ピクシブ百科事典

モノアイガンダムズ

ものあいがんだむず

ワンダースワンカラー専用ゲームタイトル。 正確なタイトルは『SDガンダムGジェネレーション モノアイガンダムズ』。

概要

原作エピソードを再現したステージを攻略していく従来のGジェネレーションシリーズとは違い、オリジナル要素を追う展開が強く、スーパーロボット大戦に近い作品。
タイトルの通り、ツインアイではなくザクのようなモノアイを持ち、かつガンダムの意匠を持ったモビルスーツが物語の中心となる(ガンダムとしてはGPシリーズのようなアウターナンバーである)。
主人公はシグ・ウェドナー、主役機はシスクード
プラットホームこそマイナーだが、クワトロ・バジーナ「まるでモノアイガンダムだな」という台詞とともに流れた当時のCMのインパクトは計り知れず、またシスクードはPS2「GジェネレーションNEO」にも出演したためか現在の知名度は比較的高い。
後にGジェネDSにも出演することになる。

予てより「ジオニックガンダム」という発想は公認非公式のアナザーストーリーとしては何度かされており、またリック・ディアスのような非ガンダム的なデザインの「ガンダム」も公式に存在していた。
モノアイガンダムもそういった発想の一つであるが、完全なガンダムとしてデザインされながらもモノアイというガンダムはかなり異質であり、当時の少年達の心にその衝撃は今も焼き付いており、後年にはその派生的な存在としてガンダムアストレイゴールドフレーム天ガンダム[グリンブルスティ]など「ツインアイを採用した完全なガンダムフェイスを持ちながらも他の部位にモノアイを持つ機体」が登場している。
なお、ガンダム顔にモノアイというキャラクターはにせガンダムが初出となる。

2019年には新作「クロスレイズ」の早期購入者特典として、SwitchPS4での移植版が登場。
クロスレイズにおいてもシスクードのティターンズカラーが同特典のDLCとして生産可能になる他、シグ・ウェドナーとエゥーゴカラーも後日無料DLCで配信される。
……もっとも、クロスレイズは宇宙世紀作品が登場しないアナザー系列オンリーの作品(さらにその内4そのに絞っている)となっているため少々浮いてしまっている(一応隠し機体としてガルバルディβが登場するが)
なお、開発設計に関しては他のDLC機体同様どちらのカラーも一切行うことが出来ない。

関連タグ

Gジェネレーション GジェネDS ワンダースワン

リック・ディアス リックディアスガンダム化
Zガンダム機動戦士Zガンダムにせガンダム
ストライクガンダム:SEED放送前の発売だが、隠し機体として、本機が初期稿バージョンで登場。

関連記事

親記事

Gジェネレーション じーじぇねれーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モノアイガンダムズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90692

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました