ピクシブ百科事典

オタク狩り

おたくがり

オタクに対し有形ないし無形の力を行使すること
目次[非表示]

オヤジ狩りの派生種。ただしこちらの場合公権力である警察マスコミが行うこともある。

強盗や恐喝を目的とするオタク狩り

オタクをターゲットとして強盗恐喝などを行うこと。
オタクは高価なグッズや商品を購入するために多額の金銭を所持しており、「確実に金を取れる」「オタクは暴力に弱い」と思われていることから加害者側としてはノーリスクハイリターンと考えられているらしい。そのためオヤジ狩りに代わって横行するようになってしまった。また加害者側は「汚れた存在であるオタクに制裁を加えている」という間違った正義感の下で襲撃するので違法行為に手を出しているという意識が欠け、警察逮捕されても反省の態度を示さない者も多い。
他にもオタクをターゲットとした店で恐喝紛いの手法で来店者に商品を買わせた店もある。

自衛方法

  • 服装をしっかりとする。相手からあいつはオタクだと思われないような格好をする。最も良いと思われるのがスーツ着用である。
  • 人通りの少ない路地には入り込まない。人通りの少ない路地の中に目的地がある場合は可能な限り複数人(できれば3人以上)で行動する。
  • 相手を怪我させない程度の護身術を身につける。
  • 相手からオタクだと思われないように胸を張って堂々と行動する。

警察のオタク狩り

警察官がオタクと思われる人物に集中的に職務質問をかけること。仮に職務質問を受けても普通に堂々と答えれば何の問題もないので最初は恐れるかもしれないが(他のオタク狩りと比べれば)一番難易度の低いものである。
過去には警視庁本富士署が管轄区域外の地域にまで出向いてオタク狩り紛いの職務質問を展開していたことがある。これは2003年に東京都副知事に就任した竹花豊の意向で職務質問による検挙件数のノルマが増えたことが関係しているらしい。他にも前項で記した間違った正義感とノルマの増加が結びついてしまい、警察官によるオタク狩りが発生したのではないかとする意見もある。

自衛方法

  • 前項と同じだが服装をしっかりとし、堂々と行動する。挙動不審、あるいは妙に萎縮したような行動は職務質問のターゲットになりやすい。
  • 武器と見なされるものを持ち歩かない。オタクが趣味で特殊警棒を持ち歩いていたり、便利工具のつもりで十徳ナイフなどを持ち歩いている事も多いが、これこそ警察に逮捕の理由を与え、職務質問にも正当性を与えている。なお「路上強盗に対する自衛」と言う理由は「傷害目的」と見なされる為言ってはいけない。そもそも警察官の拳銃は当然として、警備員の警棒でさえ私的に持ち歩いたら違法なのだから。


マスコミのオタク狩り

こちらはオタクバッシングと呼ばれることの方が一般的。過去にオタクが関係する(またはそう思われる)事件が起きるたびにマスコミが行っていたオタク叩きのことを言う。1989年に東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(宮崎事件)の時に展開された報道が代表的。

何故このような偏向報道が行われていたのかというと、かつては「オタク向けのコンテンツはあまりマスコミ(=広告代理店、テレビ局)の利益にならない」という事情があったためである。バブル期前後のビートたけしとんねるずの漫才でもオタクはいじられる対象で、テレビのバラエティ(特にフジテレビ)を通じて世間一般に「オタク=ロリコン、気持ち悪い」という受け止め方が広められていたことも見逃せない。

しかし、2000年代頃からオタク趣味の一般化、カジュアル化が進み、地方自治体が旅行会社、広告代理店などと組んで「聖地巡礼」をPRするようになった。2012年には電通が「オタクがラブなもの研究所」を立ち上げるなど、広告業界やテレビ業界の方からオタクに積極的に接近するようになり、近年ではオタクを狙い撃ちにしたバッシング報道は、ほぼ過去のものになっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「オタク狩り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117

コメント