ピクシブ百科事典

パリダカ

ぱりだか

ダカールラリーの旧名称。現在でもこちらの方がなじみ深い方も多いだろう。

概要

1978年にフランス人ティエリー・サビーヌによって創始された、ラリーレイド(クロスカントリーラリー)競技大会の一種である。フランスパリから出発し、セネガルにあるダカールまで、2週間に渡って最大8000キロもの距離を走るため、「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている。
現在はパリもダカールも関係ないが、ダカールラリーの名称で南米や中東で開催が続けられている。

もともとフランス人が始めた大会で、加えてアフリカの多くの地域がフランス語を公用語としているあるため、大会の公式語はフランス語である(英語も通じるし英語の資料も用意されるが、ルールの解釈で相違があった場合はフランス語版が優先される)。

砂漠の中を突っ切る世界一過酷なラリーとも言われており、競技中の遭難、事故のみならず、
情勢不安な国も通過点となるため車両の盗難やテロの標的になったり、地雷を踏んでしまったりして実際に生命を落としてしまうケースもあった。実は創設者のサビーヌもそのうちの一人で、大会中のヘリの墜落事故で亡くなっている。

日本ではサファリラリーとともに冒険の代名詞で、一時期テレビ朝日が放映権を持っていたこともあって、"パリダカ"の名はF1の次に一般人もよく知られたモータースポーツである。
国内の年配の方であれば市販車改造クラスで完走した『なるほど・ザ・ワールド号』なども
印象に残っているであろうし、篠塚建次郎や増岡浩を含め史上最多勝利を収めた三菱パジェロやレーシングランサー、トラック部門を1-2-3位で完全制覇した日野自動車レンジャーなども思い出深いだろう。
また日産自動車もワークス参戦していたことがある。

二輪部門でも早くから日本メーカーが参戦し、第一回大会ではヤマハ・XT500が優勝マシンとなっている他、ホンダヤマハはそれぞれ4連覇の実績を持つ。

四輪はいわゆるラダーフレーム構造の本格派クロスカントリー系SUVよりも、モノコック構造の乗用車を魔改造するパターンが多く、そのため意外にもメルセデスBMWポルシェといったドイツの高級車ブランドも活躍している。このうちメルセデスとポルシェは総合優勝の経験がある。

競技のランクとしては一般的なラリーとほぼ同じであり、市販車改造クラスであれば国際C級ライセンス以上の所持者から参加可能となる。

外部リンク

ダカールラリー

関連記事

親記事

ダカールラリー だかーるらりー

pixivに投稿された作品 pixivで「パリダカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10980

コメント