ピクシブ百科事典

概要

車体前部にエンジンを搭載し、プロペラシャフトを介して後輪を回転させる方式。前輪駆動のFFが主流となるまでは、最もオーソドックスな駆動方式とされていた。

前後輪で役割を分担でき、タイヤ性能に余裕が生まれるため、高性能なエンジンを積む事が容易である(これはMR RRのような他の後輪駆動レイアウトも同様)。MRほどではないが前後の重量バランスも比較的良い。また、他の駆動方式と比べて挙動に癖がなく、エンジンのトルク反動による不快な振動が伝わりにくい。

そのため、高性能エンジンの性能を生かす車体を求めるスポーツカーや、乗り心地を求める大型
高級車、前後の重量バランスの崩れを嫌うトラックが好む傾向にある。

欠点として、長いプロペラシャフトを床下に通すので床に凹凸ができ車体が重くなりがちということがある。また、重心と駆動輪が離れているため横滑りを起こしやすく、雪道など滑りやすい路面での安定性では、FFや4WDに比べ劣っているとされる。このFR車の不安定さを逆手にとって(挙動をコントロールした状態で)わざと車体を横滑りさせるのがドリフト走行である。

関連タグ

自動車 前輪駆動 ドリフト MR リアエンジン・リアドライブ 4WD

関連記事

親記事

自動車 じどうしゃ

兄弟記事

コメント