ピクシブ百科事典

常陽銀行

じょうようぎんこう

常陽銀行とは茨城県水戸市に本店を置く地方銀行。めぶきフィナンシャルグループの中核銀行でもあり、足利銀行と経営統合したことで都市銀行なみの規模を誇るメガ地銀となった。
目次[非表示]

概要

茨城県を拠点とし、福島県南部・千葉県東葛地区までに支店網を広げる北関東随一の地方銀行

現在の本店所在地は水戸市だが、前身のひとつである第五十銀行土浦市を本拠としていた。茨城県のほぼ全域の自治体で第一指定金融機関となっている。

主要な店舗の中には自社の社章の他、日の丸や茨城県旗のプレートが掲げられていることが多い。この為茨城県では取り敢えずここの口座を持っていないと苦労する。

歴史

共に1878年設立された第六十二国立銀行→常磐銀行と第五十国立銀行→五十銀行が昭和恐慌の煽りを受け、1935年に合併して常陽銀行となった。

三菱UFJ銀行の源流にあたる川崎金融財閥の出資を受けてグループの末席にいた時期もあったが、1980年代から第一勧業銀行の出資も受けて芙蓉グループの一員にもなった。

バブル絶頂期には土地の担保審査が厳しいことで有名で、商売下手扱いされる向きもあったが、バブルが弾けてみれば他行ほど不良債権を抱えずに済んだ。この為バブルの後遺症が最も酷かった1997年には預金額が14.5兆円となった。これは、都市銀行で経営破綻した北海道拓殖銀行最末期の約2倍強の預金額だった。現在も預金額は7兆円程度に減少しているが、それでも地方銀行の中では群を抜く預金額を保持する。

バブル崩壊後の金融業界再編で第一勧銀がみずほ銀行となっても傘下に留まり、しばらくみずほフィナンシャルグループとの資本関係を維持した。しかし、経営再建に四苦八苦していた足利銀行から経営統合の話が持ち込まれると、みずほフィナンシャルグループに預けていた自社株をすべて買い戻して足利銀行が立ち上げていた『めぶきフィナンシャルグループ(以下:めぶきFG)』傘下に入り、都市銀系からは独立した。

めぶきFGは元々、バブル期の不良債権を抱えて経営破綻した足利銀行を再建するために発足した持ち株会社『足利ホールディンクス』だったが、常陽銀行がグループの舵を握ることを条件に『めぶきフィナンシャルグループ』へ改名された。

関連タグ

足利銀行・・・めぶきフィナンシャルグループを組む系列銀行
筑波銀行・・・県内で競合している地方銀行
銀行 地方銀行
茨城県 水戸市

関連記事

親記事

めぶきフィナンシャルグループ めぶきふぃなんしゃるぐるーぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「常陽銀行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント