ピクシブ百科事典

小橋建太

こばしけんた

小橋建太は日本の元プロレスラー。

概要

本名:小橋健太(読みは同じ。)
身長186cm、体重115~120kg。

京都府福知山市出身。
高校卒業後京セラに入社、二年後プロレスラーになるため退職。
全日本プロレスに1度は書類選考で落とされるが通っていたジム会長の紹介で1987年6月に全日本プロレスへ入団。
(その時のトレーニングジムの会長はのちにプロレスラー、ミステル・カカオとして2000年にデビュー、マッチョ☆パンプの名でみちのくプロレスにも在籍。同時にプロレスの覆面やコスチュームの制作会社も経営。)
1987年2月16日 、 後楽園ホール『ハル薗田選手夫妻を偲ぶメモリアル・セレモニー』で行なわれたバトルロイヤルで菊地毅とともにデビュー。
1988年2月26日、 滋賀・栗東町(現・栗東市)民体育館にて大熊元司戦で本デビュー。同日、菊地毅もデビュー戦を行っっている。
SWS結成で天龍源一郎らが大量離脱し、ジャンボ鶴田が内臓疾患により第一線を退いた全日本プロレスを・二代目タイガーマスクこと三沢光晴川田利明田上明らと共に『プロレス四天王』として支える。
彼らのスタイルは凶器攻撃、流血、リングアウト・反則・ギブアップによる決着のない、ピンフォールによってのみ決着する上で「限界を超えるような技の攻防戦」を行うスタイルは『四天王プロレス』として認知される。
1996年7月、田上明を破って第16代三冠ヘビー級王者に就く(初戴冠)。
1998年6月、川田利明を破って第19代三冠ヘビー級王者に君臨。9月、 秋山準らと共にチーム「バーニング」を結成。
1999年に馬場が死去、死後、三沢が社長を継ぐも馬場夫人の馬場元子との軋轢から2000年に解任後、三沢・田上・小橋を含めた選手26人、練習生1人、大半の職員が全日本プロレスを離脱し『プロレスリング・ノア』を旗揚げする。これを機に「小橋建太」に改名。

プロレスリング・ノアでは2003年、選手権試合で初めて三沢に勝利。第6代GHCヘビー級王者に就く。以後、2年間王座を保持し13度の防衛に成功。
2006年6月、右腎臓に腎臓がんが発覚、翌月摘出手術に成功。
2013年5月引退。

2010年秋に演歌歌手のみずき舞と結婚。2015年8月に第1子女児が誕生。

得意技

逆水平チョップ、剛腕ラリアット、バーニング・ハンマー、オレンジクラッシュ、ストレッチ・ボム、ハーフネルソン・スープレックス、スリーパー・スープレックス、ムーンサルトプレスなど

pixivに投稿された作品 pixivで「小橋建太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5406

コメント