ピクシブ百科事典

海峡線

かいきょうせん

JR北海道の路線の1つ。後述する事情から、一般的な案内として使用されたことはなかった。
目次[非表示]

概要

路線名海峡線
路線総延長87.8 km
軌間1067 mm
電圧新幹線供用区間は25,000V
最高速度140 km/h


中小国駅(青森県東津軽郡外ヶ浜町)から津軽海峡下の青函トンネルを経由して木古内駅(北海道上磯郡木古内町)までを結ぶJR北海道の鉄道路線。総延長87.8km(営業キロ)。接続する津軽線江差線と併せ津軽海峡線の一部を成していた。

中小国駅~新中小国信号場間はJR東日本津軽線との共用区間である。旅客列車については2002年12月1から2016年3月21日までは特急急行列車のみが運行されていた。2016年3月26日の北海道新幹線開業に伴い、定期の旅客列車はすべて廃止され、当路線はJR貨物による貨物列車のほか、カシオペアをはじめとするクルーズトレインのみの運行となった。

現在は北海道新幹線とほとんどの区間を共用することになっており、該当区間は新幹線・在来線双方に対応した三線軌条となっている。

北海道新幹線開業前は、青森から青函トンネルを経て函館までを結ぶ在来線の通称として「津軽海峡線」が青函トンネル開業時から新幹線開業時まで使われていたため、海峡線の名称は一般的には駅の案内や時刻表などで使われることがなく、津軽海峡線の略称として使われるくらいだった。
北海道新幹線開業以降は在来線は一部臨時列車と貨物以外の、定期の旅客列車は青函トンネルを含む海峡線を通らなくなったため、海峡線は旅客列車時刻表の地図からは抹消され案内も消えた。
おそらく今後も案内名称として使われることは津軽海峡線共々ないものと思われる。
但し現在でも臨時、貨物列車が通る路線としての「海峡線」は法的な正式名称として健在である。

2006年時点での停車駅

中小国津軽今別竜飛海底吉岡海底知内木古内

関連タグ

青函連絡船 海峡 津軽海峡 北海道新幹線 白鳥/スーパー白鳥
北斗星 カシオペア トワイライトエクスプレス はまなす
ED79 EH500 EH800 14系 485系 789系

関連記事

親記事

JR北海道 じぇいあーるほっかいどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「海峡線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 513

コメント