ピクシブ百科事典

札幌市営地下鉄南北線

さっぽろしえいちかてつなんぼくせん

札幌市営地下鉄の路線の1つである。
目次[非表示]

概要

ゴムタイヤでお馴染みの札幌市営地下鉄3路線のうち、最初にできた路線である。1972年に開催された札幌オリンピック(冬季大会)に合わせる形で1971年に開業。現在は麻生駅~真駒内駅間、14.3kmを営業している。ラインカラーは緑、駅記号はN

東西線東豊線と異なり集電方式は架線方式ではなく第3軌条方式を採用している。南平岸駅真駒内駅は地上区間であるが、雪対策のためにシェルターで遮られている。

駅一覧

特記がない路線は札幌市営地下鉄のほかの路線。

駅番号駅名乗り換え路線備考
N01麻生JR札沼線(新琴似駅)
N02北34条
N03北24条開業当初の終着駅。
N04北18条
N05北12条
N06さっぽろ
  1. 東豊線
  2. JR函館本線/千歳線札沼線方面(札幌駅)
N07大通
  1. 東豊線/東西線
  2. 札幌市電(西4条停留場)
N08すすきの札幌市電(すすきの停留場)
N09中島公園札幌市電(山鼻9条停留場)
N10幌平橋札幌市電(静修学園停留場)
N11中の島
N12平岸
N13南平岸1994年に「霊園前」駅から改称。札幌市営地下鉄で駅名が変わった唯一の駅。
N14澄川
N15自衛隊前南車両基地が当駅より分岐
N16真駒内

ほとんどが全線通しで運転。一部の列車が入出庫の関係で麻生駅~自衛隊前駅間の運転。

車両

【HD札幌市交04】ゴムタイヤで走る地下鉄【2000形】



【HD札幌市交05】南北線の少数派【3000形】



札幌市営地下鉄南北線・前



エピソード

・開業のきっかけとなったのは前述の通り札幌オリンピックだが、それ以前からモータリゼーションが進んだことも重なり市内中心部などで市電とバスによる輸送力が限界に近付きつつあった。
しかし、当時の札幌の人口はまだ80万人ほどで、政令指定都市でもないところに建設することに際して政府関係者から「どうせ赤字になるじゃんw熊でも乗せるんかw」と言われた際に、当時の市交通局長であった大刀豊(だいとう ゆたか)氏が「金さえ払えば熊でも乗せる」と言ったという逸話がある。
・札幌初の地下鉄であり、また市民に理解を得てもらうためか完成試験の前から頻繁に試乗会が行われており、運輸局からはやめるように指導されていたが1971年(昭和46年)に真駒内駅で試乗列車が脱線して運転士2名と試乗客3名が負傷する事故が起きている。

関連タグ

札幌市営地下鉄 南北線 札幌市営地下鉄東西線 東豊線 札幌市電 札幌市交通局

関連記事

親記事

札幌市営地下鉄 さっぽろしえいちかてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「札幌市営地下鉄南北線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4229

コメント