ピクシブ百科事典

打ち歩詰め

うちふづめ

「打ち歩詰め」とは、将棋ゲームの禁止手のひとつで、この手をすると反則負けになる。

概要

将棋というゲームは、玉将が次の相手の番で取られる(王手)にも関わらず、対処の手が全くなくなった状態(詰み)で、ゲームオーバーとなる。

相手から取った駒は、自分の持ち駒となり、再利用できる。
しかし、相手からとった歩兵の駒を打ったとたんに、詰みの形になるのは、規則で認められていない。原因は諸説あるようだが、不明。

歩兵を打って王手にしたり、盤面にある歩兵を指して詰みの形にする突き歩詰め)のは、認められている。

打ち歩詰めにならないように、詰みの決定打として、歩兵の代わりに香車を打つことが多い。また、適度に玉将を誘導させようと攻撃の要となる飛車角行が、敵陣に入っても、竜王(成飛車)や竜馬(成角)にあえて成らないことも稀にある。(主に、詰将棋の将棋パズルで見られる)

関連

将棋 歩兵 反則 オフサイド

関連記事

親記事

将棋 しょうぎ

兄弟記事

コメント