ピクシブ百科事典

概要

賀東昭二の小説・アニメ『甘城ブリリアントパーク』の登場人物。
cv:日野聡

甘城ブリリアントパークに勤めるキャスト、甘城パーク獣のひとり、他のパーク獣同様、人の姿を取ることができる(と思われるが)が、パーク内では「カワウソ」の姿をしており、人としてはどのような姿をしているかは不明。

約10年前、放置されたアトラクションに「財宝が隠されている」とのうわさが流れ、他のパーク獣と捜索に出たが、他のパーク獣が遭難寸前になり、命からがらになりながらもなんとか出口にたどりついたのに対し、ドルネルだけは帰ることができず行方不明となった。

それから10年後、資金難に悩む支配人代理・可児江西也は、ドルネルが行方不明になったアトラクションに千斗いすずモッフルマカロンティラミーとともに財宝探索に出動するが、いすずとマカロンはトラップにはまってはぐれ、残る3人はゴブリン、赤竜ルプルムの襲撃を受けることとなった。
囚われたいすずとマカロンは牢屋から脱走、とある一室で失踪していたドルネルと再会する。
聞けば、10年前の失踪後、ドルネルはポリーティア王国に追われていたところをラティファ・フルーランザに匿われていたモグート族、赤竜ルプルムと知りあい「長めの休暇」を取っているうち「インターネットとネットゲーム、アニメ、フィギュアにはまってしまい、またたく間に10年たってしまった」という。

つまり、ゴブリンはモグート族の変装であり、赤竜ルプルムは久しぶりの来客(=ゲスト)にサービスをしていただけであり、彼らにとっては仕事の一環にすぎないこと、財宝はモグート族がアトラクション建設に使ったため、ほとんど残ってないことが判明した。

事件後、モグート族を追っていたポリーティア王国がクーデターにより崩壊したことにより、ドルネルと赤竜ルプルムはキャストに復帰、モグート族は施設の整備・修繕を担当する仕事に就くこととなった。ドルネルは買い集めていたゲームやアニメグッズ、フィギュアを、パークの資金調達のため売り払わられるハメになってしまった(新しく買い集めているようだが・・)

関連タグ

甘城ブリリアントパーク 甘城パーク獣

関連記事

親記事

甘城ブリリアントパーク あまぎぶりりあんとぱーく

兄弟記事

コメント