ピクシブ百科事典

波よ聞いてくれ

なみよきいてくれ

「波よ聞いてくれ」とは沙村広明が月刊アフタヌーンにて連載している泥臭いギャグマンガ。
目次[非表示]

概要

『波よ聞いてくれ』とは沙村広明氏が月刊アフタヌーンにて連載しているギャグマンガである。
北海道の地方ラジオ放送局を舞台とした破天荒な内容の作品であり、氏お得意のマニアックなネタや抱腹絶倒の会話劇を存分に堪能できる怪作である。
無茶苦茶な展開がこれでもかと押し寄せるストーリーと、ラジオ放送の裏側をきっちりと描いたリアルな描写が並走している独特な作風となっている。

ストーリー

鼓田ミナレ、北海道在住の25歳。男に逃げられなけなしの財産も持ち逃げされた薄幸の美女(?)である。
そんな己の鬱屈を、飲み屋でたまたま隣にいたおっさんに洗いざらいぶちまけたミナレは、後日勤め先のカレー屋で流れたラジオ放送にて驚愕の事態に直面する。なんと飲み屋のおっさんに明かした自分の恥が番組のネタとなり、そのまま公共の電波に乗って大衆の耳目にさらされてしまっていたのだ。
憤慨したミナレは放送出元の藻岩山ラジオ放送局に乗り込むが、そこに待ち受けていたのは飲み屋で出会ったおっさんこと放送ディレクター麻藤兼嗣であった。
飄々とした麻藤にいざなわれるままにラジオでアドリブトークをやってのけたミナレは、その才覚に目を付けた麻藤にラジオパーソナリティーとしてスカウトされる。
しかし、ミナレの前に降りかかる火の粉は火勢を増すばかりで・・・・。

キャラクター

鼓田ミナレ

本作の主人公。黙っていればスタイル抜群の美人なのだが、独特すぎる価値観から繰り出されるべしゃりのオンパレードによって全部台無しになっているTHE・残念な美人
世話好きで人情味のある好人物なのだが、向こう見ずな性格と無駄な行動力が合わさって素っ頓狂な行動に出ることもしばしば。周囲からはいろんな意味で愉快な人として認知されている。
一言でいえば生き意地の汚い女。トークのセンスは素人離れしており、台本なしにアドリブだけで番組をやりきる手腕の持ち主。

麻藤兼嗣

ミナレをスカウトした藻岩山ラジオ放送局のディレクター。見た目も中身も胡散臭い中年で、ずぶの素人であるミナレをラジオパーソナリティーに起用するなど、えらいさんとは思えない行動をとる怪人。
食えない人物だが意外と茶目っ気のある変なオヤジ。そしてバツイチ。

中原中也

ミナレが務めるスープカレー店「ボイジャー」の店員。ミナレに好意を寄せている奇特な人で、彼女からのらりくらり躱されても諦めずアタックし続ける健気な人物。良くも悪くも堅実な性分の人なので、ミナレがなし崩し的にラジオの世界に入ることには反対している。困ったな、とてもまっとうな意見だ。

宝田

スープカレー店「ボイジャー」の店長。「パンとカレーの夢空間」をモットーに店を営業しているオネェ口調のおっさん。隠すまでもないがゲイである。店の求めるイメージと明らかに毛色が違うミナレを邪険に扱っており、のちに至極まっとうな理由からミナレに解雇通告を言い渡すことになる。

南波瑞穂

藻岩山ラジオに勤めているアシスタントディレクターの女の子。家賃が払えなくなり家なき子となったミナレに宿を貸してあげている親切な人。人が好い反面溜め込みがちなところがあり、精神的に追い込まれると只の包丁を備前長船なみの切れ味になるまで研ぎ続けてしまう。

関連タグ

沙村広明 アフタヌーン

pixivに投稿された作品 pixivで「波よ聞いてくれ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 261

コメント