ピクシブ百科事典

セイコーエプソン

せいこーえぷそん

「セイコーエプソン」は長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器、精密機器のメーカー
目次[非表示]

概要

セイコーホールディングス(以下セイコーHD)と直接の資本関係はなく、別経営の独立した会社であるが創業家である服部家が株主である事からセイコーグループの一つとされる。

事業

創業事業である時計事業もセイコーブランド向けの製品や吸収合併したオリエント時計が製造していた機械式時計ブランドORIENTの開発・生産、ムーブメントの外販等を続けているものの、収益の割合は10%未満であるとされる。その一方『EPSON』ブランドのプリンタスキャナ・液晶プロジェクター、パソコン( 過去にはpc-9800の互換機などを手掛けたが、現在は孫子会社のエプソンダイレクトによるEndeavorブランド )、半導体類、産業ロボットなどを手掛けている。

歴史

昭和17年、服部時計店( 現在のセイコーHD )の元従業員で諏訪市で時計の小売・修理業を営んでいた山崎久夫により、有限会社大和工業( だいわこうぎょう )として創業。その後服部家と第二精工舎( 現在のセイコーインスツル、SII )の出資を受け協力会社としてとして腕時計の部品製造や組み立てを行っていた。
昭和18年に第二精工舎が工場を諏訪市に疎開、終戦後も留まり大和工業を関係を強める。
昭和34年に大和工業が第二精工舎の諏訪工場を営業譲受し、株式会社諏訪精工舎となった。
昭和36年に子会社として信州精器株式会社( 後のエプソン株式会社 )を設立。
昭和60年に諏訪精工舎と子会社のエプソンが合併、現在のセイコーエプソン株式会社に商号を変更。
平成9年にはオリエント時計の筆頭株主になる、平成13年には子会社化、平成21年に完全子会社化し、平成29年に吸収合併。
平成15年東京証券取引所第一部に上場。これによりセイコーの孫請け企業からの脱却を図った。
平成29年に粉飾決済等の影響で東証二部に降格した東芝に代わって日経平均株価の構成銘柄に選ばれる。

セイコーHDとの関係

前述どおりセイコーHDとの資本関係はないが、後に完全子会社化する計画もあった。
しかし企業規模や株式の時価総額が両社との間で約7倍から約10倍の差があった。もし完全子会社化に成功すればセイコーHDからの影響力(ジャイアニズム化)は増すものの、エプソンからの個人株主達から株主代表訴訟を起こされたら敗北する可能性が高かった為に実現には至らなかった。

そのほか

  • EPSONという名称は過去発売した電子プリンター( Electric Printer )の子供( son )からとっている。


関連タグ

村上龍吉田羊-現在のイメージタレント。
中嶋悟-日本人初のF1ドライバーで現役時代に乗るマシンにエプソンのロゴが描かれた事により、企業として躍進するきっかけとなった人物。
マンチェスター・ユナイテッド松本山雅FC-現在スポンサードを行っているサッカーチーム。

外部リンク

公式
wikipedia:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「セイコーエプソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1449

コメント