ピクシブ百科事典

セイコーエプソン

せいこーえぷそん

「セイコーエプソン」は長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器、精密機器のメーカー
目次[非表示]

概要

セイコーホールディングスと直接の資本関係はなく、別経営の独立した会社であるがセイコーグループと関連が深く、関連企業の一つとされる。

事業

創業事業である時計事業もセイコーブランド向けの製品や吸収合併したオリエント時計が製造していた機械式時計ブランドORIENTの開発・生産、ムーブメントの外販等を続けているものの、収益の割合は10%未満であるとされる。その一方『EPSON』ブランドのプリンタスキャナ・液晶プロジェクター、パソコン( 過去にはpc-9800の互換機などを手掛けたが、現在は孫子会社のエプソンダイレクトによるEndeavorブランド )、半導体類、産業ロボットなどを手掛けている。

歴史

昭和17年、服部時計店( 現在のセイコーホールディングス )の元従業員で諏訪市で時計の小売・修理業を営んでいた山崎久夫により、有限会社大和工業( だいわこうぎょう )として創業。その後服部家と第二精工舎( 現在のセイコーインスツル、SII )の出資を受け協力会社としてとして腕時計の部品製造や組み立てを行っていた。
昭和18年に第二精工舎が工場を諏訪市に疎開、終戦後も留まり大和工業を関係を強める。
昭和34年に大和工業が第二精工舎の諏訪工場を営業譲受し、株式会社諏訪精工舎となった。
昭和36年に子会社として信州精器株式会社( 後のエプソン株式会社 )を設立。
昭和60年に諏訪精工舎と子会社のエプソン株式会社が合併、現在のセイコーエプソン株式会社に商号を変更。
平成9年にはオリエント時計の筆頭株主になる、平成13年には子会社化、平成21年に完全子会社化し、平成29年に吸収合併。

そのほか

  • EPSONという名称は過去発売した電子プリンター( Electric Printer )の子供( son )からとっている。

外部リンク

公式
wikipedia:同項目

コメント