ピクシブ百科事典

ちせ

ちせ

漫画『最終兵器彼女』のヒロイン。顔は可愛いがドジでとろくて気が弱い少女。
目次[非表示]

もしかして→アルストロメリア(BEMANI)
     →ちせ(プリンセス・プリンシパル)

概要

アニメ版声優:折笠富美子
実写版俳優:前田亜季

成績は中の下だが、世界史だけは得意で、英語は苦手。
口ぐせは「ごめんなさい」。座右の銘は「強くなりたい」。シュウジを「シュウちゃん」と呼ぶ。子供の頃はとても病弱で東京の病院に通うこともあったが、後にこのことが最終兵器に選出されるきっかけになる。
自衛隊によって最終兵器へと改造された。“たまたま”兵器が馴染む体質を持っているらしい。
本来は心優しい少女であるが、戦場では兵器として圧倒的な力で敵を殲滅する。時には自分の力を制御しきれずに暴走し、味方や周囲の街も消し飛ばすため、敵どころか味方の兵士にすら恐れられ、上層部から厄介物扱いされている。
ただし戦力としては信頼されており、その可憐な容姿から彼女を慕う兵士もいることはいる。

当初は兵器として戦うことにかなりの抵抗を持っていたが、度重なる任務で精神をすり減らし続けた結果、戦うことに慣れてしまう。
これに加えて戦争の陰に隠された真実に触れたことから、諦観に満ちたリアリスト的言動をすることも増えた。
原作後半においては、シュウジをはじめとする気を許した人間の前でだけ昔のようなおっとりした様子を見せるようになっている。

三国志大戦

【らくがき】最終兵器小喬♪【のよぅなもの】


ビッグコミックスピリッツとのコラボ企画にて、小喬として登場。
使用する計略『最終兵器』は使用するたび威力の上がる敵城直接攻撃。
3回使ってもダメージは合計4割程度だが、4回目の威力はなんと即死レベルテーレッテー
しかし4回の『最終兵器』発動もかなり厳しい条件を必要とする為、ロマンとして扱われる。

裏書きのセリフに『ごめんね……周(シュウ)ちゃん……』というネタまで仕込んである。

関連タグ

最終兵器彼女 シュウジ アケミ

pixivに投稿された作品 pixivで「ちせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 535829

コメント