ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
漫画『ましろのおと』の主人公

CV: 島﨑信長石原夏織(幼少期)


漫画ましろのおと』の主人公で、16歳。青森県生まれ。幼いころから祖父が弾く津軽三味線の音を聞いて育った。師匠であり育ての親でもあった祖父・松吾郎が亡くなり、自分だけの音を探そうと、思いつきで上京する。高校には1年生のから通っていなかったが、上京後は母・梅子の言い付けで梅園学園へ転入する。祖父譲りの津軽三味線の才能を持つものの、その演奏にはムラがあり、なんのため(誰のため)に弾いていいか分からない時はおざなりな演奏しかできないが、明確に目的がある時の演奏ではその才能を遺憾なく発揮する。幼いころより松吾郎の演奏を耳で聞いて技術を身に付けてきたため、譜面が読めない。他人と関わったり馴れ合ったりしない性分のため、その言動は時に冷たいものにも映るが、根は優しく真面目な性格。祖父と同じく三味線で他人と競うことに興味を持たなかったものの、学園での出会いなどを機に少しずつ変わっていく。(ウィキペディアより引用)

CV: 島﨑信長石原夏織(幼少期)


漫画ましろのおと』の主人公で、16歳。青森県生まれ。幼いころから祖父が弾く津軽三味線の音を聞いて育った。師匠であり育ての親でもあった祖父・松吾郎が亡くなり、自分だけの音を探そうと、思いつきで上京する。高校には1年生のから通っていなかったが、上京後は母・梅子の言い付けで梅園学園へ転入する。祖父譲りの津軽三味線の才能を持つものの、その演奏にはムラがあり、なんのため(誰のため)に弾いていいか分からない時はおざなりな演奏しかできないが、明確に目的がある時の演奏ではその才能を遺憾なく発揮する。幼いころより松吾郎の演奏を耳で聞いて技術を身に付けてきたため、譜面が読めない。他人と関わったり馴れ合ったりしない性分のため、その言動は時に冷たいものにも映るが、根は優しく真面目な性格。祖父と同じく三味線で他人と競うことに興味を持たなかったものの、学園での出会いなどを機に少しずつ変わっていく。(ウィキペディアより引用)

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 僕が君に恋する事は出会う前から決まっていたのです①/総雪

    こんな感じで始まる総一と雪の初恋話です。後半はR-18予定。
  • 【ましろのおと】わ、な、好ぎだ。【総→雪】

    突発です短いです。“ましろのおと”では初めましてm(__)m昨日“ましろのおと”10巻購入しまして、1巻から読み返してたらなんかグワッ!と来て書いちゃいました(笑)総一→雪です(´Д`)私の中では清流×雪のが萌えだったはずなのに、何故だが降ってきたのは総雪(笑)しかも片思い。久し振りに三味線弾きたくなりました(*´∀`)/10年以上触ってないけど、絶対指が動かない(笑)地の文も心の声も台詞も、訛りが入ってるので読み辛いかもです(-_-;)私の中の津軽弁は青森県の真ん中地域寄りなので、ちょっとニュアンス違うかも(^^;)(;^^)津軽弁といっても日本海側、太平洋側、北海道寄り、内地寄り、などで全然違うのでニュアンス伝わればいいな(;´д`)なるたけ読みやすいように、それとなく訛り抑え気味に書いた、つもりです。時間軸は大会二日目表彰式前くらいをイメージ。腐向け、勢いだけで書いたので拙い文ですが、ご理解頂けた皆様、どうぞご覧下さいm(__)m“ましろのおと”作品ふえないかな(;_;)マイナーバッチコイだー!(笑)因みにタイトルの“わ、な、好ぎだ。”は“私は貴方が好きです”と標準語では言います。
  • その小さな芽は、とても大切で

    ましろにハマってからの短い期間で、何回大河さんを(小説で)検索かけたか…。 その度に出る検索結果0件の哀しさと、大河さんファンの人は居るはずなのに…!というなんとも言えない思いをぶつけてみました← 本誌ちゃんと見れてない所もあるので捏造も甚だしいですが、楽しんで頂けたら嬉しいです! 増えろ大河さん受け\(^o^)/←

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー