ピクシブ百科事典

パリダカ

ぱりだか

ダカール・ラリーの旧名称。現在でもこちらの方がなじみ深い方も多いだろう。

概要

ダカール・ラリー(フランス語: Rallye Dakar、ラリー・ダカール)とは、1978年にティエリー・サビーヌによって創始された、ラリーレイド競技大会の一種である。「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている。
このラリー競技大会は、コース設定が徐々に変わってきたことでその名称も変化してきており、かつては 「rallye Paris-Dakar パリ-ダカール・ラリー(略称 パリダカ)」と呼ばれた。もともとフランス人が始めた大会であるため、大会の公式語はフランス語であり、フランス語では一般に「Rallye Dakar ラリー・ダカール」と呼び、さらに短縮して 「Le Dakar ル・ダカール」と呼ぶこともある。日本語では英語風の語順で「ダカール・ラリー」と呼ぶことが多い。
「ウィキペディア『ダカールラリー』より名称説明のみ引用2017年1月30日 (月) 11:21」

砂漠の中を突っ切る世界一過酷なラリーとも言われており、競技中の遭難、事故のみならず、
情勢不安な国も通過点となるため車両の盗難やテロの標的になるなど近年は競技自体が不成立と
なることもあった。
国内の年配の方であれば市販車改造クラスで完走した『なるほど・ザ・ワールド号』なども
印象に残っているであろうし、『プジョーシトロエン』ワークスと互角の争いを
繰り広げた『三菱パジェロも思い出深いであろう。

テレビ放送としては一時期テレビ朝日が放映権を持っていたこともある。

競技のランクとしては一般的なラリーとほぼ同じであり、市販車改造クラスであれば
国際C級ライセンス以上の所持者から参加可能となる。

外部リンク

ダカールラリー

関連記事

親記事

モータースポーツ もーたーすぽーつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パリダカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8574

コメント