ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

北海道札幌市中央区桑園駅から函館本線にほぼ並行して石狩川右岸を通っている地方交通線。桑園発着の列車はなく、桑園駅から札幌駅までの1区間は函館本線に乗り入れる。

沿線に北海道教育大学の校舎や北海道医療大学などがあるため学園都市線という愛称がついている。駅案内などではほぼこの愛称しか使われていないため、札沼線と言っても通じないことがある。



路線名の『札沼線』は、以前に留萌本線の石狩田駅まで運行されていたことに由来する。

新十津川駅~石狩沼田駅間は1972年6月19日廃止され、また2012年の一部区間電化の際に非電化で残っていた北海道医療大学駅~新十津川駅間についても、2020年5月7日廃止(定期列車の最終運行日は4月17日で、18日以降の定期列車は運休扱い。COVID-19蔓延・非常事態宣言発令に伴う措置)となった。

  • 1943年から1944年にかけて石狩当別駅から石狩沼田駅までの区間が不要不急線に指定され休止(1943年石狩月形駅~石狩追分駅間、1944年石狩当別駅~石狩月形駅間と石狩追分駅~石狩沼田駅間)されたが、1946年から1956年にかけて休止区間の営業が再開された。しかし区間によっては営業再開が遅すぎたために新十津川駅以北が廃線になる遠因となった。その後も北海道医療大学駅以北の営業区間も輸送密度200人未満の大赤字となり、地元自治体との協議を経て廃線とバス路線への転換方針が決められた。
  • 新十津川駅と函館本線・根室本線滝川駅の間は石狩川をはさんで約3kmしか離れていないため、バスでの連絡が可能(もちろん徒歩連絡も可能)であったほか、浦臼駅から函館本線の奈井江駅までバスで20分で連絡が可能になっていた。


2012年6月1日に桑園駅〜北海道医療大学駅間が電化。同年10月27日にはこの区間の営業列車はすべて電車化された。一部千歳線方面の直通列車も設定されており、運行本数もあいの里公園駅までは概ね毎時往復3~4本と多い。

現存する電化区間の輸送密度は広島地区の可部線に匹敵するレベルで、特定の区間までは都会並み(実際札幌という大都市の都市圏内なのだが)の輸送密度や列車本数を誇る一方、そこを過ぎると途端に過疎地域のローカル線同然になるギャップの凄まじさも、三段峡駅まで運行していた頃の可部線にどこか似ていた。

2020年10月、あいの里公園駅〜石狩太美(太美)駅の間に新駅が設置されることが発表された。場所は太美駅から約300m離れた所にあるロイズの工場付近で、地元からの請願駅のため建設に係る費用は全て地元負担(駅舎はロイズ、駅前広場は当別町の予定)。駅名は「ロイズタウン」駅となり、2022年3月改正により開設された。


駅一覧編集

電化区間(現存)編集

※便宜上、札幌からの乗り入れ区間も掲載。

※全区間Kitacaエリア。

駅番号駅名乗り換え路線備考
01札幌駅JR北海道函館本線(旭川方面)・千歳線札幌市交通局(札幌市営地下鉄):南北線東豊線(さっぽろ駅)
S02桑園駅JR北海道:函館本線(小樽方面)
G03八軒駅
G04新川駅
G05新琴似駅札幌市交通局(札幌市営地下鉄):南北線(麻生駅)
G06大平駅
G07百合が原駅
G08篠路駅
G09拓北駅
G10あいの里教育大駅
G11あいの里公園駅特定都市制度の札幌市内の駅はここまで
G11-1ロイズタウン駅2022年開設。早朝深夜の一部普通列車は通過
G12太美駅2022年3月改正で「石狩太美駅」から改称
G13当別駅2022年3月改正で「石狩当別駅」から改称
G14北海道医療大学駅

2020年5月7日廃止区間編集

駅名備考
北海道医療大学駅現存
石狩金沢駅1944年7月21日休止、1946年12月10日営業再開。車掌車を流用した駅舎。
本中小屋駅1944年7月21日休止、1946年12月10日営業再開。車掌車を流用した駅舎。
中小屋駅1944年7月21日休止、1946年12月10日営業再開。車掌車を流用した駅舎。同駅付近は鉄道写真の撮影スポットとして知られていた。
月ヶ岡駅1958年7月1日開業。ログハウス風の駅舎が特徴。
知来乙駅1958年7月1日開業。田んぼの中にホームがポツンとある様が印象的だった。
石狩月形駅1944年7月21日休止、1946年12月10日営業再開。石狩当別~新十津川間で唯一列車交換が可能な駅だった。
豊ヶ岡駅1960年9月10日開業。周辺を鉄道林に囲まれており秘境駅として、また同線を代表する撮影スポットとして非常に有名だった。しかし実際はすぐ近くを国道275号が走っている。
札比内駅1943年10月1日休止、1946年12月10日営業再開。小さくも趣深い駅舎で知られた。
晩生内駅1943年10月1日休止、1946年12月10日営業再開。札比内とよく似た駅舎だった。
札的駅1960年9月1日開業。
浦臼駅1943年10月1日休止、1946年12月10日営業再開。現在駅跡は代替バスの停留所となっている。
鶴沼駅1956年11月16日開業。駅周辺にドライブインがあった。
於札内駅1959年12月1日仮乗降場として開業、1987年4月1日旅客駅に昇格。
南下徳富駅1956年11月16日開業。非常に小さな板張りホームが田んぼの中にポツンとある、強烈無比なロケーションで知られた。
下徳富駅1943年10月1日休止、1953年11月3日営業再開。
中徳富駅1956年11月16日開業、2006年3月18日廃止
新十津川駅1943年10月1日休止、1953年11月3日営業再開。JR北海道函館本線・根室本線滝川駅まで石狩川をはさんで3kmしか離れていない。

1972年6月19日廃止区間編集

駅名乗り換え路線備考
新十津川駅上記参照
石狩橋本駅1943年10月1日休止、1953年11月3日営業再開
上徳富駅1943年10月1日休止、1953年11月3日営業再開
北上徳富駅1956年11月16日開業
南雨竜仮乗降場1956年11月16日開業
雨竜駅1943年10月1日休止、1953年11月3日営業再開。現在跡地には駅碑と僅かな遺構が残る。
中雨竜仮乗降場1956年11月16日開業
石狩追分駅1944年7月21日休止、1956年11月16日営業再開
渭ノ津駅1956年11月16日開業
和駅(やわら)1944年7月21日休止、1956年11月16日営業再開
中ノ岱駅1956年11月16日開業
碧水駅1944年7月21日休止、1956年11月16日営業再開
北竜駅1944年7月21日休止、1956年11月16日営業再開
五ヶ山駅1956年11月16日開業
石狩沼田駅日本国有鉄道(国鉄):留萌本線JR北海道留萌本線の駅として現存

使用車両編集

現在の使用車両編集

721系 731系 733系 735系

過去の使用車両編集

電化前はキハ40系キハ141系キハ201系が使われていた。また、電化直後の2012年から2014年頃までは711系電車が一時的に使われていたこともある。さらに過去には石狩当別駅~新十津川駅間でキハ53形500番台や近郊型改造されたJR北海道色のキハ56 148という珍車がいたこともある。

なお末期に非電化区間で使用されていたキハ40 400番台は従来のキハ40よりも大幅に出力が増強されたもので、外観もJR北海道のコーポレートカラーとは異なった塗色を纏っていた。

SL時代には苗穂機関区(現在の苗穂運転所)のC11C56が客車や貨車を牽引していた。


関連項目編集

JR北海道 学園都市線


外部リンク編集

関連記事

親記事

JR北海道 じぇいあーるほっかいどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21675

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました