ピクシブ百科事典

アストライア・トア・ダイクン

あすとらいあとあだいくん

アストライア・トア・ダイクンとは、「機動戦士ガンダムTHEORIGIN」に登場するキャラクターである。画像右端の人物である
目次[非表示]

CV:恒松あゆみ

ジオン・ズム・ダイクン愛人

の子供を産み、ムンゾでの地位を確立する。ダイクン亡き後、政変に巻き込まれる。クラブ・エデンの歌手時代に、ダイクン、ハモンランバと知り合った。
(映画版THEORIGIN公式サイトより)

アストライア・トア・ダイクンとは、安彦良和著「機動戦士ガンダムTHEORIGIN」に登場するジオン・ズム・ダイクン側室にて、キャスバル・レム・ダイクン(後のシャア・アズナブル)とアルテイシア・ソム・ダイクン(後のセイラ・マス)の実の母親である。

概要

元々キャスバル(シャア)とアルテイシア(セイラ)の母親の設定は「機動戦士ガンダム」には「トア・ダイクン」とミドルネームと故人であるという設定のみ存在していたが、「機動戦士ガンダムTHEORIGIN」(以後、ORIGINと略する)の「シャア・セイラ編」にてファーストネームと具体的な容姿と人物像が初登場した。ちなみに「アストライア」と名付けたのは安彦氏のブレインストーミング(集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法である。)に参加していた有志の一人である。「アストライア」はギリシャ神話に登場する女神の名で、「星のごとく輝く者」、「星乙女」の意味がある。

生涯

"エデン"というクラブの歌手として活躍していたが、そこに当時連邦にマークされているジオン・ズム・ダイクンが客としてやってきて恋仲になり、間もなく子を身ごもり、ダイクンが教授を務めていた大学の時計塔にてキャスバルを出産。(この時出産を手伝ったのが、まだ子供だったクラウレ・ハモンである)

その五年後にアルテイシアを出産。ダイクンがサイド3の首相に就任してからは、ダイクンのパートナーとして彼を支えながらキャスバルとアルテイシアをダイクン家の跡継ぎとして恥じぬように育てた。が、ダイクンには元々正室(妻)のローゼルシアという女がおり、アストライアは本来側室愛人)という立ち位置だったが、跡継ぎを産んだことでダイクン家では実質正妻扱いされていた。(ことぶきつかさ著の「カイ・シデンのメモリー」によれば、ダイクンがローゼルシアからアストライアを守っていたという)

しかしダイクンの死後、アストライアはローゼルシアによって塔に幽閉状態になってしまう。

塔に幽閉される前夜、キャスバルとアルテイシアに地球へ行くよう指示。ランバ・ラルクラウレ・ハモンの手により二人は無事地球へ降り立つ。これが、親子の今生の別れになった。

その後はなんらかの病気を患いながら面会も制限され、塔に幽閉されていたが、エドワウとセイラと名を変えたキャスバルとアルテイシアがテキサスコロニーに移住して暫く経った頃、病死。テキサスコロニーに立てた墓標に名を刻むこともエドワウ達の立場上許されなかった。
この事はエドワウことキャスバルのザビ家への復讐を決定づけた。

人物像

金髪碧眼の見目麗しい知的な美人。
この容姿はキャスバルとセイラに受け継がれ、特に成長したセイラはアストライアそっくりになっていった。

性格も温厚かつ芯の強い女性で、暴走気味のダイクンの身を案じ、休むよう提案したり、子供達がいずれザビ家の手にかかると危惧し、地球へ逃がす算段を立てたり、「色仕掛けでダイクンに気に入られた女が」とローゼルシアに罵られたときは、二人の子供をこの国の指導者になっても恥じぬよう育てたと反論していた。

その彼女の育児が功を成したのか、キャスバルもアルテイシアも賢くカリスマ性のある人物に育った。とくにキャスバルは跡継ぎとしての帝王学でも習ったのか、キシリア・ザビとの"首脳会談"において、キシリアの脅しに屈せず、若干11歳でキシリアに「キャスバル畏るべし」と思わせるほどの器の持ち主に育った。このキャスバルの生まれながらのカリスマぶりは、後年に「ネオ・ジオン」の総帥に就任してからも遺憾なく発揮された。

アルテイシアことセイラも一年戦争時、ア・バオア・クーで捕虜になった際「帰ってきたアルテイシア」と名乗り、かつてのランバ・ラルの部下のドノバン大尉や反ザビ派、反キシリア派の兵士に、ジオンの遺児のアルテイシア・ソム・ダイクンであると認めさせ、通信機を使いジオン兵に敵はキシリアでありザビ家の時代は終わった、真のジオン国民なら立ち上がれと演説した。

キシリアはこの時、キャスバルばかりに気を取られアルテイシアの存在を軽視していたことに「ぬかったのかもしれぬ……私としたことが」「ここまでやるとはさすがにダイクンの遺児」とアルテイシアのカリスマ性を侮っていたことを後悔していた。
兄妹揃ってまさにダイクンの跡継ぎとして相応しい人物になったのは、やはりアストライアの存在が大きかったのであろう。

一年戦争終結後の宇宙世紀0083、遺児の一人であるセイラ・マスイギリスのバーリー・ハウスに住み、戦争孤児の救援活動を主とする「アストライア財団」という母の名を冠した組織を立ち上げ、ジブラルタルで死んだミハル・ラトキエの弟妹であるジルとミリーを財団で見守っていることをカイに告げ、彼の懸念を解消してみせた。

余談

担当声優の恒松あゆみ氏にとって、『機動戦士ガンダム00』主人公ソラン・イブラヒム(刹那・F・セイエイ)の母親、『機動戦士ガンダムAGE』第一部主人公フリット・アスノの母親マリナ・アスノに続く、三人目のガンダム主人公の母親役となる。

関連タグ

機動戦士ガンダム 機動戦士ガンダムTHEORIGIN アルテイシア・ソム・ダイクン キャスバル・レム・ダイクン シャア・アズナブル セイラ・マス ジオン・ズム・ダイクン

pixivに投稿された作品 pixivで「アストライア・トア・ダイクン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101

コメント