ピクシブ百科事典

ビタミンD

びたみんでぃー

脂溶性ビタミンの一種。カルシウムとリンの吸収を助け、骨や歯を丈夫にする役割を持つ。有機化合物としての名称はカルシフェロール。

概要

脂溶性ビタミンの一種。有機化合物としての名称はカルシフェロール

栄養素としては、カルシウムリンの吸収を助け、を丈夫にする役割を持ち、カルシフェロールの別名の由来となっている。
ビタミンD欠乏によりカルシウムリンが不足するとの形成が上手く行えなくなり、小児ではくる病、成人では骨粗鬆症と呼ばれる欠乏症が発生する。
カルシウムだけでなくビタミンDも一緒に摂らないと、身体にとっては不十分なのである。

ビタミンDを多く含有する食べ物として、秋刀魚などの青魚椎茸などのキノコ鶏卵などがある。

また、食べ物だけでなく、太陽の光を浴びることによって皮膚でビタミンDが生成される。
そのため、スウェーデンデンマークなど北欧諸国はビタミンD欠乏症が発生しやすい。
日本でもひきこもりは欠乏症のリスクが高くなる。日光を浴びる習慣がないのと、そもそも食事が不規則になってしまうからである。)

一方、脂溶性ビタミンであるため、取りすぎると過剰症というマイナス作用も出る。ビタミンD過剰症の場合はカルシウムの吸収が上がりすぎることにより高カルシウム血症が起こり、吐き気便秘、食欲不振のほか、心臓腎臓へのカルシウム沈着、尿毒症などを引き起こして死に至ることもある。
食品ではなくサプリメントとしてビタミンDを補給する場合は特に注意が必要である。
(同じ脂溶性ビタミンであるビタミンAも取りすぎると人体に有害となる。)
(ちなみにビタミンCビタミンB1などの水溶性ビタミンは、過剰分が尿排泄されるので問題にならないとされる。)

関連記事

栄養 ビタミン 有機化学 生化学 有機化合物 カルシウム リン

ビタミンA ビタミンE ビタミンK : 脂溶性ビタミン

関連記事

親記事

ビタミン びたみん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビタミンD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント