ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

誕生日5月1日
年齢20歳
身長162cm
血液型A型
演者ファイルーズあい(テレビアニメ版)、早見沙織(原作CM版)、松村沙友理(実写版)

概要

岡山県在住の女性。えりぴよはニックネームであり本名は「えり」だが、苗字などこれ以上の詳細は不明。


マイナー地下アイドルの7人組グループ「ChamJam」の熱狂的ファンのドルヲタで、特に市井舞菜を推している。舞菜への愛情は思わず鼻血を出すほどで、収入の大部分を舞菜に貢いでいる。


高校時代の赤ジャージを常に身にまとっているが、それは服なども売り払って、その金すらもドルオタ活動に当てているため。舞菜と出会う前は、普通の服も持っていた。ライブでは、舞菜のメインカラーであるサーモンピンクキンブレを振って応援している。


舞菜と出会う前は正社員として働いていたようだが、「正社員(フルタイム)だとイベントに行けない」という理由でアルバイト生活をしている。

主なアルバイト先はパン工場だが、お金が足りなくなると、様々なバイトを掛け持ちする。それで過労の状態になっても、舞菜に貢げる事そのものが幸せと言い切るほどの舞菜推し。

一方で親族からは白い目で見られており、母親はもちろん、叔母からも「就職しないの?」と会うたびに言われてしまう。


この熱狂ぶりからドルヲタ仲間から一目置かれる存在となっており、いつしか伝説と呼ばれるようになっていく。

いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら死んでもいい」とかなり過激な夢を持っている。

ちゃむの現場では唯一の舞菜推しとして認識されており、友人はれお推しのトップオタ・くまさと、空音推しの基、基の妹の玲奈(舞菜推し)、アルバイトでの同僚・美結(アイドルに興味なし)くらい。

実はちゃむオタの中にも舞菜推しを2番目くらいに押している者はいるのだが、えりぴよの手前、遠慮してしまっている。自分の行動が舞菜の人気を下位のままにしているということに、本人は全く気付いていない。

だが、ちゃむがライバルグループ「めいぷるドール」の動画に出たことで舞菜の人気が急上昇。そのことに嬉しがるものの、ほぼ自分だけが独り占めしていた状況が変わってしまったことにモヤモヤしたものも感じていたりする。


関連動画


関連タグ

推しが武道館いってくれたら死ぬ

関連記事

親記事

推しが武道館いってくれたら死ぬ おしがぶどうかんいってくれたらしぬ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 463327

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました