ピクシブ百科事典

アントニオ・サラザール

あんとにおさらざーる

António de Oliveira Salazarとはポルトガルの政治家である。 独裁者とされるなど、あまり評判は良くない。

概要

ポルトガルの政治家。1889年4月28日生まれ、1970年7月27日死去。
元々神父になろうと神学校で学んでいたが神父が多すぎたのでコインブラ大学で法学を学び、さらに経済学の博士号を取る。
その才を買われ財務大臣に就任して経済再建に成功。
さらに総理大臣に就任、一時は大統領まで兼任するほどであった。
彼の努力により第2次大戦の戦火を免れ、ポルトガルは1970年代まで広大な領土の維持に成功した。

こう書くと立派な政治家に見えるが、実態は現状維持にこだわって内外ともボロボロにした上に、死後植民地はすべて手放す羽目になるなどポルトガルにとっては迷惑そのものであった。
また王党派ながら王政復古に失敗するなど保守陣営の政治家としてもあまり腕利きとはいえない。
同じイベリア半島の独裁者フランシスコ・フランコ総統とはなぜか気があったようだ。歴史的にはポルトガルはスペインと仲が悪いことが多かったのだが。

晩年にサラザールは療養中に頭を打って昏睡状態になり、2ヶ月ほどで覚醒したがその時既に権力の座からは退けられていた。
しかし、彼がショック死しないようにと側近たちは執務室をそのままにし、偽の新聞や何の意味もない命令書を提供し続けた。彼もそのまま気づくことはなく「執務」を死ぬまで執るという、小説のような最期を迎えている。

関連項目

ポルトガル 
独裁者
サラザール・スリザリン:一部ファンから名前のモデルではないかと言われている。

関連記事

親記事

ポルトガル ぽるとがる

兄弟記事

コメント