ピクシブ百科事典

脚気

かっけ

ビタミン欠乏症の一種。ビタミンB1が不足することによって起こる病気。

概要

ビタミン欠乏症の一種。ビタミンB1が不足することによって起こる病気
神経が障害を起こすため、食欲不振や倦怠感むくみしびれなどの症状が現れる。重症になると心不全を起こし、死亡することもある。
ビタミンB1ぬかに多く含まれるため、日本などアジア精米した主食とする地域に多い。

江戸時代白米を食べる習慣が江戸大坂のような大都市で根付いたため、脚気が庶民層にまで広がり「江戸患い」「大坂腫れ」とも呼ばれた。

当時の江戸では蕎麦が流行ったが、これはビタミンB1が含まれる蕎麦を食べて脚気を予防する側面もあったようだ。

明治以降、陸軍と海軍で白米が給食されたため、軍隊では脚気が猛威をふるう。さらに大都市部だけでなく地方でも白米食の習慣が広がり、脚気患者の激増は深刻な社会問題となった。

1910年鈴木梅太郎ビタミンB1を発見したが、大正期に入り脚気はむしろ増加し、結核とならび二大国民病といわれた。大正時代末期は0-4歳の幼児死亡原因の約半数が脚気によるものだったという。これはビタミンB1の抽出が困難でビタミン剤が高価であり、もともと消化吸収率がよくない成分であるため、発症後にビタミン剤を投与しても手遅れになることが多かったためである。脚気による死者が急激に減ったのは、1954年、吸収率のよいビタミンB1誘導体を錠剤化したアリナミンの登場による。アリナミンとその類似品の浸透により、それまで手の打ちどころがなかった脚気は、たちまち日本から姿を消していった。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「脚気」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 877

コメント