ピクシブ百科事典

シグ・ウェドナー

じーくふりーどうぇどなー

ゲーム「SDガンダムGGENERATION」シリーズの登場人物。

概要

初出は『モノアイガンダムズ』。同作の主人公でもある。
本名はジークフリード・ウェドナーだが、本人はその大仰な本名で呼ばれることを嫌っており、シグと名乗っている。
ジオン公国出身のモビルスーツパイロットで、階級は少尉→中尉。

一年戦争ではブラード・ファーレン中佐が率いる「ブラード戦隊」でモビルスーツ隊の指揮を執っていた。搭乗機は高機動型ゲルググゲルググM
ニュータイプ能力や突出した操縦技術は持たないものの、チームワークを重視して戦う優秀なリーダーであり、フラナガン機関から派遣された二人のニュータイプパイロットを上手く纏めていた。
その内の一人であるセレイン・イクスペリ(通称セラ)とは互いに惹かれ合い、恋仲となる。また、ブラードの娘ミアンからも淡い想いを寄せられていた。
後にブラード戦隊はシャア・アズナブル大佐の指揮下で戦い、ア・バオア・クーの激戦も潜り抜けるが、アクシズへ脱出する途中でアイン・レヴィの裏切りにあい、彼が手引きした連邦軍の攻撃によってブラードとセラは戦死、シグも重傷を負った。

グリプス戦役ではエゥーゴに所属しており、ティターンズが開発している新型モビルスーツの奪取作戦に参加する。
作戦のために潜入したサイド7のコロニーでティターンズの一員となっていたアインと再会し、同時にそこでガンダムMk-IIと同時期に開発されていた一つ目のガンダム・シスクードを奪取、以降はエゥーゴカラーに塗装された本機を愛機とする。
アインに裏切られて以降のシグは他人に対して心を閉ざしてしまっており、アインとの再会後は彼への復讐心に囚われ、独断専行が目立つようになる。更に、一年戦争で死んだはずのかつての恋人セラがアインと共に自分の敵となって現れた現実に苦悩していく。
しかし、エゥーゴで再会したミアンの支えや仲間達の助けを得て立ち直り、かつての自分を取り戻すと共にアインの手からセラを救い出す覚悟を固め、本来なら強化人間ですら不可能とされるシスクードの「オフェンスモード」を乗りこなしてアインのデスパーダと死闘を繰り広げていく。
そして物語終盤、アインが暴走させたテラ・スオーノを止めるため、ミアンと共に出撃するのであった…。

『モノアイガンダムズ』の最終ステージでは、テラ・スオーノを止めるためにセラかミアンのどちらかが犠牲になるという後味の悪い結末を迎えることになるのだが、2週目以降に遊べるスペシャルゲームでは条件を満たすことで二人とも死なせずにEDを迎えることが出来る。


GジェネDS』にも登場。
序盤は自動的に仲間になるが、途中から分岐する「宇宙世紀ルート」および「ライバルルート」では条件を満たさなければ仲間にすることは出来ない。
設定や動向は概ね『モノアイガンダムズ』と同じだが、こちらでは生きていたセラが自分と離れ離れになった寂しさから、洗脳が解けた後もアインに付き従っていることを悟り、最終的に「アインと一緒に死にたい」という彼女の頼みを聞き入れ、引導を渡す。その直後、テラ・スオーノの爆発に飛び込んで自分も後を追おうとしたが、それを止めたミアンに「セラの分も生きるべき」と諭されて思い止まり、過去の因縁を断ち切った。
なお、こちらでも2週目以降に遊べるスペシャルゲームでセラを殺さずに救うことが出来る。しかし、その後自分を巡って火花を散らすセラとミアンに何も言えずタジタジになっており、その様子をジョニー・ライデンにからかわれている。
「ライバルルート」ではセラを手に掛けた後、ナタル・バジルール率いるドミニオン隊にセラのクローンが居ることを知り、「プロジェクト・セイレーネ」に完全に終止符を打つため彼女の命を狙うようになる。

なお、彼の愛機であるシスクードは『NEO』や『SEED』、『GENESIS』などトムクリエイト製のGジェネにも登場しているため、シグ達『モノアイガンダムズ』のキャラクターや機体の再登場を望む声は多い。

関連タグ

Gジェネレーション モノアイガンダムズ GジェネDS
セレイン・イクスペリ ミアン・ファーレン ブラード・ファーレン アイン・レヴィ
シスクード

pixivに投稿された作品 pixivで「シグ・ウェドナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント