ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「いいじゃないか2D… Dを一つ失う所から女は始まる」
「竹林 それおまえの初ゼリフだぞ いいのか!?」

プロフィール

出席番号E-14
誕生日1月29日
身長169cm
体重50kg
血液型A型
得意科目理科全般
苦手科目体育
趣味、特技メイド喫茶巡り
所属部活(過去)パソコン部
宝物大野ちゃんアルティメットリアルフィギュアシリーズ第3弾
好きな食べ物オムライス(萌え注入)
弁当派 or 買い食い派弁当
将来の目標医者(156話で明言)
学業成績一学期中間テストのE組男子3位(E組総合5位 / 学年総合87位) → 一学期期末テストのE組男子1位(E組総合1位 / 学年総合7位) → 二学期中間テストのE組男子2位(E組総合3位 / 学年総合14位) → 二学期期末テストのE組男子3位(E組総合4位 / 学年総合5位)
暗殺成績不明
CV水島大宙
実写映画キャスト吉原拓弥


概要

椚ヶ丘中学校3年E組の男子生徒。
座席は前から2列目、左(窓側)から6番目(=廊下側)。
殺せんせー暗殺では個人主義の強い生徒の一人。

線の細いメガネの男子生徒。
修学旅行編までセリフが無かったが、第22話で自律思考固定砲台の転入に伴い上記の初ゼリフを発し、以後そのキャラを立てていく。

E組では学業成績が比較的優秀であり、情報収集・偵察を得意としているため、E組の生き字引として活躍することもある。
情報収集はも得意としていることだが、渚は暗殺対象である殺せんせーやクラスメイトなど対人情報を集めるのを得意としているのに対して、竹林は雑学など豆知識やトラブルへの対処法など相対する事象の情報を集めるのに長けているようである。
一応訓練にも真面目に参加してはいるが、元々ガリ勉タイプで、運動がまるっきり不得手なこともあって、暗殺の実行犯としての能力は運動神経に優れているクラスメイトにはやや劣っている。

性格が正反対の寺坂竜馬とは意外にも仲がいいらしく、彼をメイド喫茶の道に引きずり込んだ張本人。
また、地味な風貌だが、実は素の顔立ちは整っており、眼鏡を取って髪形を変えると、別人レベルのイケメンになる

竹林の転機

(以下、第9巻ネタバレ注意)

竹林の実家は代々病院を運営している一族であり、2人の兄も東大医学部である。
そのため医学について深い知識を持ち合わせており、普久間島での夏期講習ではスモッグの仕込んだウイルスに感染したクラスメイトたちを、同じ理系の奥田と共に懸命に看病している。

しかしいくつもの塾を掛け持ちするなど、本人にとっては非効率的な勉強法を押し付けられていた経緯もあり要領の悪さも相まって兄たちと比べ成績はあまり良くなく(一般的な観点からすれば十分にできる方ではあるのだが)、渚や神崎のように将来の進路を強要されたりなど過剰な重圧には晒されてはいないが、その代わり肉親からは家族の一員と認められないことを始め実質上のネグレクトを受け、親族からは「家一番の出来損ない」とバカにされるなど完全に家庭内で孤立しているという二人とは真逆の方向性だが、事実上の児童虐待を受けていた。
そのため、内心では神崎や渚以上に家族の愛に飢えており、一学期の期末試験で家族に認められるために努力し成績を上げた結果、現在のE組で初めて本校舎に戻ることが認められ理事長の手回しを受け五英傑率いるA組に転入する。
しかし本校舎クラスの授業スタイルには不満を募らせ、本校舎側から今まで共に頑張ってきたE組の生徒を下に見なければならない状況を強要されることに疑念を抱く。
葛藤の末自らを案じるE組の様子と殺せんせーの言葉で自らの迷いに自分なりの蹴りをつけ、E組を貶める目的で設けられた全校集会の場にて自らの本心とE組への未練を全生徒の前で吐露し、理事長のトロフィーを自ら壊しE組へと戻る選択をする。
そのことで浅野学秀から詰られるも、彼らA組を含め本校舎の生徒達は心の奥底で己の教育理念のためなら生徒はおろか身内であろうと情け容赦のない仕打ちを厭わない理事長を恐れているにすぎないと指摘して本校舎から去っていった。
しかし、同時に父親から自身の家庭のそれよりも重く厳しいハードルを科せられ、それでも以前の自分のように腐ったりせず、逆境に抗い続けている浅野に羨望も覚えており、A組での日々を通してこうした彼の意外な一面を知って以降は、殺せんせーとE組に家族の呪縛から救われた自分がそうだったように今度は自分が彼を呪縛から救ってあげたいと考えるようになり、体育祭で敵対した時も浅野が胸の内で抱えている苦悩を唯一知る者として彼を擁護する発言をしている。

E組復帰後は、烏間が二学期から殺せんせー暗殺に火薬の使用(国家資格などの専門知識を要する上、第一話で渚がやらされた自爆テロまがいの方法は禁止)を決定した際取り扱いの責任者に立候補し、暗殺にも自分なりの貢献を見せるようになった。

そのことも相まって、木村個別回でクラスから付けられたコードネームは「メガネ(爆)」(考案者は三村航輝。三村曰く、二次元や火薬のみならず色々爆弾を抱えているらしい)。

テレビアニメ版ではこの竹林回に該当するエピソードが放送時間の都合で省略されたため、彼が爆薬取り扱いの責任者になる経緯がオンエア分では直接描かれなかったが、第2期が放送される2016年3月11日から4週連続で各話5分の短編形式でdTVで配信されておりアニメでも繋がりを示唆した発言がなされている。

二学期末最終成績
特殊トラップ/医薬学1位、情報分析3位、静止射撃/ワイヤートラップ5位
最終的な進路
第一志望の高校(国内最難関=開成高校?)には不合格。しかし殺せんせーにより立ち直り後に磯貝片岡と同じ都立高校に合格している。
暗殺で火薬を取り扱う内に一時は火薬を取り扱う仕事にも興味を惹かれたが、上記での普久間島の事件で医者の家系に生まれていたお蔭でクラスの皆を手助けできたことを思い出したのかやはり医者になりたい心境が変化している。
更にその後奥田と偶然再会し、共に人工血液の開発に取り組む姿が描かれている。

名言

「いいじゃないか2D…Dを一つ失う所から女は始まる」
(※アニメでは「素敵じゃないか2D」に変更されている)

「僕等のビッチです」

「でも僕はそんなE組がメイド喫茶の次ぐらいに居心地良いです」

関連イラスト

【暗殺教室】竹林君を眼鏡クイ郎って呼びたくなる【34話感想とか】
竹林ですが?



関連タグ

暗殺教室 エンドのE組
イリーナ・イェラビッチ 自律思考固定砲台
寺坂竜馬 千葉龍之介 神崎有希子 奥田愛美
浅野学秀 五英傑 浅野學峯

竹林考太郎(誤表記)

座席位置

前の席木村正義
左の席矢田桃花
右の席なし
後ろの席吉田大成

関連記事

親記事

暗殺系男子 あんさつけいだんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「竹林孝太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172787

コメント