ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

米澤嘉博

よねざわよしひろ

故人。通称「米やん」。コミックマーケット2代目代表。本業は漫画評論家。

概要編集

1953年3月21日生、熊本市出身。

中学生のうちから漫画研究サークルに参加、熊本高校在学時代は学生運動に参加する一方でSFに傾倒。

明治大学進学後、SF研究会に所属して同人誌活動を始め、漫画批評サークル「迷宮」創設に参加。

「迷宮」が1975年に企画した同人誌即売会「[[コミックマーケット」には第1回から参画し、1980年頃より原田央男に代わりコミックマーケット準備会2代目代表に就任した。


コミックマーケットを、母体となった「迷宮」から独立させ、現在の巨大イベントに成長させたのは、主に米澤と岩田次夫(通称「イワエモン」)の手腕によるものである。


膨大なサークルが参加するコミケの事務処理システムを作り上げた岩田に対し、米澤は表現規制への反対運動、自主規制ルールの整備などに奔走し、両人が同人誌文化に寄与した功績はあまりにも大きい。


2006年2月、肺がんの診断を受けるが当初その事実は準備会関係のごく限られた幹部と医療スタッフのみに知らされていた。

夏になり容体が急速に悪化したため準備会上層部は米沢本人と会談して引継ぎ準備を進め、9月末に同年の冬コミ準備を前に準備会代表を正式退任した。

同年10月1日に逝去。享年53歳。


同人誌のみならず漫画のあらゆるジャンルにわたる膨大なコレクションを収集しており、死後明治大学に寄贈。のちに同氏の名を冠する図書館の蔵書の一部となっている。(外部リンク参照)

2010年、その功績から第14回手塚治虫文化賞特別賞受賞を受賞した。


愛飲していたタバコはハイライト。

缶コーヒーはジョージア・エメラルドマウンテンブレンド。

人参が大嫌いだった。


外部リンク編集

米澤嘉博(Wikipedia)

米澤嘉博記念図書館

関連記事

親記事

コミックマーケット こみっくまーけっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6238

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました