ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ドラゴンと暮らす苦労性OL(酒グセの悪さはスゴいんです)

プロフィール

性別女性
誕生日4月23日
年齢25歳
身長160cm
スリーサイズB70/W60/H70
職業システムエンジニア
好きなものメイド
好きな食べ物酒、枝豆、たこわさ
嫌いな食べ物ひじき、なす
趣味メイド談義
特技超高速タイピング
トールがいてよかったこと宅飲みの話し相手、自宅の整理整頓
CV田村睦心


人物

本作の主人公
地獄巡商事北千住事務所(注1)に勤務しているシステムエンジニア

ある日、仕事で納期に追われて遅くまで残業し、その帰りに酒でベロンベロンに酔っ払った挙句に徘徊して入山禁止の山に分け入ってしまった。そこで傷ついたドラゴントールに出会う。当初はトールから下等な人間として蔑まれ、すぐに立ち去るようにあしらわれるが、彼女の身体に刺さった神の剣を抜いたことで感謝されると共に、そのまま酒を交わして意気投合する。

その際、行く宛がないというトールに対し、自分の家に来ないかと酒の勢いで話を持ちかけてしまう。
翌朝にはその記憶は吹き飛んでおり、訪ねてきたトールに対しては「酔っていたため出来もしない約束をしてしまった」と、お引き取りを願うが、会社に遅れそうになったことで思わずトールの背中に乗せて会社まで飛んでくれるよう頼み、それを機にメイドとして雇うことにした。

人間社会の常識を知らない彼女の行動に世話を焼く事もしばしばあるが、小林が(激務のせいで)普段疎かにしている家事全般や、近隣住民との近所付き合いもこなしてくれるトールには素直に感謝しており、着実に信頼関係は深まっている模様。

後にトールの知り合いの幼竜・カンナも同居させている他、トールの人脈(ドラゴン脈?)から同じく人間界にやってきた様々なドラゴンたちと関係を持つようになる。

  • 注1:アニメでは社名は「地獄巡システムエンジニアリング」、事務所名は「滝ノ口事務所」という架空の地名のものに変更されている。

人物像

後ろを結った赤い髪と三白眼、眼鏡が特徴。
スレンダーな体型や服装の趣味から中性的な雰囲気があり、初対面の相手に一目見て女性と気付かれないことが割とある。本人も、人間形態が総じて巨乳のドラゴンたちから胸の話題が出る度に怪訝な表情をみせるなど若干ながら気にしている模様。
上記までのイメージから勘違いされがちだが、身長はあまり高くなく、際立って長身というわけでもない(人間形態の)トールやエルマより低い。

成熟した考えを持ち、常識的かつ、常識外のものを受け入れられる懐の深さもある。
一度決めた相手の面倒は最後まで見る姿勢を見せるが、その分責任を持てないことに関しては事情があってもはっきり断る。

作中きっての常識人で破天荒な行動の多いドラゴンたちのツッコミ役だが、その一方で極度のメイドオタクという強烈な趣向を持ち、同僚の滝谷真とは度々呑みに出かけ、酒を交わしつつメイド談義を嗜んでいる。ただし、純粋に文化として繁栄した「給仕」としてのメイドを好むという拘りがあり、世間で蔓延するサブカル寄りのいわゆる「コスプレメイド」については否定的な意見を持っている。コスプレ用のメイド服も所有しているがとある理由から似合わないことに愕然、タンスの肥やしとなり、トールに着せて胸の大きさにちがいにさらに愕然とする結果になった。
コスプレ、特にメイドへの憧れは高校の頃からあったようで、高校時代、バイトを経てメイド服を購入し、それを着た姿を家族に披露したことがあった。ところが家族に呆れられたばかりか(「そんなことのためにバイトしたのか!」といった趣旨の)叱責と酷評を受けたことで「自分に可愛い服は似合わない」との認識に至ってしまい、現在に至るまで公私ともに男性的な服装に傾倒している。
抑え込まれたコスプレ願望や可愛さへの憧れや羨望が、いつしか嗜好を「様式美」や「奥ゆかしさ」へと振れさせていき、それをこじらせた結果、メイドオタクな彼女が形作られていった。

また、かなり悪酒でありこうした酒の席では大抵酔っぱらって普段の冷静さからは想像もつかない酒乱っぷりを見せ、加えてメイド趣向の話題になると、基本ボケ担当のトールと立場が逆転することも。
そもそも2人の馴れ初めからして、ベロンベロンに酔っ払った小林がトールに迫ったのが始まりである。その時抱いてとも言っている。

いわゆる片付けられない女であり、トールが来る前の室内は割と散らかり放題だったらしい。
一方で料理の腕に関してはプライドを持っており、割と何でも作れてしまうトールに対し対抗心を燃やすほど。

なお、コンプレックス貧乳イルルに男と間違われ迫られた時には「ふざけんな!毎日そのどデカイ脂肪の塊に怨嗟と憤怒の炎をあげとるわ!」と激昂し乳ビンタした。それも合わせて中性的な外見のため男に見間違われること、同窓生に既婚者が出始めていること(演じている田村睦心が基本的に男性役が多い声優でそのような容姿をしてる事もあり、余計皮肉に聞こえる)。

自身は否定しているもののまわりから評価されるほど職務に忠実であり、そのためかデスクワーク故の腰痛が悩みのタネ。しかしその苦労もあってか、生活環境の水準の高さ、更にカンナへの学費等を考えると、金銭的にはかなり裕福な模様。また人間関係も会社の上役にまで顔がきくのか、パワハラ上司を社長に証拠録音を送りつけて更迭させたり、ルコアのツテで専務息子を預かったりしている。
なお、職場の同僚には前述の滝谷の他に、後に入社してきたトールの知り合いのドラゴン・エルマがいる。この他、エルマの後に中途採用で入ってきた辰沢という女性もいる。

作者のコメント

だらしないところがありつつも、女性的なイメージをしっかり入れているつもりのキャラですね。身近にいたら何となく狙っちゃう女性かも


余談

  • 人間側の主要キャラで唯一本名は明かされておらず、現時点でもフルネームは不明のままである(単行本1巻でファフニールに自己紹介した際に出した名刺も、文字が潰れていて下の名前は判別できない)。 
  • 作中でちらほらと能力を手に入れたりしているが、いずれも使い捨てレベルで扱うため、ドラゴン娘を3人も配下に置く立場にある割に無力な人間のままである。しかしながら、ドラゴン規模な悩みでも解決できる包容力やあまりにも完璧といえる達観した人格者であることからか、「一歩間違えればなろう系になりそう」という賞賛なのか侮蔑なのかわからない評価もある。


ちなみに

小林さん役の田村睦心はさまざまな立場上自ら小林さんのコスプレをすることがあるのだが。
(事例:青空のラプソディスーパーちょろゴンずver.MV)

その姿がどこからどう見ても小林さんそのままだと評判である。

関連イラスト

小林さん、お似合いですよ💗
トールと小林さん(メイド人間)


小林さん穿着珍藏女仆制服的样子



関連タグ

小林さんちのメイドラゴン

出島サヤカ・・・中の人が同じで、こちらは本物のメイド
金森さやか・・・中の人が同じで、非常識な中身に対してツッコむ。

関連記事

親記事

小林さんちのメイドラゴンの登場人物 こばやしさんちのめいどらごんのとうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「小林さん(小林さんちのメイドラゴン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「小林さん(小林さんちのメイドラゴン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5037334

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました