ピクシブ百科事典

アルピーヌ

あるぴーぬ

アルピーヌは、ルノー傘下の自動車会社。
目次[非表示]

アルピーヌ

1955年、レーシング・ドライバーのジャン・レデレによりパリで創業。
レデレは当時販売されていたルノー4CVのシャシーを流用したレーシングカーでレースに出走していたが、そこからフィードバックした最初の市販車、A106を1956年に発表。
1959年にはルノー・ドフィーヌがベースのA108、1963年にはルノー8がベースのA110を発表した。
アルピーヌA110は特にラリーで無類の強さを誇り、1973年に初代WRCチャンピオンの栄誉に輝き、伝説的スポーツカーとして名を残した。

1962年からはルノー車のチューナーとして有名なアメディ・ゴルディーニの協力を得、排気量996ccのM63でルマン24時間レースへ参戦。1964年に1001cc・1108cc・1149ccと3種類のエンジンを用意したM64、1965年に1296ccエンジンのM65(A210)を投入。
1968年には3000ccエンジン搭載のA211とA220を投入するが、ルマンへの参戦はここで一旦終了となる。

1969年、企業規模が大きくなったため、ドーバー海峡に面したディエップに工場を作り、その後のアルピーヌの拠点となった。

アルピーヌ・ルノー

1973年、レデレ家がルノーに株式を譲渡し、アルピーヌはルノーの子会社となった。「ソシエテ・デ・オートモビル・アルピーヌ・ルノー」の正式名が与えられ、専用モデルの他にもルノーの特別なモデル(R5ターボ、スピダー、クリオV6、トゥインゴRS、クリオRS、メガーヌRSなど)の開発を担当することになる。

同年、A110の上級モデルとして発表されたA310は車体の大きさに対しエンジンが非力と評されたが、1976年にPRVエンジン(プジョールノーボルボ3社共同開発のV6エンジン)を搭載してA310 V6となり、動力性能の余裕を得た。
その後はV6GT、V6ターボ、後継車のA610と、グランツーリスモとして発展してゆく事になる。
1995年にA610が生産終了となり、アルピーヌ・ブランドの市販車は幕引きとなる。

ブランド復活へ

ディエップの工場はアルピーヌ専用モデル終焉後も存続し、ルノー・スポールで販売される競技車両などの開発拠点となっているが、知名度・ブランドイメージともに高いアルピーヌの復活が待ち望まれていた。
2007年10月9日、アルピーヌブランドを復活させることが発表され、2010年が予定とされていたが、同年には特に何も無かった。
2012年、ルノーはコンセプト車「アルピーヌA110-50」を発表。ケーターハム社に株式の半分を提供し、新会社「オートモビル・アルピーヌ・ケータハム」を立ち上げる事が決定するが、この提携は2014年に頓挫した。
2015年、ルマン24時間レースでコンセプト車「アルピーヌ・セレブレーション」がデモ走行を行い、アルピーヌの市販車開発は続いている事が明らかになった。

pixiv

pixivタグとしてはA110など、このメーカーが製造した車種のイラストが多い。

関連項目

ルノー スポーツカー フランス ラリー

参照

wikipedia同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「アルピーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18038

コメント