ピクシブ百科事典

ビタミンC

びたみんしー

アスコルビン酸の別名。水溶性ビタミンの一種。
目次[非表示]

概要

有機化合物としての名前はアスコルビン酸。代表的な抗酸化物質であり、酸化防止剤として食品に添加されていることも多い。

コラーゲンの生成を促進し、抗酸化物質として人体に有害な活性酸素類を消去する。免疫力を高め、傷の治癒を早める。不足すると活性酸素の影響で老化が加速する原因となり、ひどい場合は壊血病という恐ろしい病気になることも。野菜果物柑橘類など)に多く含まれる。野菜は、炒め物など熱を加えるような調理法で大量に摂取できるが、アスコルビン酸は熱に弱いため煮込むような調理法には向かない。風邪になるとアスコルビン酸の消費が増えるため、風邪薬に配合されていることが多い(しかし、風邪の予防効果はない)。

水溶性ビタミンなので過剰症の心配はしなくてよいが、余剰のビタミンCは尿などに排出されるのでビタミン剤などで大量摂取しても意味はない。ライナス・ポーリングは所要量よりはるかに多いビタミンCを摂取することで様々な病気を予防・治療できるとするメガビタミン療法を提唱したが、その有効性は実証されていない。

実はとっても凄いんです

ビタミンCいやアスコルビン酸の凄まじい還元力の用途は生物に限らない。
なんと「金属塩を還元して金属に変える」ことができるのである。
例えばニッケルめっきでよく使われる無電解めっきは通常ニッケル塩の溶液に還元剤であるヒドラジンを混ぜて行われるが、ヒドラジンは猛毒で発ガン性物質でもある。環境に無害なアスコルビン酸をヒドラジンの代わりに使えれば大がかりな廃液処理装置が不要になる可能性があるのだ。

余談

たびたび健康飲料や健康食品の謳い文句にレモンn個分のビタミンCという定型句が見られるが、実際のレモンはさほどビタミンCの多い果物ではなく、新興のフルーツには抜かれている。

もしかして

ダモカン


  • はたまたその元ネタであるCANの楽曲かも。

外部リンク

ビタミンC - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ビタミンC」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157876

コメント