ピクシブ百科事典

梅ノ森千世

うめのもりちせ

梅ノ森千世とは、「迷い猫オーバーラン!」のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

身長146cm
体重34kg
スリーサイズB75-W60-H80(幼児体型)
血液型B型
CV井口裕香


概要

3人娘の1人。
小学生にしか見えない美幼女でありながら小学生を凌ぐワガママさを発揮する名家、梅ノ森家の令嬢でもあるスーパーセレブ娘。私立梅ノ森学園の理事長の孫でもあり、自身を「学園の支配者」と呼んで憚らない。「世界が自分を中心に回っていると思っている」お嬢様。幼い頃からアニメが好きでそこそこ年季の入ったオタク少女だったりするのだが、普段のワガママ放題な言動が強烈すぎるためその事実はあまり知られていない。かなりのお金持ちであるがそれゆえに両親は滅多に家に帰ってこれず、身近にいる血縁者は祖父のみ。「優しさ」家族愛の様なものが欲しくて巧達に近づく。
知能は極めて高く、数日滞在しただけで知らなかった国の言葉も(日常会話程度は)マスターしてしまう。この能力で巧の大きな力となった時もある。
なぜか巧を下僕扱いしており、巧が自分の事を神より崇拝していると信じて行動する。そのため、忠誠の証として「お手」を要求してくることもしばしば。文乃達同様、巧のことが好き。
巧達の輪に入ろうとするがすれ違いが生じ結果的に営業妨害にもなりかねない行為を起こしてしまう(漫画版ではこのときの状況や展開が大きく変更された)が巧とのすれ違いが解消し、ストレイキャッツに働くことになったとき「もう梅ノ森は家族みたいなモンだしさ」と言われ婚約の話と勘違いして祖父元へ一緒に報告しに行こうとする。以後、巧を婚約者として認識している(2巻)。
ヒロインの中で自分だけ巧に名字で呼ばれていることを密かに気にしていたが、ピンチになった千世を見て巧が思わず名前で呼んだときにその思いを吐露、以後名前で呼ばれている(8巻)。
今まで小動物とかかわったことがなく希が拾ってきた首輪のついた子猫(仮称:ブッチ)で母性本能のようなものが目覚め飼いたいと言い出すが巧の説得や、また田中がアレルギーであったことからあきらめる。

関連タグ

迷い猫オーバーラン!

pixivに投稿された作品 pixivで「梅ノ森千世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240516

コメント