ピクシブ百科事典

血のバレンタイン

ちのばれんたいん

それは、華々しい世界の舞台裏。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 1929年2月14日にアメリカシカゴで発生したギャング同士の抗争事件「聖バレンタインデーの虐殺」の別称。
  2. 1981年に公開されたカナダ制作のホラー映画本項で解説
  3. ソーシャルゲームアイドルマスターシンデレラガールズ』において2012年2月に開催されたイベントの上位報酬である「十時愛梨」を巡って繰り広げられた多々買い
  4. アニメ機動戦士ガンダムSEED』において、地球連合ザフトの戦端を開くきっかけとなった事件。農業プラントであるユニウスセブンに核ミサイルが撃ち込まれ、24万にも及ぶ人間が命を落とした。
  5. これらの名称から転じて、バレンタインデーチョコレートを渡せない、または貰えない人達の心象風景。本項で解説
  6. 両想いになれるなどとして血液を混ぜたチョコレートを食べさせる呪術の一種。本項で解説
  7. MMORPGマスターオブエピック』で起きた虐殺事件。運営がバレンタインイベントにかこつけて対人戦未経験のプレイヤーを(真実を隠して)対人戦に誘導しようとした結果、軽い気持ちで参加した非対人戦プレイヤーが対人戦ガチ勢に虐殺された。しかもシステムの後押しまであったりもした(対人戦エリアで国家に所属しているPCの攻撃は味方に当たらないが、未所属PCの攻撃は他の未所属PCにも当たる。そして対人戦未経験PCは全員未所属…)。


この記事では2・5・6に付いて解説する。

2.の概要

BE MINE 4 EVER


1981年に公開されたカナダの自主制作ホラー映画。配給はパラマウント映画
2009年に『ブラッディ・バレンタイン3D』としてリメイクされた。

いわゆる「13日の金曜日」クローンの一本。
B級映画ながら、炭鉱夫姿にツルハシが凶器の殺人鬼姿は、ホラー映画ファンからの人気が高い。

ストーリー

米国、小さな鉱山町ハニガー。この静かで平和な町に、実は20年前、恐しい事件がおきていた。

2月14日バレンタイン・デーで町の人々がパーティを開き祝っている頃、二人の鉱夫が仕事を早くきり上げてパーティに加わろうと鉱山から去っていったが、不注意にも鉱内のメタン・ガス量を調査するのを忘れ、それが原因でガス爆発が勃発。中にいた鉱夫が生き埋めになった。
6週間に及ぶ発掘作業の結果、一人だけが救出されるが、その鉱夫ハリーは、生きのびるため同僚の肉を食べるという異常な体験をしており、救出された時には、完全に気が狂っていた。
一年後、精神病院から脱走したハリーは、2月14日の晩、鉱山服に身を包み、爆発の原因をつくった二人の鉱夫を殺し、その心臓をハート型の箱に入れ “二度とバレンタイン・デーを祝うな” という警告を残した。

この恐しい事件のために、ハニガーの町でバレンタイン・デーを祝わなくなって20年、人々からこの事件の記憶も消えた今、再びバレンタイン・デーのパーティが復活した。
それは同時に事件の悪夢も呼び起こすことになってしまった。
鉱山服に身を包んだ謎の人物が現れ、再び殺戮を開始したのだ。
果たして、それは戻ってきたハリー・ウォーデンなのであろうか…。

一方、バレンタイン・パーティーを楽しんでいたT.J.サラなどの若者達は成り行きから、爆発事故が起きた炭鉱に“肝試し”に行く事になる。

2の関連動画

予告編




5.の概要

バレンタインデーの発祥、由来に付いては再三述べられているように(外部リンク)判然としない部分が多くあり、また一口にバレンタインデーと言っても国々で表す中身は多種多様なものとなっている。

現在の日本では一般的に女性が意中の相手に渡すというイベントとして理解されており、2月14日が近づくとマスコミがこぞって手作りチョコの特集を組んだり、デパートからコンビニまで各店競って特設売り場を設けて新たなカップルの成立を後押しするなど、街中がにわかに色めき立つ事が常態化している。

そんな世情に取り残されるのが非リア充である。
近年は「友チョコ」なる文化も広まってもいるが傷の舐め合い感が拭えず、男性ならば「義理チョコ」という期待もできるがこれも所詮勝ち組が片手間にする施しでしかない。

第一、真の非リア充ならばそのような友人知人さえ望めないため、孤独な現実だけを改めて突き付けられる事になってしまう。

そうしたやり場の無い気持ちが積み重なり、やがて爆発すると当記事メイン画像のような悲惨な結末を招きかねないのである。

クリスマス然りリア充向けのイベントが一般化し年間行事に組み込まれてゆく裏側では、そこからあぶれた人達が後ろめたさを背負いながら当日が過ぎ去るまでをひたすら耐え忍んでいる現実があるという事にも思いを馳せていただけると幸いである。

6.の概要

LOVE注入ッ♥


ローティーンの少女を中心に、まことしやかに語られる恋愛必勝法。
「血には惚れ薬としての効能があり、意中の相手に飲ませる事で両想いになれる」という話が標準的な内容である。
そのためチョコレートという食物を渡す事が一般化しているバレンタインデーは、自然な流れで混ぜ込んだものを食べさせられる絶好の機会という事になる。
血液は自傷でもして用意するか、説によっては経血を勧めている事も。

もちろん事実無根の真っ赤な嘘であり、定期的に流行する都市伝説の一種である。
由来は不明であるが、チョコレートを渡す習慣が広まったかなり早い段階から存在していた噂のようで、少なくない実行例があると言われている。直近では2014年が流行の年だったとか。
他とは異なり目に見える恐怖は無いが、静かなる狂気を放っている事例である。
やはりバレンタインイベントなど不用意に関わらない方が幸せでいられるのかもしれない。

ジャニーズ事務所をはじめとした芸能事務所ではこれを考慮して(他にも怪しい薬剃刀など)、送られてきたバレンタインチョコは基本的に焼却処分にしているそうな。もったいない気もするが、下手に寄付して下痢や感染症、口の中を切られたりしても責任とれないからね。

余談だが、明治のはじめごろはチョコレートの原料に関して「牛の乳」を「牛の血」と勘違いされる事があったそうな。当時の日本人には色からして血の塊に見えたからだろう。
え、チョコレートの主原料は牛乳ではなくカカオだって?当時の人に言ってくれ。

関連タグ

バレンタインデー バレンタイン中止のお知らせ チョコレート イベント 行事
しっとマスク しっと団
非リア充

pixivに投稿された作品 pixivで「血のバレンタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 802512

コメント