ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

K(アニメ)

けい

『K』とは、2012年10月から12月まで放送されたテレビオリジナルアニメ。2014年に劇場版が公開され、2015年10月よりテレビアニメ第2シーズンが放送された。
目次 [非表示]

概要

2012年10月から12月にかけてAT-Xおよび毎日放送CBCBS-TBSTBSにて放送されたオリジナルアニメ2015年10月から第2期が放送されており(ネット局は第1期と同一)、イベント「Do you know K?」にて新たに新作が発表された。制作はGoHands


現実とは少し違う歴史を歩んだ現代日本。7人の「」と各々の確執、それに巻き込まれる少年と彼らの異能バトルもの


原作を企画した作家7人組「GoRA」は、発表時は非公開で物語の詳細も不明な点が多かった。

10月4日に7人の正体が公開。そのメンバーは、宮沢龍生古橋秀之あざの耕平壁井ユカコ来楽零鈴木鈴高橋弥七郎ラノベ作家7名。


関連タグを見て分かる通り女性人気が非常に高い作品だが、実はハイレベルなぱんつの見えるアニメでもあることを知る紳士は少ない。

第2シーズンは公式サイトやEDはもちろん、本編でもほぼ毎週パンツが見えていた。

逆に、そうとは知らず視聴してびっくりした2期からの女性視聴者も多いだろう。


pixivでの注意

アルファベットKのみでpixivピクシブ百科事典検索すると、『C(アニメ)』と同じように「K」を含む他の全てのワードまで引っかかってしまうため、このタグの使用をお勧めする。

またpixivにおいて、「K」一文字による完全一致検索でも該当作品の検索はしやすい。

投稿作品の内容にBLカップリング要素がある場合、「K(アニメ)」タグにK(腐)タグまたは腐向けタグを併用することをお勧める。


さらに注意

2021年5月30日に唐突なKがトレンド入りすることになった。とある大人気アニメKという事でtwitter上で総員抜刀と共にニチアサ関係に紛れての衝撃展開となった。


しかし、実際には別作品(作品リンク割愛)の事であり、本作の事ではなかった。イニシャルとしてK一文字だったのかもしれないが、一文字タイトルのアニメ作品は他にもあったことを踏まえ、今回のトレンド入りになったのかもしれない。


その為、twitterトレンドがカオスになったのは言うまでもないだろう。


この事例を踏まえ、本タグを今作以外で運用することは非推奨なので注意されたし。


ストーリー

強大な特殊能力を持った人間「王」とその配下・クランが存在し争う、201X年12月の日本。

人工島の葦中学園の男子高生・伊佐那社は、今日も平和日本を謳歌しながら学生生活を送っていた。

ある日、文化祭準備で街に買出しに行くが、そこで赤のクラン・吠舞羅のメンバー達に襲われ、危ないところを謎の剣士・夜刀神狗朗に助け出されるも、今度はその剣士に刃を突きつけられてしまう。

吠舞羅メンバーの一人が何者かに殺され、それを写した映像には狗朗の亡き主の称号「無色の王」を名乗る社そっくりの人物が映っていた。

クラン同士の争いに巻き込まれた社は、疑いを晴らそうと奔走するも、次第に社自身のわからない部分や日常の異常に困惑し、狗朗とともに真実を見つけ出そうとする。


作家メンバーによるキーワード

  1. ピンク・来楽 : このお話には、数人の「王」が登場します。「王」たちそれぞれが背負うもの。絡み合った絆や因縁をご覧下さい。
  2. オレンジ・鈴木 : 亡くしたものを追いかける人。失くしたものを取り戻そうとする人。そういう人たちの物語です。
  3. イエロー・壁井 : 殺さなきゃいけないくらい認め合っていたりとか、殺したいくらい求めていたりとか、男たちのそういう物語です。
  4. グリーン・あざの : 男たちの、意地とプライド、渇望と約束が火花を散らします。謎が謎を呼ぶストーリーにも注目してほしい。
  5. ブルー・古橋 : ソリッドにいうと「要素と集合」。ウェットにいうと「絆」の物語です。
  6. ブラック・高橋 : ねじれ、のたうち、はつれて、きれる。つながりの織りなす、色々の様。どうぞご鑑賞ください。
  7. レッド・宮沢 : 自分が自分でいられる大事な「居場所」を守るために、それぞれが戦う物語です。

用語

K(アニメ)用語集を参照


登場人物

主要人物

伊佐那社(CV:浪川大輔) 主人公

夜刀神狗朗(CV:小野大輔) 三輪一言の遺臣

ネコ(CV:小松未可子) 社のネコ


葦中学園高校

雪染菊理(CV:佐藤聡美) 社のクラスメイト

因幡澄香(CV:佐藤奏美) 菊理の親友

三科草太(CV:清水一貴) 社の友人

日向千穂(CV:内田真礼) 生徒会長

浅間桜(CV:山本希望) 生徒会書記


吠舞羅

周防尊(CV:津田健次郎) 第三王権者「赤の王」

櫛名アンナ(CV:堀江由衣) 吠舞羅のマスコット

草薙出雲(CV:櫻井孝宏) バー「HOMRA」マスター

八田美咲(CV:福山潤) 斬り込み隊長

鎌本力夫(CV:中村悠一) 巨漢

十束多々良(CV:梶裕貴) 初期メンバー

赤城翔平(CV:斎藤寛仁

坂東三郎太(CV:柳田淳一

千歳洋(CV:清水一貴

出羽将臣(CV:木村亮俊浅沼晋太郎

エリック・スルト(CV:高橋孝治

藤島幸助(CV:鬼塚真吾


セプター4

宗像礼司(CV:杉田智和) 第四王権者「青の王」、室長

淡島世理(CV:沢城みゆき) 副長

伏見猿比古(CV:宮野真守) NO.3

秋山氷杜(CV:高橋孝治

弁財酉次郎(CV:木村亮俊⇒浅沼晋太郎)

加茂劉芳(CV:三浦博和下野紘

道明寺アンディ(CV:鬼塚真吾

榎本竜哉(CV:斎藤寛仁

布施大輝(CV:柳田淳一

五島蓮(CV:清水一貴

日高暁(CV:小野大輔

善条剛毅(CV:津田健次郎)

楠原剛

塩津元

湊速人

湊秋人


jungle

比水流(CV:興津和幸)第五王権者「緑の王」

御芍神紫(CV:森田成一) 劇場版より登場。狗朗の兄弟子

平坂道反(CV:名塚佳織) 劇場版より登場。御灼神に仕える忍者

コトサカ(CV:下野紘) オウム。

五條スクナ(CV:釘宮理恵) 第2シリーズより登場。

磐舟天鶏(CV:大塚芳忠) 第2シリーズより登場。


王権者

アドルフ・K・ヴァイスマン(CV:柿原徹也) 第一王権者「白銀の王」

國常路大覚(CV:飯塚昭三) 第二王権者「黄金の王」

三輪一言(CV:速水奨) 先代第七王権者「無色の王」

無色の王(CV:柿原徹也) 次代の「無色の王」


その他

クローディア・ヴァイスマン(CV:遠藤綾) ヴァイスマンの姉


マリア 漫画「メモリー・オブ・レッド」登場。ストレインの暗殺者。

馬刺/白あん煮込み豆腐 漫画「メモリー・オブ・レッド」登場。ストレインの馬。


伏見仁希 小説「K Lost Small World」にて登場。猿比古の父親

大貝阿耶 小説「K Lost Small World」にて登場。猿比古のまたいとこ


スピンオフ作品

メディアミックス公式スピンオフ作品や外伝も出ている。

漫画

K -メモリー・オブ・レッド-

講談社ARIA』にて2012年7月号から2013年9月号まで連載。全3巻。

来楽零原作、黒榮ゆい

吠舞羅をメインにしたアニメ本編の前日譚。

十束多々良が撮影している光景、または撮影したフィルムを見るという形で描かれている。

K ストレイ・ドッグ・ストーリー

月刊誌『good!アフタヌーン』にて#25(2012年11月発売)から#29(2013年3月発売)まで連載されていた。全1巻。

宮沢龍生原作、ミナトサキ

夜刀神狗朗が無色の王を見つけようとする旅を描いた外伝

K-デイズ・オブ・ブルー-

講談社『ARIA』にて2013年12月号より2014年9月号まで連載。

来楽零原作、黒榮ゆい画

宗像礼司や伏見猿比古たち、セプター4の人々の活躍と日々を描いた外伝。

K -THE FIRST-

スクウェア・エニックス『月刊Gファンタジー』にて2014年1月号より2015年5月号まで連載。

古橋秀之原作、木村りん

アニメの本編ストーリーを漫画化した作品。

学園K

鈴木鈴原作、鈴木次郎

同じく『月刊Gファンタジー』で連載されていた外伝漫画。

シロ・クロ・ネコの他、Kキャラみんなが高校生になった学パロ作品。

K-Lost Small World-

原作:壁井ユカコ/ 漫画:おおきたよる

講談社『ハツキス』にて2014年7月号より2016年7月号まで連載。

K -カウントダウン-

原作:来楽零/ 漫画:黒榮ゆい

『ARIA』にて2015年2月号から2015年9月号まで連載。

pixivコミックで第1話の無料試し読みができる。

K ドッグ&キャット

原作:古橋秀之/漫画:木村りん

『月刊Gファンタジー』にて連載されていた。

学園島での事件の後のクロとネコの話。

K -ドリーム・オブ・グリーン-

『ARIA』にて2015年11月号より2016年3月号まで連載。

原作:来楽零/ 漫画:黒榮ゆい

pixivコミックで第1話の無料試し読みができる。


小説

K SIDE:BLUE

古橋秀之著。

小説第一弾。セプター4をメインにしたアニメ本編の前日譚。アニメ未登場のキャラが中心に書かれている。

K SIDE:RED

来楽零著。

小説第二弾。吠舞羅をメインにしたアニメ本編の前日譚。アンナと尊達の出会いが書かれている。

K SIDE:Black×White

宮沢龍生著。

小説第三弾。シロ・クロ・ネコの三人各々に秘められた過去が書かれている。

K Lost Small World

壁井ユカコ著。

小説第四弾。伏見と八田の「出会い」と「決別」の物語が書かれている。


関連イラスト

『King of colors』「K」オンリーイベント

King of colorsⅤ


スタッフ

原作:GoRA×GoHands

監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾

シリーズ構成:宮沢龍生(第1期)、高橋弥七郎(第2期)

シリーズディレクター:金澤洪充、工藤進

総作画監督:古田誠

美術監督:野村正信(第1期)、内藤健(第2期)

色彩設計:斉藤友子

撮影監督:福士享、大泉鉱(第1期)、戸澤雄一朗(第2期)

CGI監督:長嶺義則(第1期)、菊地貴紀(第2期)

編集:丹彩子

音響監督:高橋秀雄、田中亮(第1期)、横田知加子(第2期)

音響効果:田中秀実

音響制作:ドリームフォース(第1期)、グロービジョン(第2期)

音楽:遠藤幹雄

アニメーション制作:GoHands

製作:K-Project、MBS


主題歌

第1シリーズ

  • オープニングテーマ「KINGS」 歌:angela
  • エンディングテーマ「冷たい部屋、一人」 歌:小松未可子
  • エンディングテーマ「Circle of Friends」(第6話) 歌:十束多々良(梶裕貴)
  • エンディングテーマ「To be with U」(第13話) 歌:angela
  • 挿入歌「いつかのゼロから」(第2話) 歌:angela
  • 挿入歌「レクイエム・オブ・レッド」(第13話) 歌:櫛名アンナ(堀江由衣)&赤のクランズマン

劇場版

  • 主題歌「Different colors」 歌:angela
  • 挿入歌「-フレイム・オブ・レッド-」 歌:櫛名アンナ(堀江由衣)

第2シリーズ

  • オープニングテーマ「アシンメトリー」 歌:堀江由衣
  • エンディングテーマ「解」(第2話~第12話)  歌:カスタマイZ
  • 「KIZUNA」(13話) 歌:angela コーラス:カスタマイZ
  • 挿入歌「Circle of Friends」(第1話) 歌:十束多々良(梶裕貴)

各話リスト

第1シリーズ

話数サブタイトル
第1話Knight
第2話Kitten
第3話KITCHEN
第4話Knock-on effect
第5話Knife
第6話Karma
第7話Key
第8話Kindling
第9話Knell
第10話Kaleidoscope
第11話Killer
第12話Adolf・K・Weismann
第13話King

第2シリーズ

話数サブタイトル
第1話Knave
第2話Kindness
第3話Kismet
第4話Knot
第5話Ken
第6話Keeper
第7話kickdown
第8話Kaput
第9話Kid's room
第10話Keystone
第11話Kali-yuga
第12話Knuckle bump
第13話Kings

映画

第1期最終回CMで続編製作決定が発表され、それが映画化であることが翌年に発表された。副題は「MISSING KINGS」。2014年7月12日に公開された。


4人の王によって起こった「学園島事件」。残された狗郎とネコは社が生きていることを信じて行方を追っていたが、手掛かりは無く落ち込んでいた。そんな時2人は何者かに追われている鎌本とアンナに出くわす。


後に新規劇場版「K Seven Stories」も上映された。


アニメの過去と最終回後の未来の出来事について語られる。


ゲーム「学園K

オトメイトが2014年に発売の乙女ゲーム。

ストレインになって居場所を失って学校を退学させられた主人公が、三輪一言から自ら校長をする「『超』葦中学園」の入学の推薦状を受け取り、入学するも青部「セプター4」と赤部「吠舞羅」に目を付けられ、伊佐那社の白銀部に助けられ、波乱の学園生活が始まる。


舞台化

舞台K


関連動画

PV

ニコニコ版


本編

ニコニコ版


ニコニコ版


次回予告が地上波とニコニコ動画などのネット配信とで内容が違っている。

地上波ではキャラが一人で喋るが、ネット配信では二人以上が喋っている。


外部リンク


関連タグ

アニメ 2012年秋アニメ 2015年秋アニメ K アニメイズム(AT-X以外のネット局はこの枠で放送された)

アニメK コンビ・グループ・カップリングタグ一覧


評価タグ

K/100users入りK/500users入りK/1000users入り

K/小説10users入りK/小説30users入りK/小説50users入りK/小説100users入りK/小説300users入り

K(腐)

K(腐)/30users入りK(腐)/50users入りK(腐)/100users入りK(腐)/300users入りK(腐)/500users入りK(腐)/1000users入りK(腐)/5000users入り


表記揺れ:アニメK 「K」

関連記事

親記事

GoHands ごーはんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62153938

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました