ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:小松未可子
年齢:15歳 身長:155cm 3サイズ:B:89 W:57 H:88 誕生日:2月22日魚座) 血液型:B型

伊佐那社といつも一緒にいる白い子猫。一人称は「ワガハイ」。
性格は天真爛漫。ピンク長髪オッドアイをもった15歳の美少女の姿と猫の姿を使い分けられる。
天真爛漫な性格で、好きか嫌いか、やりたいかやりたくないかで物事を判断する。
社を大切に思い、いつも食べることと彼を守ることを考えている。
夜刀神狗朗曰く、『王』から力を与えられることなく生来の能力を備えた「ストレイン」という存在。
幻術が使え、他人の視覚や記憶に介入し認識操作することができる。
を着るのを嫌がり、でいようとする。
雪染菊理の前では制服姿で姿を現しており、転校生ということになっている。

自らのことをネコと語っているが、生物学上正真正銘人間
一人称のワガハイの元ネタは『吾輩は猫である』。

アニメ2期にて本名が判明
名前は「雨乃雅日」

あだ名

狗朗を「クロスケ」と呼んだり、淡島世理を「おっぱい女」、宗像礼司を「ボスメガネ」、伏見猿比古を「イヤメガネ」と呼ぶなど、相手に妙なあだ名をつけることが多い。
劇場版では草薙出雲を「イロメガネ」と呼んでいた。

対人関係

シロ

ネコにとって一番大切な存在。シロと約束したから、大嫌いな服を脱ぐことを控えるようになるほど。
キャラソンでも彼について語っている。

クロ

当初は「シロを奪う存在」として、嫌っていたが、共に行動するうちに彼にも心を開くようになる。基本的に彼のことをクロスケと呼んでいるが、偶にクロと呼ぶときもある。
狗朗の作る料理は好き。漫画版では衝突する描写は殆ど無かった。

菊理

大切な友人。菊理はシロのことを忘れていたが、クロとネコのことは覚えていたため、学園島を離れてからも、定期的に顔を合わせていた様子。

劇場版

16歳になっていると思われる。クロと共にシロを探す旅をしている。アニメ本編では全裸のシーンがあったり、ドラマCDで下着をつけていないことが判明していたが、一年近くたち成長したのか、服を脱ぐことは無く、下着(少なくともパンツは)も着用していた。

関連イラスト

センシティブな作品


関連タグ

K(アニメ) ネコ 伊佐那社 夜刀神狗朗 シロクロネコ

























ネタバレ

空から落ちて来たシロを気に入り、記憶の無い彼を『伊佐那社』という架空の存在だと思わせた。
後に、白銀の王として覚醒したシロの最初のクランズマンとなる。
社が消えた後、彼が生きていることを信じ、社の和傘を届けるために狗朗と共に旅に出る。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネコ(K)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1293169

コメント