ピクシブ百科事典

ブライキング・ボス

ぶらいきんぐぼす

ブライキング・ボスとはアニメ「新造人間キャシャーン」「キャシャーンSins」、映画「CASSHERN」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

ブライキング・ボス

キャシャーンシリーズにおける悪の総大将。キャシャーンの永遠のライバルである。
アニメ版の声は一貫して内海賢二が担当している。
実写映画版は唐沢寿明が演じている。

原作アニメ版概要

ブライキングボス


東博士が開発した公害処理用ロボットだったがある日、雷の直撃を受けた影響で自我を持ち、公害の影響は人間にあると考え、人間を支配する戦闘ロボット軍団「アンドロ軍団」を設立し世界征服に乗り出す。
人間に対して容赦無い仕打ちを加える一方、同じロボットであるスワニーを溺愛しており(裏切りの疑惑を持った際は容赦無い一面も見せたが)、食事や入浴といった人間のような生活シーンを見せるなど人間染みた一面を持っている(彼が最も嫌っているものは人間であり、皮肉めいたシーンとも取れる)。
悪辣なやり口で人類を追い詰める一方で、本来の公害処理ロボットとしての任務も同時進行していたらしく、アンドロ軍団の占領地では自然環境がそれなりに改善しているというなんとも皮肉な結果を生み出した。
基本的に残酷なロボットである彼だが、その言動・思想には的を射たモノが多いためか単なる悪の首領とは言い切れない独特の魅力を放っている。
そのためか、新造人間キャシャーンという作品の人気の一端を担う名キャラクターとして名をはせている。
自我を発現してから自身を戦闘用に改良しており、その戦闘力もアンドロ軍団随一である。

CASSHERN概要

CASSHERN


演:唐沢寿明
アニメのような大柄な男ではなく、体格は普通に唐沢。
戦争で戦死した民間人ゲリラの死体を利用した東博士の新造細胞の研究によって蘇生した新造人間の一人。
元々ips細胞のような特別な細胞を有した「オリジナルヒューマン」と呼ばれる少数民族の出身で、東博士の新造細胞研究の材料(死体)を欲したに亜細亜連邦共和国による一方的な虐殺を受けた。復活した新造人間は生前の記憶を失っているらしいが、時折覚えているらしい描写も見受けられた。
東博士の研究の成功を裏付ける存在ではあったが、蘇ったことに関して不気味に思った政府が弾圧し、わけもわからず殺されそうになる中、なんとか生き残った。
その後、僅かに生き残った同胞と共に自分たちが生きていける場所を手探り探し、旧世代のロボット工場を見つけ出し、そこでロボット軍団を創設。同胞を殺した人間たちに復讐するために政府を強襲、研究者主任の東博士の妻、ミドリを拉致する。
そんな中、母を取り返すために動くキャシャーンの攻撃によって残りわずかな同胞を失う中、東博士の凶弾に討たれ、最後に世界を破壊する切り札を起動し、人の温もりを渇望しながら果てた。
アニメ版とは違い、生まれた時から恐怖と復讐に苛まれ、ただただ幸せを渇望した悲しい犠牲者、という立ち位置にある。
戦闘面では常にキャシャーンよりも優勢で、キャシャーンを圧倒するシーンの方が多かった。死亡した原因もキャシャーン自身の手によるものではないので、唯一勝ったブライキングボスともとれる。

Sins版概要

ブライキングボス


「滅び」の世界を彷徨う男。原作に比べて飄々とした性格となっており、冷酷な面はあまり見せなくなった。
かつて人類の上に君臨し世界を統べたロボット帝国の“王”であったが、人々から支持を集め出したルナを疎ましく思い、キャシャーン、ディオ、レダの3人にルナの抹殺を命じる。それには成功したものの、世界には滅びが広がり、自身の王国と軍団も滅んでしまう。その後はかつての野望を捨ててフードで頭を覆い、荒野の隠者のような姿になって滅びゆく世界を放浪しながら、死んでいったロボット達の墓を作っていた。キャシャーンに「滅び」の矛が向かないことを心良く思っておらず、「俺達みんなが(キャシャーンを含めて)世界に落とし前をつけなきゃならねぇ。滅びるなら全て」と考えていたが、第23話のラストで世界がさらに滅ぶことに耐えられず、残ったロボット達を率いてルナの元へ向かい、癒しによって再生されたロボットを率いて再び帝国を作ろうとした。しかし、自身は癒しを受けていなかった。
第24話では、原作での姿を彷彿とさせる帽子を着用してキャシャーンに挑み、敗れるも死の間際に「これで今までのことはこれでチャラにしてもらう」と、半ばキャシャーンに倒されることを望んでいたとも受け取れる台詞を言う。
原作で率いていたのは「アンドロ軍団」だが、本作では単に「ロボット軍団」と呼ばれている。

関連タグ

新造人間キャシャーン キャシャーンSins

pixivに投稿された作品 pixivで「ブライキング・ボス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10417

コメント