ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ミレニアムサイエンススクールの生徒会。


生徒会としてミレニアムの運営を行っているが、その本来の目的は、「千年難題」と呼ばれる今の技術では解けない7つの難題の研究であり、ミレニアムで行われる様々な研究もこの課題に繋がり得る過程であり、手段という理念に基づきミレニアムの運営を行っている模様。


エージェントとしてC&Cを従えており、主に校内外で抱える問題解決のための任務を命じている。


会長である調月リオは、大局のためなら情報を隠して役員やC&Cを利用する事も厭わないなど、独善・独裁的な運営態度をとっていた他、メンバーである黒崎コユキは仕事そっちのけで遊び呆けているなど、前述の発足理念に基づくほど結束力のある組織とはあまり言えない。

一方、トップ一人が情報や権限を独占する構造をとっていた事が仇となり、劇中で生徒会長である調月リオが辞職・失踪した際には、組織自体が混乱に陥って連邦生徒会からの緊急要請に気づくのが遅れてしまうといった悪影響が見られた。

そのため、実質的な組織運営は、現状、書記である生塩ノアと会計担当である早瀬ユウカが行っている。


役員

判明している役員は上記4名。

このうち名前と姿が公表されていたのは長らくユウカのみで、ノアに関しては姿だけが確認されていたものの、公式からの明言がない状態が続き、

サービス開始から1年半以上経過した2022年9月末にようやく公式からの発表がなされた。そして同年11月に公開されたメインストーリーVol.2「時計じかけの花のパヴァーヌ編」 2章で生徒会長のリオの姿も明らかとなった。


コユキもセミナーの役員だが、騒ぎを起こしては拘束されるイタチごっこを繰り返している。

Vol.2 2章では登場こそしないものの、期間限定イベント「船上のバニーチェイサー」におけるコユキのミレニアム債権無断発行による損失が、実はリオ会長の横領の隠れ蓑に利用されていた可能性が示唆されており、本人にその意図はなかったようだが、結果としてリオの横領を手助けしてしまっていた。その後、メインストーリーFinal.「あまねく奇跡の始発点編」でその能力を買われて再びセミナーに復帰することになった。


保安部と呼ばれる内部部門を持ち、主に防諜を目的として戦闘、諜報活動を行っており、メイド部に入部する前のカリンがここの所属だったことが語られている。


その他、いわゆるモブキャラのメンバーも確認されている。


関連タグ

ブルーアーカイブ ミレニアムサイエンススクール


連邦生徒会:学園都市を運営する行政組織の名称。上部団体であるこちらと重ならないように生徒会ではなくセミナーという名称になっている。


他校の生徒会


ブルアカ以外のセミナーの意味についてはこちらへ→セミナー

関連記事

親記事

ミレニアムサイエンススクール みれにあむさいえんすすくーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6908056

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました