオや当時の『あは! ウケ〜る!!』についての記述は差し替えられている)
しかしバナーが豪華に描き直され、『帰ってきた!!〜』解禁時には必ずアナウンスが入るようになった。
これで甘奈の出番も評価も大幅UP間違いナシである。
営業時間は告知が入ってから約24時間。
ただし萌えCanのメンテナンスとかぶった場合はその分営業時間は短縮される。
また『イベント』と称して逆に延長することもあるらしい。

リニューアル甘奈処

2012年12月21日に開店した甘奈処からついに本格的なリニューアルがなされた。
今までの臨時ショップにあった『ランダム1種類縛り』がついに撤廃され通常のショップ同様リストから好きな商品を選べるようになった。
また開店期間も日単位で大幅に伸び、忙しい社会人マスターも安心して甘奈の限定アイテムを手にすることができるようになった。
しかし、それでも課金アイテムの比率が多いのは今までの甘奈処同様である。

NO RULE 〜超Listen!〜


アンコールでの『何か』を本当にやりやがった。やってしまった。
OVA版『萌えCanちぇんじ!』の主題歌に抜擢されるという ☆ 大 出 世 ☆ を果たしたのである。

唄・萌木甘奈役日高里菜
作詞森 由里子
作曲・編曲宮永治郎
現時点では30秒弱の試聴版しか聞くことは出来ないが、それだけでも甘奈らしさは十分に出ている。
ラジオでのラストライブが実は演奏していなかったことが発覚している甘奈だが、歌はうまく歌える(=音痴設定ではない)様子。
そして冒頭の合言葉『チョリーッス!!!』が実に強く響き渡る。
甘奈の躍進は意外と止まらない。

関連タグ

萌えCanちぇんじ!
萌木杏奈 (姉) 御城摩耶 (仕事仲間)

pixivに投稿された作品 pixivで「萌木甘奈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5969

コメント