ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

JR北海道が運営する鉄道路線の1つ。普段は「日高線」の名称で案内されている。

「日高拓殖鉄道」および王子製紙系列の「苫小牧軽便鉄道」が前身。1927年に両路線を国有化し、延伸工事・改軌工事行い1937年に苫小牧駅様似駅間146.5kmが全通した。全線単線・非電化。
かつては優等列車として札幌駅直通の急行えりも」が運行されていたが、国鉄民営化直前の1986年に同列車が廃止。正式な路線名が「本線」となっていながら、現在は普通列車のみが走るのみとなっている(2021年時点で1日8.5往復)。

2015年1月に北海道地方を襲った低気圧の影響で、太平洋沿岸走行区間のうちの厚賀駅~大狩部駅間が高波によって(2回にわたり)土砂が流出。鵡川駅様似駅間116kmが長期不通となった。
この区間は同年3月より全列車が運休となり代行バス輸送に切り替えられたが、もともとこの路線は国鉄民営化後赤字続きであったこともあって、2016年11月には「鉄道維持が困難な路線区の1つ」であることを公式発表。関係する日高管内の日高・平取・新冠・新ひだか・浦河・様似・えりもの7町と協議を重ねた結果、2019年11月の臨時会議にて(多数決により)当該区間である鵡川駅~様似駅間の廃止を決めた(廃止は2021年4月1日付)。
残る苫小牧駅~鵡川駅間30.5kmについても「鉄道維持が困難」であることから、予断を許さない状況は続いている。

駅一覧

現存区間

駅名乗り換え路線備考
苫小牧JR室蘭本線千歳線方面苫小牧~苫小牧貨物間は室蘭本線岩見沢方面と並走
(苫小牧貨物駅)室蘭本線岩見沢方面から分岐
勇払
浜厚真
浜田浦
鵡川


2021年4月1日廃止区間

( )表記のないものは2021年4月1日付で廃駅となった。

駅名備考
鵡川上記参照。
汐見
(フイハップ浜)臨時駅。1989年から1993年の潮干狩りシーズンのみ営業した。
富川
日高門別
豊郷
清畠
厚賀
大狩部
節婦
新冠
静内
(静内海水浴場)臨時駅。1991年・1992年の海水浴シーズンのみ営業した。
東静内
春立
日高東別
日高三石
蓬栄
本桐
荻伏
絵笛
浦河
東町
日高幌別
鵜苫
西様似
様似

関連項目

JR北海道 気動車 鉄道 ローカル線 室蘭本線
キハ130系 キハ40系

関連記事

親記事

JR北海道 じぇいあーるほっかいどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「日高本線」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「日高本線」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1030

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました