ピクシブ百科事典

雪村あかり

ゆきむらあかり

「雪村あかり」とは『暗殺教室』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

以下、漫画暗殺教室』の128話以降の重大なネタバレを含みますので閲覧は自己責任でお願いします。









































































触手が私に聞いてきた

”どうなりたいのか”を

私は答えた

”殺し屋になりたい”と










概要

kill



茅野カエデの正体であり、E組の前担任雪村あぐりの実妹。
過去には天才子役磨瀬榛名(ませはるな)として有名だったが、大分前(正体発覚騒動から1年以上前)から長期休業に入っていた上に、髪型や雰囲気が変わっている事から正体を明かすまで誰も気づかなかった。
休業自体は事務所の意向によるものであり、今回の潜伏とは全くの無関係。
以前は姉と同じ黒髪だった。髪型も髪先に少しウェーブのかかった下ろし髪であり、本編後半でも普段の髪型が解けた際は同じ髪型になっている。

経緯

姉と込み入った話をしようと約束していた3月のある日、姉が夜に勤めている研究所に向かっていたところ、突如として爆発が起こった。
彼女は単身で崩れゆく研究所へと乗り込み、瓦礫の隙間を潜り抜けて姉の下へ辿り着いたのだが、既に事切れた後であり、その時近くに居た黒い影(後の殺せんせー)が犯人だと思った事から復讐を決意する。
そして、姉の遺体付近で拾った触手の「種」を共に拾った研究データから独学で解析して移植。髪を染めて髪型も変えた上で、嘗て演じたキャラクターの没役名「茅野カエデ」の名を騙り椚ヶ丘中学校へと転入。
理事長のトロフィーを壊すことでE組へと先回りし、潮田渚の影に隠れながら決行の時を伺っていた。

一年という短期間で触手を使いこなした能力、触手の激痛に耐え続けた精神力、いくつもの名前と顔を使い分け一切の殺意を悟らせなかった演技力からシロ「殺し屋の素質はE組でダントツ」と評している。
作中、殺せんせーは暗殺者や生徒の真意を目敏く察し、彼等のプライベートを覗いて秘密裏の盗撮等もやってのけていた。これらの描写を踏まえると、如何に彼女が標的にほぼ一切の隙を出さなかったかを伺い知ることができるだろう。

これだけ見ると「全てを欺いた非情な復讐者」のように見えるが、これは「彼女が触手に願った理想の姿」に過ぎない。
実際の彼女はE組で日々を過ごすうちに「実は殺せんせーは犯人ではない、もしくは止むを得ない理由があったのかもしれない」という疑念を感じ始めて思い留まろうとしていた。しかし時既に遅く、一度植え付けた触手は自力で外すことができず、さらにそう思った頃には本来なら定期的に行わねばならないメンテナンスをしていなかったせいで移植した触手からの殺意が彼女の強靭な精神力を持ってしても抑えきれなくなるほど膨れ上がり、冬休み目前、遂に触手の力が彼女を凌駕したことで完全に自我を触手に乗っ取られてしまったことからこの決死の襲撃に走ってしまったのである。

そんな彼女が行った捨て身の暗殺の行方については132話ショックを参照。
どうにか触手は引き抜かれ、E組の仲間たちと共に殺せんせーの真実を知らされる事になる。

冬休み以降

冬休みの間は入院生活を送る事になったが、3学期に入ると同時に退院。
名前に愛着が湧いたことで再び「茅野カエデ」として3年E組へと復帰する。(周囲からの呼ばれ方・作中での名義も変わっていない)
隠す事情が無くなったことでE組の面々とも踏み入った関係を取るようになり(倉橋陽菜乃への呼び方が「倉橋さん」→「陽菜乃ちゃん」など)、描写されることがほぼなかった彼女自身の内面もかなり明らかになっている。
復帰以降の描写を見るに、本来の彼女は嘗て振る舞っていた「茅野カエデ」のキャラクターより、いくらか落ち着いて大人びた、かつ「そうと決めたら一直線」(本人談)な性格をしている。
明朗快活なムードメーカーとしての役割は演技としての側面が強かったようで、正体を伏せていた頃からよく見せていた他者への気遣いこそが彼女の素の性格と言えるだろう。


潜入当初は復讐のための道具としてしか見ていなかった渚に身も心も救ってもらったことで好意を抱くようになり、バレンタインでカルマ中村から告白するように促されるが、自分の目標に向かい真っ直ぐ進もうとしている渚の横顔を見たことで、彼が大人になって夢を叶えるまでは想いを伏せておこうと決意し、その場では告白せず友達としてチョコを渡した。

周囲からは責められずそのような感情も抱かれていなかったものの、自分が殺せんせーの真相を明かし、E組を本来の"殺す"意味に直面させる原因を作ってしまったことには後悔の念を抱き続けており、物語終盤では殺せんせーを圧倒するシロ=柳沢二代目死神に応戦する。
一度は二代目の手にかけられ絶命するも、殺せんせーの手によって(詳細はこちら)蘇生を遂げた。

余談だが、巨乳に対するコンプレックスは元からのようで、触手によって増幅されていた頃のような我を忘れて表に出してしまう程ではないにしろ、亡き姉や矢田といった豊満な胸を持つ女性に対する嫉妬と羨望はあるようである。

バックボーン

シロの回想から彼女も雪村製薬の社長令嬢であることが判明しているが、姉以外の家族構成や、そもそも親と同居しているのかさえ不明だった。
卒業アルバムの時間にて、母は既に逝去、父親は雪村製薬の代表取締役であり、年の離れた姉のあぐりが半分母親代わりであった事が明かされている。

○○前のプロフィール


誕生日11月9日
身長143cm
体重34kg
得意科目国語社会理科体育
苦手科目数学
趣味、特技演技
将来の目標大女優かOL
磨瀬榛名としての経歴ドラマ出演13本(主演3本)、映画出演7本(主演1本)、活動歴5年で学業優先のため無期限休業

「茅野カエデの誕生日は1月9日」は嘘です。

卒業アルバムの時間によると、9歳から13歳まで磨瀬榛名の活動をしていたらしい。誕生月から照合するに、休業は正体発覚騒動から1年と1ヶ月以上前、本編開始から半年以上前に休業に入ったと思われる。


個別能力値(満点は5点)


触手前の能力値

体力4点
機動力4.5点
近接暗殺0点
遠距離暗殺0点
固有スキル(演技)5点
学力4.5点

触手フルパワー時の能力値
体力1点
機動力5点
近接暗殺5点
遠距離暗殺5点
固有スキル(演技)5点
学力1.5点

「茅野カエデ」時の能力はあくまで「触手を移植したために起こった能力低下状態」(本人曰く「頭がぼうっとする」、イトナ曰く「何も考えられなくなる」)のものであり、こちらが本来の能力値となる。
特に役作りのために鍛え上げた運動神経の高さはナイフ術女子1位の岡野ひなたと互角に渡り合えるほどである。
勉学の方も数学以外の主要教科を全て得意とし、椚ヶ丘への編入試験を難なくパス、(製薬会社の社長令嬢という出自もあってか)触手の研究データを独学で解析できたことから、本来の地頭の良さは総合成績女子1位の中村にも引けを取らないと思われる。

以下、最終2話のネタバレ注意。























ここに来れば会えるから


卒業から7年…
彼女は結っていた髪を下ろし、髪も黒髪に戻して磨瀬榛名として女優業に復帰していた。卒業アルバムの時間によると、高校卒業後子役時代の事務所へ復帰したらしい。

朝ドラのヒロインを務めるなど、売れっ子女優として大活躍している姿が描かれている。
身長も157cmに伸び、大人の女性としても成長しているが、残念ながら胸は中学時代からあまり成長していない(それでも永遠の0とシロにからかわれた中学時代よりは成長できたようであり、劇場版アニメ映画のポスターでは結構な大きさに成長していた)。

最終話にて元E組のクラスメイト達数名が旧校舎の「手入れ」をしに集まった際、撮影の合間を縫って合流。E組それぞれのメンバーの卒業後の進路をモノローグにて語った後、殺せんせーから一年間教わった「命」をこれからもずっと繋いでいけたらいいなと心の中で願った。



そして気になる渚との関係だが、本人曰く…

「渚は…私なんか視界に入ってないよ。

あの殺し屋は…いつだって目標(ターゲット)だけを見てるから」

と満面の笑顔で語っていた。


ただし、中学時代と変わらず2人で会う関係は維持されている








関連タグ

暗殺教室 茅野カエデ 128話ショック 渚あか

pixivに投稿された作品 pixivで「雪村あかり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 655910

コメント