ピクシブ百科事典

ジョシュア・オブライエン

じょしゅあおぶらいえん

フロムソフトウェアのハイスピードメカアクションゲーム『アーマード・コア4』に登場するキャラクターの一人。
目次[非表示]

「遅かったな・・・言葉は不要か・・・」

概要

CV:中田譲治

コロニー・アスピナ(後のアスピナ機関)に所属するリンクス
ちなみに英語表記はJoshua O'Brienとなる。
リンクスナンバーはNo.40と一番新しく登録されたリンクスである。しかし、国家解体戦争以前からAMS研究の被検体として活動しており、リンクスとしてのキャリア自体は長い。
高いAMS適性と豊富な経験からくる戦闘適性を持つ、最も理想的なリンクスと謂われる。
搭乗するネクストの機体名はホワイトグリント
同名の機体が続編『アーマード・コア フォーアンサー』にも登場するが、機体構成は全くの別物。ジョシュアの機体は「ジョシュアグリント」等の呼称で区別される。

故郷であるコロニー・アスピナを守るためにネクスト傭兵となり、主人公・アナトリアの傭兵の前にある時は味方、ある時は敵として登場する。

基本的にノーマルモードでは主人公の援軍として、ハードモードでは敵の援軍として登場する。
シミュレータ(従来作で言うアリーナ)でも戦うことができるが、それぞれAIロジック設定が異なるのか戦い方に差がある。
いずれにせよ二段QBを二段QBでキャンセルするという人外の機動と、CPU特有の鬼ロックで的確に攻撃を当ててくるため非常に手強い。

共闘するミッションにおいては、巨大兵器ソルディオスの部隊を、主人公と共にたった二機で全滅させる他、
反体制勢力の英雄であるアマジーグや、高ランクのリンクスであるメアリー・シェリーに対しても鬼神のごとき強さで圧倒する。
更には、レイレナードを壊滅させた主人公と同じく、ジョシュアもアクアビット単機で壊滅させている。
変態企業として名高く、あんなものこんなものを生み出したアクアビット社をどのように壊滅させたのだろうか。謎である。
このことから、主人公と同じく、イレギュラー的な存在であることが伺える。

最後は、自らの故郷を守るため、コロニーアスピナから提供された史上最強のプロトタイプネクスト「00-ARETHA」を駆り、友人でもある「フィオナ」の故郷、コロニーアナトリアを襲撃、
そして、ある時は敵、またあるときは味方として戦った、戦友とも言うべき主人公と激戦を交えた後、主人公に撃墜され、戦死する。

「お前は・・・折れるなよ・・・」

故郷のためとはいえ、自分の友人の故郷を襲い、戦友に殺されるとは、なんとも悲しい話である。

ジョシュア撃破後には、主人公の専属オペレーター、フィオナから通信で「ねぇ、聞こえる・・・? ありがとう・・・」という台詞があり、
ACシリーズ屈指の名曲とも呼ばれる「Thinker」と共にスタッフロールに切り替わる。
言葉では言い表せないドラマチックな良いシーンなので、ぜひプレイして確かめてみてほしい。

ただし、このシーンはノーマルモード限定。詳しくは後述する。

ちなみに、00-ARETHA搭乗時のジョシュアは、ホワイトグリント搭乗時と比べ、妙に弱い事で有名である。

ハードモードにおける考察

ハードモードでは、ジョシュア撃破後にすぐNo.6のリンクス「セロ」と交戦する事になる。
このセロとの戦闘のせいで折角のムードが台無しという、非常に残念な展開になっている。

このリンクス・セロは全リンクス中最高のAMS適性を持つ「オーメルの切り札」であり、この事から裏で糸を引いていたのは間違いなくオーメル・サイエンス社。
オーメルはイレギュラーである主人公とジョシュアの共倒れを狙い、
さらに「万が一どちらかが生き残った」場合を想定して、秘蔵っ子であるセロを作戦エリア周辺に待機させていた…との考え方も出来る。
タダでさえ低いAMS適性で数々の戦いを繰り広げたためにボロボロの状態で、更にジョシュアとの決戦で消耗しきった主人公に対して、完全な状態で、尚且つ天才クラスの実力者をぶつけることにより、オーメルは、イレギュラーである主人公の完全抹殺を図ったのだと思われる。
その策も、桁外れの戦闘力を持った主人公には通用せず、オーメルの切り札でもあった「狂気の天才」とも呼ばれた男、セロをも倒されてしまう・・・
数多くのリンクスを倒し、同じイレギュラーであるジョシュアさえも破ったAC4の主人公は、究極の「イレギュラー」であると言えるだろう。

ピクシブについて

アーマード・コアシリーズの恒例としてイメージビジュアルは存在しない。
ピクシブでは中の人の声色と他の出演作品のイメージから、いかにも頼れるベテランらしい渋いキャラとして描かれる事が多い。

関連イラスト

死が最後にやってくる
彼女の宝物


AC4ジョシュア



その後の展開

ジョシュアを演じた中田譲治氏は、後発作品『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』において、死神部隊のリーダー「J」の声を演じている。
ジョシュアのイニシャルと同じコードネームや、ミッションで使用するネクストACに酷似した機体などから、フロム脳を揺さぶられるファンが多いようだ。

好きに生き、理不尽に死ぬ【ACVD】


















「離脱・・・?ダメだ・・・やらせてくれ!」

ASS♂ピナの傭兵


そんな渋カッコいい、原作ゲームのジョシュアとは裏腹に、
二次創作におけるジョシュアは、すっかりゲイヴン達の仲間入りを果たしている。
彼がゲイヴンになってしまった理由は、その素敵な重低音ボイス故にMAD職人達に目を付けられてしまったことであろう。

AC4が世に出た時点で、既にAC二次ネタ界隈においてゲイヴンというジャンルは確立されてしまっていた。
そんな折登場した、人柄、声色ともに渋いジョシュア氏が職人たちの毒牙にかかるのは
ある種自明の理であり、彼の声を巧みに切り貼りしたMADが発表され始めると、
作品自体のあまりにも秀逸な出来もさる事ながら、ジョシュア氏の声色自体も非常にセクシーでウホッなものであったためにネタにどハマリし、視聴者達に強烈なインパクトを植え付けた。
かくして、ジョシュア=ゲイヴンの構図が完全に成立してしまった。

そもそもシリーズの作風として、ゲーム本編中ではどのキャラクターもごく限られた情報しか開示されないのが通例となっている。
そのために二次・公式問わず、些細なネタでファンの間におけるキャラクターの印象が定着してしまいやすいのである。

一例を語るのに欠かせないのが、彼の去り際の台詞である。
まずは作中の字幕ほぼそのままの表記を以下に記す。

「終わり・・・か・・・ (※) これでいい・・・」

これだけ見るとごく普通の台詞であるが、問題は(※)部である。
ここには字幕に表示されない、吐血でもしているかのような声が入っているのだが、
この部分、アッー!と言っているように聞こえるのである。
むしろそうとしか聞こえない。
加えて、「これでいい」の部分も搾り出すようなかすれた口調で言っている。
なのでこれらを編集し、

アッー!コレ……イイっ!」

と貼り合わせてしまえば、もう
ジョシュア氏が行為の最中に悦に入って口にした台詞にしか聞こえないのである。

ちなみに、明確に性別が設定されていなかった従来作品と違い、AC4における主人公は男と明言されているため、よりゲイネタに拍車が掛かっている。

言うまでもない事だが、「ジョシュア=ゲイ」は完全な二次設定であり、
「かっこいいジョシュア」を純粋に愛している人の方が圧倒的に多いため、
このネタも他と同じくTPOを弁えて用いるのが好ましい。

なにはともあれ、ニコニコ動画などでも、ジョシュアはゲイヴンMADの常連となっており、
今では、ジャック・Oゲドと並ぶ、伝説のゲイヴンとなりつつある勢いである。
これからも彼の括約…もとい活躍に期待したい。

関連タグ

アーマード・コア AC4 リンクス リンクス描いてみた 英雄 戦士 パイロット イレギュラー 
アナトリアの傭兵 アスピナ機関 オーメル・サイエンス・テクノロジー フィオナ・イェルネフェルト 
アクアビット ウジャトの目 00-ARETHA

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョシュア・オブライエン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54045

コメント