ピクシブ百科事典

寺坂竜馬

てらさかりょうま

『暗殺教室』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

出席番号E-16
誕生日4月10日
身長180cm
体重77kg
得意科目体育
苦手科目文系全般
趣味、特技格闘技観戦
将来の夢特になし
なんとなくできてきた目標カルマみたいな社長が機嫌取りにくるような敏腕会社員
学業成績一学期中間テスト学年159位一学期期末テスト学年94位二学期中間テスト学年127位二学期期末テストのE組男子15位(E組総合28位/学年総合46位)/(その他総合成績順位不明)
cv小池謙一(VOMIC) / 木村昴(TVアニメ)
実写映画キャスト菅原健

(単行本6巻より)

人物

椚ヶ丘中学校3年E組の男子生徒。
座席は前から5列目、左(窓側)から6番目(=廊下側最後尾。吉田大成・村松拓也・狭間綺羅々は席が近い)。
殺せんせー暗殺では個人主義の強い生徒の一人。

E組におけるいじめっ子で、粗暴な性格をした刈り上げの少年。
勉強の成績は悪く(不得意科目が多いため、中間試験前には特別授業「NARUTO」を受講させられた)、授業態度も不真面目。

いわゆるガキ大将であり、幼少時代は性格上力によって弱者を支配するのに長けていたが、椚ヶ丘に入ってからは従来のやり方が通用せず、同級生から笑い者扱いされるようになり、やがて成績不振からE組に落とされてしまう。
E組に入ってからは、同じ目的を見失っている生徒を支配することを企んだが、殺せんせーの赴任でその野望が打ち砕かれてしまったため、寺坂グループの面々と同様、殺せんせーに対して反抗的な態度を示していた。

心を開くまで

第1話で、村松と吉田と共に、に強要して自爆テロをさせることで暗殺を図ったが失敗し、その手段の卑劣さから、村松・吉田共々、殺せんせーに厳しく叱責された。
その後は寺坂グループの他の面々同様、暗殺に対して消極的になっているが、体格の良さや行動力により、烏間からは意欲さえ出せば戦力になると評価されていた。

修学旅行の時は3班で、メンバー編成はいつもの寺坂グループの面々に加えて、原寿美鈴竹林孝太郎の6人。

改心のきっかけ、そしてそれから

しかし、個別回にあたる第46話「寺坂の時間」(アニメ第1期第14話)以降の出来事が寺坂の呼応した態度を少しずつ変えていくきっかけとなる。
寺坂は、クラスの面々が殺せんせーと仲良くなっているのを快く感じず、未だ暗殺に消極的にだったことが重なって、クラスでは浮きがちになり、遂には、既に殺せんせーに心を開くようになっていた村松や吉田、狭間とも仲違いしてしまう。
そのことでシロイトナに利用され、E組のクラスメイトを危機に追いやることとなるが、カルマに叱責されて考えを改め、シロとイトナを撃墜、これにより、クラスの面々とも仲直りし、殺せんせーにも少しずつ心を開くようになった。
その後、期末テストにて、寺坂グループの皆で名誉挽回を果たし、夏休みの暗殺作戦に大きな役目を担うことになる。

考える前にまずは動く気質もあり、周囲からも思慮の浅さをたびたびつっこまれている。しかし、行動力と心を開いた相手への面倒見の良さを評価され、クラスの面々と仲良くなってからは、現場・前線のリーダー向きの性格面を発揮するようになり、鷹岡明の一件で平常心を失いかけた渚に叱咤激励したり、触手に心を犯されていたイトナに体を張って説得したりするなど、男気あふれる言動が見られるようになった。

本来ならいじめのターゲットにしそうな竹林孝太郎とはなぜか仲が良いようで、しばしば放課後も行動を共にしている。
彼にメイド喫茶に連れ込まれて以来、ハマってしまったようで、ポイントカードを作るほどの常連になり、最終的には自分が勧誘する側に回っている。

ちなみに中の人も含めて某国民的アニメの映画版におけるどこかのガキ大将と大変共通項が多い(歌も下手)・・というより最初からそこを意図していたキャラクターであることを明言されている。

クラスから付けられたあだ名は「鷹岡もどき」(命名者:カルマ)、わかばパークの子供たちが名付けたあだ名はじゃいあんとぶたごりら

二学期末最終成績

指揮4位、ナイフ(コンビ/堀部)5位

最終的な進路

代議士を目指して政治家の鞄持ちをしている姿が描かれている。

関連イラスト

てらさかわいいww
寺坂



関連タグ

暗殺教室 エンドのE組 
村松拓哉 吉田大成 狭間綺羅々 堀部イトナ
潮田渚 赤羽業
自律思考固定砲台 寺律 寺狭

前の席村松拓哉
左の席なし
右の席なし
後ろの席なし

pixivに投稿された作品 pixivで「寺坂竜馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 895504

コメント