ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

波よ聞いてくれ

なみよきいてくれ

「波よ聞いてくれ」とは沙村広明が月刊アフタヌーンにて連載している泥臭いギャグマンガ。
目次 [非表示]

概要

『波よ聞いてくれ』とは沙村広明氏が月刊アフタヌーンにて連載しているギャグマンガである。

北海道の地方ラジオ放送局を舞台とした破天荒な内容の作品であり、氏お得意のマニアックなネタや抱腹絶倒の会話劇を存分に堪能できる怪作である。

無茶苦茶な展開がこれでもかと押し寄せるストーリーと、ラジオ放送の裏側をきっちりと描いたリアルな描写が並走している独特な作風となっている。


テレビアニメ化・テレビドラマ化された実績がある。詳細は後述。


ストーリー

鼓田ミナレ、北海道在住の25歳。男に逃げられなけなしの財産も持ち逃げされた薄幸の美女(?)である。

そんな己の鬱屈を、飲み屋でたまたま隣にいたおっさんに洗いざらいぶちまけたミナレは、後日勤め先のカレー屋で流れたラジオ放送にて驚愕の事態に直面する。なんと飲み屋のおっさんに明かした自分の恥が番組のネタとなり、そのまま公共の電波に乗って大衆の耳目にさらされてしまっていたのだ。

憤慨したミナレは放送出元の藻岩山ラジオ放送局に乗り込むが、そこに待ち受けていたのは飲み屋で出会ったおっさんこと放送ディレクター麻藤兼嗣であった。

飄々とした麻藤にいざなわれるままにラジオでアドリブトークをやってのけたミナレは、その才覚に目を付けた麻藤にラジオパーソナリティーとしてスカウトされる。

しかし、ミナレの前に降りかかる火の粉は火勢を増すばかりで・・・・。


キャラクター

鼓田ミナレ

演:小芝風花、CV:杉山里穂

本作の主人公。黙っていればスタイル抜群の美人なのだが、独特すぎる価値観から繰り出されるべしゃりのオンパレードによって全部台無しになっているTHE・残念な美人

世話好きで人情味のある好人物なのだが、向こう見ずな性格と無駄な行動力が合わさって素っ頓狂な行動に出ることもしばしば。周囲からはいろんな意味で愉快な人として認知されている。

一言でいえば生き意地の汚い女。トークのセンスは素人離れしており、台本なしにアドリブだけで番組をやりきる手腕の持ち主。

蛇足ながら、アニメにおける中の人はガチで道産子(北海道出身者)である。


麻藤兼嗣

演:北村一輝、CV:藤真秀

ミナレをスカウトした藻岩山ラジオ放送局のディレクター。見た目も中身も胡散臭い中年で、ずぶの素人であるミナレをラジオパーソナリティーに起用するなど、えらいさんとは思えない行動をとる怪人。

食えない人物だが意外と茶目っ気のある変なオヤジ。そしてバツイチ。


中原中也

演:片寄涼太、CV:矢野正明

ミナレが務めるスープカレー店「ボイジャー」の店員。ミナレに好意を寄せている奇特な人で、彼女からのらりくらり躱されても諦めずアタックし続ける健気な人物。良くも悪くも堅実な性分の人なので、ミナレがなし崩し的にラジオの世界に入ることには反対している。困ったな、とてもまっとうな意見だ。

なお、実写ドラマ版ではちょいガテン系の爽やか男子になっているが、中身は原作ほぼそのまんま。


宝田嘉樹

演:西村瑞樹(バイきんぐ)、CV:島田敏

スープカレー店「ボイジャー」の店長。「パンとカレーの夢空間」をモットーに店を営業しているオネェ口調のおっさん。隠すまでもないがゲイである。店の求めるイメージと明らかに毛色が違うミナレを邪険に扱っており、のちに至極まっとうな理由からミナレに解雇通告を言い渡すことになる。本作屈指の良識人なのだが、交通事故に巻き込まれて長らく退場させられる羽目になった不運な人でもある。


南波瑞穂

演:原菜乃華、CV:石見舞菜香

藻岩山ラジオに勤めているアシスタントディレクターの女の子。家賃が払えなくなり家なき子となったミナレに宿を貸してあげている親切な人。人が好い反面溜め込みがちなところがあり、精神的に追い込まれると只の包丁を備前長船なみの切れ味になるまで研ぎ続けてしまう。


城華マキエ

演:中村ゆりか、CV:能登麻美子

宝田を事故に巻き込んでしまった兄に代わり「ボイジャー」の手伝いを買って出た儚げな美人。華奢な見た目とは裏腹に仕事が出来る才人であり、入って数日でミナレのポジションをほぼ喰ってしまった。実はヘビーな家庭事情の持ち主。作中最強の剣客ではない。親身に接してくれた中原君にほのかな思いを寄せている。


城華亨

演:庄野崎謙、CV:伊藤健太郎

マキエの兄。元から妹に対し過保護気味だったが、両親が亡くなってから常軌を逸した束縛をするようになり、彼女を約6年間自宅軟禁していたというもはやシスコンというより犯罪者に近い性格を持ってしまっており、それに加えて、キレると頭に血が昇り意識が吹っ飛んで相手に襲いかかるという悪癖がある危ないお兄様。

車道に飛び出してきた宝田を車ではねて負傷させてしまい、お詫びとして「ボイジャー」に訪れ謝罪しようとしていたが、中原とマキエがくっついてる姿を目撃してしまい激昂。殴りかかろうとしたがなんとか頭を冷やすことができ、諸々の事情を知ってひとまず妹の件を黙認している。マキエを束縛していたのはひとえに彼女の主体性のなさを心配してのことであり、彼女が自分なりに独立しようとしていることは素直に受け入れている。それにしても限度ってあるじゃない・・・。

実写版では演者が以前某特撮ヒーロー番組シスコン道を極めし剣士を演じていたこともあってかなりキレッキレの演技を披露している。


久連木克三

演:小市慢太郎、CV:山路和弘

藻岩山ラジオ局お抱えの構成作家。麻藤とは腐れ縁とも言える付き合いで、即興の原稿やグレーゾーンな内容の仕事までこなせる必殺仕事人。本職は官能作家であり、一目で頭にこびり付く珍妙な題名のエロ小説を書いている。ほどよく生活に疲れ切った、所謂枯れ中年である。


芽代まどか

演:平野綾、CV:大原さやか

藻岩山ラジオの人気パーソナリティー。麻藤の推薦・・・という名の詐欺行為によってラジオの世界に強制参加させられたミナレにとっては先輩にあたる人物。ミナレに対してはライバル心も込めた興味を抱いており、時々非常に生々しい牽制をミナレにふっかけている。華やかな見た目に反して色々と鬱屈した青春時代を送ってきたためか毒っ気の強い人物であり、ミナレとは何から何までそりが合わない天敵。


甲本龍丞

CV:石川界人

藻岩山ラジオのミキサー。無愛想だが真面目な仕事人。変人偏屈まみれの藻岩山ラジオのなかでは一番の常識人・・・だと思われていたが後に一番の武闘派であることが判明した。瑞穂に気があるのだが不器用な性格が邪魔してなかなか想いを打ち明けられないご様子。


須賀光雄

演:内藤秀一郎、CV:浪川大輔

ミナレから貯金を持ち逃げした元カレの九州男児。一見すると付き合いやすそうな好青年で、人当たりも良くて女受けのする男だが、本性は自分を常に優先する我が儘な人間。端から見ると悪い人間には見えず、中途半端に優しいので人物が掴みにくいという厄介な輩である。

さらに言えば声を担当した浪川をして、クズ男と言わせしめた。


沖進次

演:稲葉友、CV:内山昂輝

ミナレの住むアパートの住人。酔っ払っては家を間違え押しかけてくるミナレを何度も介抱してあげた面倒見のいい人。・・・・だが部屋中にお札を貼っていたり、常に「律子」と呼ばれる人を恐れていたりと過去に謎がある人物。一見すると常識人だが、実はエキセントリックで危ないお兄さん。こんな奴ばっかりだな・・・

ちなみに、ミナレのような「酒に吞まれる破滅的な女」が大嫌いらしい。むべなるかな。


シセル光明

演:小芝風花(ミナレと一人二役)、CV:木下紗華

生ける仲達を走らせそうな名前の芸人。麻藤の若かりし頃の仕事仲間であり、並外れたトークセンスと儚げな美貌が特徴的な才人だったが、訳あってラジオの世界からは引退している。普段から女装している変り者である。

容姿・能力共にミナレと類似点が多く、麻藤は彼への憧れもあってか、どこか似ているミナレに興味が湧いてラジオ業界に誘ったのである。回想では自身のお笑いを極めるべく世界のあちこちを転々とする様子が描かれている。本作の重要なキーパーソンの一人。あと、下ネタが大好物。


テレビアニメ

サンライズの手によってテレビアニメ化された。2020年春アニメとしてAT-XのほかTBS系列局のごく一部(ホスト局は毎日放送)とBS-TBSで放送。

また、本作と同じタイトルのラジオ番組が、FM北海道(通称AIR-G’)で放送された。アニメの放送開始から一足早い2020年3月5日スタート、アニメの放送終了からそれほど間が空いていない6月25日に終了した。パーソナリティーは主人公・鼓田ミナレを演じる杉山里穂


主題歌TacicaARANAMI(OP)遥海Pride(ED)。


テレビドラマ

2023年4月21日から6月9日にかけてテレビ朝日北海道テレビ放送ほかにて放送された。

原作(およびテレビアニメ)とは、ごく一部の設定変更がなされている(例としては、舞台が北海道ではなく千葉県のとある町が舞台であり、ラジオ局の名前が藻岩山ラジオではなく円山ラジオになっている・・・あれ?円山って北海道の地名・・・)。ストーリーは原作のマニアックなネタを再構成したものとなっており、漫画版を読み込んだファンならニヤリとする展開が数多く仕込まれている。

また、第2話から第7話はクリス・ペプラーファーストサマーウイカ向井慧(パンサー)、久保史緒里(乃木坂46)など毎回ラジオ番組のパーソナリティを務めているタレントがナレーションを担当している。最終話は、アニメ版ミナレ役の杉山がナレーションを担当した


関連動画

PV1

ニコニコ版はこちらから


PV2

ニコニコ版はこちらから


関連タグ

沙村広明 アフタヌーン


アニメイズム(B2):毎日放送TBSBS-TBSでの放送枠


外部リンク

関連記事

親記事

沙村広明 さむらひろあき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました