ピクシブ百科事典

北海道拓殖銀行

ほっかいどうたくしょくぎんこう

北海道拓殖銀行(英: The Hokkaido Takushoku Bank, Ltd.)とは、1900年に設立された銀行(特殊銀行、のち都市銀行)である。都市銀行の中で唯一北海道を地盤とし、北海道経済において確固たる地位を確立していたが、バブル景気の際に積極経営を行った結果莫大な不良債権を抱えてしまい、1997年に経営破綻、北洋銀行などに事業譲渡した。
目次[非表示]

沿革

北海道拓殖銀行(ほっかいどうたくしょくぎんこう)は、北海道を地盤として北海道開拓の振興を図るために1900年に設立された銀行である。

設立当時は日本勧業銀行や農工銀行と同様の特殊銀行であったが、他の府県と比較して経済基盤が脆弱であった北海道の開拓を進めるため「北海道拓殖銀行法」を根拠として設立された。

戦後に同法が廃止されると1949年には普通銀行に転換する。転換後も開拓時代の名残りを残したままの名称を継続した。また、これにより都市銀行の一角となった。

ところが、バブル景気の際に行った融資が大量に不良債権化、さらに札幌市に本社を構えていた不動産会社のカブトデコムや、こちらも札幌市に本社を構えていたソフィアに対する融資に関する問題が噴出、一気に経営が傾く。

北海道を基盤とする地方銀行である北海道銀行との合併話も浮かんだが、道銀も拓銀同様に不良債権を抱え内情は火の車であり、破綻寸前の拓銀を救済する余裕はなかった。続いて歴代頭取のほとんどが拓銀の役員経験者で拓銀OBを多数受け入れていた第二地方銀行の札幌銀行(札銀、後に後述の北洋銀行と合併)が救済に名乗りをあげたが、拓銀はこれを拒絶してしまう。
というのも、当時の札銀頭取兼会長を務めていた潮田隆は元拓銀の役員だったが、拓銀時代に「個人融資取引の推進」を掲げて企業融資を推進していた当時の首脳陣と真っ向から対立し、結果札銀の前身である北海道相互銀行(道相銀)に出向させられるという事実上の報復人事を食らったという過去があったためである。その後、潮田は自身の持論を大体的に推進して道相銀を普通銀行に転換させる、個人向けローンを収益源として確立するなど札銀の発展に寄与し、札銀を「消費者ローンのパイオニア」と評されるまでに成功させた。このことから、拓銀の首脳陣は潮田頭取にこれまでの報復をされると恐れ、「札銀への譲渡だけは(ダメだ)」と、極端なまでに札銀による救済を拒絶した。

結局、追い込まれた拓銀は日銀の仲介により、1997年11月15日に第二地方銀行の北洋銀行への資産負債買い取り方式での道内事業譲渡を決め、同月17日に経営破綻に至った。拓銀の破綻は本行をメインバンクにしていた多くの企業を連鎖倒産に追い込むなど、北海道経済に大ダメージをもたらした。ハドソン(現:コナミ)も本銀行に運命を狂わされた企業のひとつである。そしてその衝撃から今なお立ち直っているとは言い難い。

拓銀の道内事業が北洋銀に託された後、残された道外の店舗は1998年2月17日に中央信託銀行(現:三井住友信託銀行)に譲渡され、拓銀は1999年3月31日に解散した。その後も精算法人として存続したものの、2006年1月末に精算終了。同年2月6日をもって完全に消滅したのだった。

その後・拓銀事業譲受後の北洋銀行

拓銀道内事業譲受当時の北洋銀行は、従業員・行員数は拓銀の1/3、総資産額は1/5、資本金に至っては1割程度しかなく、「小が大を呑む」と言われたが、拓銀の道内事業譲受によって一躍道内最大手かつ第二地銀の最大手行にのし上がった。

北洋銀は拓銀の事業承継にあたり、2000人の従業員を北洋銀で引き受け、行員らの中には「軒先を借りて母屋を取られる」と警戒する声があったが、北洋銀頭取(当時)の武井正直は、行員たちに (拓銀は)「無能だよ、無能だから崩壊したんじゃないか」「相手が都銀だったからといって(第二地銀である)自分たちを卑下する必要は全くない」と訓示した。1998年には勘定システムも拓銀のそれに合わせる形で統合されたが、武井は「皆さんね、あらゆるシステムが拓銀の方が上だと思っちゃダメだよ。事務システムは、ウチのほうがはるかに優れている。」と諭し、北洋銀プロパーの不安を解いている。北洋銀は2008年に札幌銀行を吸収してさらに業容を拡大。2012年には拓銀出身者が頭取の座に着いたが、このころにはすっかり旧北洋銀、旧拓銀、旧札銀のわだかまりは解けていたという。

外部リンク

関連記事

親記事

都市銀行 としぎんこう

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました