ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドンキホーテ・ホーミング

どんきほーてほーみんぐ

ドンキホーテ・ホーミングとは、少年漫画『ONEPIECE』の登場人物である。(メイン画像左の男性)
目次 [非表示]

ドフラミンゴ… ロシナンテ…」「私が父親で ごめんな


CV村治学


概要

元・王下七武海の海賊ドンキホーテ・ドフラミンゴや元・海軍中佐ドンキホーテ・ロシナンテの実父で、元・世界貴族(天竜人)である。


彼もその妻も一般的な天竜人と比べると極めて異端な良心を持ち合わせた人物であり、その性格は次男ロシナンテにも受け継がれている。自分たちは「人間」だと語り、天竜人としての暮らしを放棄して人間として暮らすことを選んだ。


魚人島編で登場したミョスガルド聖も実はドンキホーテ一族であり、ホーミングの親戚にあたる天竜人である。


来歴

33年前、人間的な暮らしを求めて自ら天竜人の地位を放棄し、家族を連れて北の海世界政府非加盟国に住居を構えた。


しかし、現地の人々に自分達が天竜人だとバレてしまい(幼い長男ドフラミンゴが奴隷はいないのか」「人々がひれ伏さない」と人前で怒っているシーンはあるが、それが原因でバレたかどうかは明言されていない。アニメではホーミング聖が自ら素性を明かしている)、天竜人の横暴に憎悪を抱いていた移住先の住民から壮絶な差別暴行を受ける。


天竜人達に「妻と息子達だけでも聖地マリージョアに返せないか」と掛け合うも、自己都合で出て行った事から受け入れてもらえず、環境の悪化が原因で妻も病気で失う。その2年後、住民に一家共々捕まり危うく殺されかけるもドフラミンゴが覇王色の覇気を無意識に発動し、住民を気絶させ命は助かった。しかし、この一件が引き金となり自分を地獄のような境遇に追い落としたことを恨んだドフラミンゴの手により射殺された挙句、死体から首を捥がれてしまった。


迫害を受けた際も、息子によって殺される間際も、彼は恨み言ひとつ言わずただただ己のふがいなさを恥じ、息子達に謝りながら最期を迎えた。


その死はロシナンテの心に大きな傷跡を残した。ロシナンテは自分の制止を聞かずに父を射殺した兄を拒絶して彼の元を去り、センゴクに拾われて成長した後は兄の暴挙を止めるため海軍からのスパイとしてドンキホーテ海賊団へ潜入する。


ドンキホーテ家の悲劇の元凶

ここまでの事になるとは想定できなかった…!!私が甘かったんだ…!!頼む 何でもする…!!!妻と子供達だけでいい マリージョアへ帰らせてくれないか ……このままでは一家全員殺されてしまう!!!


世界貴族の特権を否定し、「天竜人はではなく同じ人間と語るなど、一般的な天竜人と比べると極めて異端な良心を持ち合わせた人物である反面、詰めと思考の甘さが所々目立ち、賛否の分かれる人物となっている。


ホーミング自身は自分達家族が「ただ普通の人間として静かで平穏な暮らしが出来ればそれで良い」と良くも悪くも欲がないことを思っており、例えこれから自分が奴隷を持たず暮らしていくつもりはあっても、それ以外の天竜人達が「奴隷を扱うこと」や「3年に一度非加盟国を対象として行われる人間狩り」と言った「度の過ぎた非人道的行為を平然と行い、それが黙認される現状」を積極的に否定し改革していく意志は無かった。


出奔するホーミングを見送りに来る天竜人の中には奴隷を虐げている者もおり、それに対して彼は何ら反応を見せなかった点もそれを裏付ける。更に言うと直接描写はないがドフラミンゴの発言によると移住以前から奴隷を所持していたことが示唆されており、奴隷に興味を持つ息子への教育も移住以前からきちんとせず移住後になって考えていた(アニメではその結果不慣れな生活に癇癪を起こす描写があった)。


「支持者・理解者を集める」「天竜人達の意識・体制改革の為に働きかける」「大同小異はあるがアラバスタネフェルタリ家のようにマリージョアの外で国家を作る(ネフェルタリ家は『マリージョアへ移住せず祖国に留まった国家』なので事情はやや異なるが)」「(あくまで極論だが)革命軍に参加する」等の自分たちの基盤を作ることもないままに、更には天竜人が外でどう思われているかも考慮せず、それまでの地位を捨ててマリージョアを去っていった事は、浅はかな考えと行動であったと言わざるを得ない。


実際、ミョスガルド聖は初登場時こそ一般的な天竜人と同様の人物であったが、オトヒメに諭された事をキッカケに良心的な人物となったことで、ホーミングとは逆に「奴隷を持たず、魚人族・人魚族を血縁含む他の天竜人達から守り続ける」と言う明確なビジョンのもと、同族からは「奇人」と蔑まれながらも天竜人としての身分を持ち続けるなど、地位を維持しつつも現在に至るまで世界貴族の体制を改革するための努力を続けており、対照的に何もしなかったホーミングの浅はかさが目立つ。


その上、上述の「自分達が天竜人としての権利を放棄して普通の人間として生きていく」という実情を息子達に対して一切説明していなかった。子供に理解を求めず、何も分からないままに自分の行動に付き合わせた事が、ドフラミンゴの人格を大きく歪ませた一因である事は間違いないだろう。


また、原作ではこの事が正体の露見する一因となった可能性もある。アニメの方ではさらに正体が人々に露見する理由が追加され、移住先の住人の前で堂々と自分の素性を素直に喋る場面が追加されており、当然その行動で自分達が天竜人である事がバレてしまったのは言うまでもなく、詰めの甘さに拍車をかけている。

どちらの場合でも、人々が天竜人に対し抱く怒りや憎しみの恐ろしさを十分考えず、正体を伏せるための徹底した注意を払わなかった結果なのは明白と言えるだろう。


とはいえ、迫害を受けた時も「子供達は許してくれ。私だけにしてくれッ」と訴えたり、天竜人達に(自分ではなく)自分以外の家族の保護を求めたり、死ぬ間際も恨み言ひとつ言わず、自分のふがいなさを恥じ、息子達に詫びるなど、親として、一個人としての良心が存在したことは間違いない。実際にドフラミンゴは、天竜人の地位放棄で凄惨な目に遭うまではホーミングを慕っていた。


そもそも天竜人という特別な環境にありながら、奴隷を持たないと言う思想に自力で目覚めた事"自体"は特筆に値する(ミョスガルド聖はオトヒメの思想に感化されたが、ホーミング聖はそのようなきっかけが特に描かれていない)。


そこからあと一歩考えを進める事が出来なかったのが彼の不幸であり、総評すればやはり


『善人なのは間違いないが、致命的に詰めが甘い』


と言う事になるだろう。とはいえ、彼の問題点には天竜人全体が受けてきた歪すぎる教育内容と、その地位の特異性もありマリージョアにいる間に外側の世界を"正しく"理解する機会がなかったことに由来するところもあり、必ずしも彼自身に全ての原因があるとは言い難い。


尤も、彼とは逆に改心後のミョスガルド聖は、世界会議にてしらほしをペットにしようとしたチャルロス聖を2度に渡って妨害した結果、「チャルロス聖殺害未遂犯の攻撃の認可及び逃亡幇助、及び魚人族・人魚族を庇い立てした罪」を全て背負う形で世界会議終了後に神の騎士団粛清されており、仮にホーミング聖が天竜人の体制を内側から改革しようとした所で、恐らくはそれを異端」や「反乱分子」と断じて許さない神の騎士団や他の天竜人達の手で改革の意志は根本から捻り潰されていた可能性が高いと思われるが…。

その点、ホーミング聖は実質的に同族に見殺しにされたものの、(天竜人にとっての危険因子が自ら地位を放棄してくれたおかげで干渉が不要となった為か)マリージョアを出た後に神の騎士団が粛清しに来ておらず、徹底して素性がバレないよう注意し「一般人」として生活していれば、少なくとももう少し長く平穏無事に過ごす事くらいはできたであろう。その意味では、「世界に向き合う『天竜人』」にも「市井に生きる『一般人』」にもなり切れないままその「正しさ」や「理想」を独り歩きさせてしまったことが彼の失敗であったと言える。


彼や(改心後の)ミョスガルド聖もまた、『ONE PIECE』という作品の裏で描かれてきた正義とは何か、正しさとは何か」という答えのない問いかけを象徴する存在なのである。


関連項目

ONEPIECE 世界貴族(天竜人) ドンキホーテ・ドフラミンゴ ドンキホーテ・ロシナンテ ドンキホーテ兄弟 ホーミングの妻

関連記事

親記事

世界貴族 せかいきぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254136

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました