ピクシブ百科事典

キャシャーン

きゃしゃーん

幾つかの作品のタイトル。及びその主人公の名前。
目次[非表示]

以下の3作品、およびその主人公を主に指す。

  1. 1973年に放送されたテレビアニメ、及び93年に発売されたOVA→新造人間キャシャーン
  2. 2004年に公開された映画→CASSHERN
  3. 2008年に放送されたテレビアニメ→キャシャーンSins

新造人間キャシャーン

アンドロ軍団に対抗するために機械と融合し新造人間に生まれ変わった不死身の男。
本名は東鉄也。
人類をアンドロ軍団の脅威から守るために戦っているものの、彼自身人間ではない存在であるためか孤独に苛まれており、劇中後半から自身が人間ではないことをアンドロ軍団に公表されてしまい民衆からも迫害されてしまうこととなった。
人間の醜さや弱さによって窮地に立たされてしまうことが多々あり、無責任な人間達に対して感情を爆発させてしまうこともあった。

強靱な身体能力を活かしたアクロバティックな戦闘を得意としており、素手でロボットを引き裂く怪力を織り交ぜた激しい戦いを繰り広げた。
太陽エネルギーを動力源にしているためかエネルギー切れを起こすことが多々あり、唯一の武装である「超破壊光線」も燃費の悪さから数度しか劇中で使用していない。

OVAリメイク版及びノベライズ版

OVAリメイク版では鉄也はアンドロ軍団の襲撃を受け、瀕死の重傷を負い、最後の力を振り絞り新造人間に転生した。
オリジナル版に勝るとも劣らない陰鬱さを有しており、数少ない味方の上月ルナに対しても冷淡に接していた。
終盤、父・東博士もブライキング・ボスに取り込まれていた事と、ブライキング・ボスの計画が人間時代に父と共に考案した物と知り、衝撃を受ける。
最期はオリジナル版とは逆にキャシャーンブライキング・ボス、母の成れの果てのスワニーと共に相討ちとなり、正に一家心中オチ…と、思われたが、ブライキング・ボスの残骸のモニターが生きており、半バッドエンドとも言える。
ノベライズ版はオリジナル版通り、五体満足でキャシャーンに転生。此方はエディオプスコンプレックスをテーマに、キャシャーンは何と母・みどりに屈折した愛情を持っており、父・東博士を亡き者にしようとする不届き者であった。
OVAリメイク版と同様一家心中の相討ちとなり、此方はキャシャーンの残骸からDNAが回収され、上月ルナが卵子を提供。試験管ベビーとしてキャシャーンは人間に戻れたのであった。

Sins版

全ての文明が滅んだ世界で、さ迷い続ける謎めいた男。かつての記憶を失っており、その正体は自分自身すらも知らない。
傷を負ってもたちどころに治癒し、ロボットを蝕む「滅び」の現象にも脅かされず、美しさを保ち続けている。そんな姿は、いつしか「キャシャーンを喰えば滅びが止まる」という迷信を生むに至り、多くの敵から狙われるようになった。
本来は争いを好まない性分だが、失った過去の名残からか、時折剥き出しの闘争本能のままに暴れ出してしまい、むやみな殺戮を犯してしまうことに苦悩している。

その正体は、滅びが起こる以前に、「人の手を借りず子孫を遺す」ため開発された新世代型のロボット。
旧作とは真逆に、宿敵ブライキング・ボスの命令によって生み出されたことになっている。
意図した機能は実を結ばず、失敗作と見なされたキャシャーンは、高性能な戦闘兵器として扱われるようになり、ブライキング・ボスの支配を脅かす指導者・ルナ抹殺のために派遣される。
しかしその時、ルナが持つ「ロボットの生死を操る力」を浴びてしまい、記憶と引き換えに不死身の肉体を持つに至ったのだった。

多くの人生と死を垣間見たキャシャーンは、限られた時間に生きがいを懸ける人々に憧れ、同時にそう生きられない自身に負い目を感じるようになっていく。
呪われた体を持つキャシャーンが、最後に見出した命の使い方は、「命を弄ぶ者を戒めるべく、死神として世界を見張り続ける」ことだった。

関連タグ

新造人間キャシャーン

関連記事

親記事

新造人間キャシャーン しんぞうにんげんきゃしゃーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャシャーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 966226

コメント