ピクシブ百科事典

げんしけん

げんしけん

『げんしけん』とは、木尾士目による漫画作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

タイトルは、作中のキャラクターたちが所属する大学サークル「覚文化究会」の略称「現視研(げんしけん)」から由来する。
「現視研」は、漫画アニメライトノベル、コンピュータゲーム(ギャルゲエロゲ)、コスプレ同人誌二次創作といったオタクカルチャー全てを対象とする総合的サークルとして発足し、新入生たちの入会によって少しずつ活気を見せていく様子が描かれる。漫画では、作品内の時間も現実世界とほぼ同じで主人公・笹原の入学から卒業に至るまでの4年間を一ヶ月単位でほぼリアルタイムで描いている。

2007年4月25日に一度完結したが、月刊アフタヌーンの2010年2月号に「アニメ『げんしけん2』DVD-BOX発売記念特別読み切り」として、笹原たちの卒業後の「現視研」を描いた続編の第56話が掲載された。

2010年12月号から『げんしけん 二代目』が読み切り版の続きの第57話から期間限定で連載再開。
だが、月刊アフタヌーンの2011年5月号に限定解除され2013年現在も「二代目」がアフタヌーンで連載中。

2004年10月から12月までテレビアニメ第一期が全12話、OVA版が2006年秋から『くじびきアンバランス』のDVDボックス購入特典として全3話、2007年10月から12月までテレビアニメ第二期が全12話放送された。

2013年7月から「げんしけん 二代目」として新たにテレビアニメ化され、それに伴い、キャストが一新された。
これについては、初代の方がアニメで途中までしか描かれてない事(アニメで最終回までやってない)と合わせて賛否両論である。(否の意見の方が多め)

登場人物

(CV:無印→二代目)

現代視覚文化研究会


げんしけん 二代目からの会員


大学内の人物


漫画研究会


大野のアメリカ時代からの友達


荻上の中学時代の同級生


影響

本作により、実際に多くの大学で「現代視覚文化研究会(通称:げんしけん)」というサークルが結成された。これにより、下記外部リンクで紹介された実在するげんしけんを模したサークル活動を描いた本作が更にモデルにという流れがおきている。

関連動画


アニメ版OP。歌手は「日本ブレイク工業」で有名な萬Z。
サビ直前で何処かで見た事あるゲームの画面が混じる。

外部リンク

二代目、原作紹介
二代目、アニメ公式サイト
アニメ2期、OVA公式サイト
モデルとなった実在するげんしけん
wikipedia

関連タグ

くじびきアンバランス ラーメン天使プリティメンマ アフタヌーン

pixivに投稿された作品 pixivで「げんしけん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4299834

コメント