ピクシブ百科事典

本記事にはジョジョリオンのネタバレ内容が含まれています。閲覧にはご注意ください。











































そのしゃぼん玉はどこにも存在しない
























『超えて行く(ゴー・ビヨンド)』



越えて行く






概要

この物語のラスボスとの戦闘中に定助が発現した(もしくは既に発現していた)ソフト&ウェットの新たな能力、スタンドや指から出す通常のしゃぼん玉とは違い、肩にある星型の痣から発生する。見た目はそのまま、輪郭のようなものがうっすらと見えるしゃぼん玉であり、定助の使う他のそれとは明らかに異なっている。

豆銑礼は「無限ゼロに近い、限りなく細い線が爆発的な回転によって完全なゼロとなり、存在しなくなっている」ゆえに「この世に存在していない」が「回転だけが存在している」のだと発言している。

無限小(数学的には「1⁄∞」)の細さの“糸”が、球状(シャボン玉型)になるように超高速回転しているため、“物理としては存在していない状態に限りなく近いが、回転という事象だけが発生している”。

能力は「この世の条理やあらゆるものを"貫通"して越えて行く」能力。
理論上は存在していない(に限りなく近い)ため、壁や物体など物理存在は言うに及ばず、あらゆる害悪の理(ことわり)を強制的に遠ざけるスタンド能力に干渉されることがない。

豆銑礼の服を貫通して肉体に大穴を空けていたり、ラスボスに命中した際には脇腹を抉り取った上で体を大きく吹き飛ばすなどかなりの高威力。また接触した部分が削られる描写も存在するため、クリームザ・ハンドのような「削り取る」能力も備えていることが分かる。
ただ、これらのスタンドと大きく違う点は弾道上にいる物に何がなんでも当たること。
ジョニィAct4絶対殺すマンならば、こちらは絶対干渉されないマン、あるいは絶対穿つマンと言ったところだろうか。
要はルール無視攻撃である。


ただし『存在していない』状態であるが故に発動者の定助でさえコントロールが不能であることが重大な欠点としてあげられる。
つまりここまで強力な能力を有しているにも関わらず当たるかどうかは運次第というかなりの曲者なのだ。「無限の回転を生み出す」までがスタンド能力で、「生み出した回転のコントロール」は能力の範疇外であると言い換えてもいい。無論、狙って当てるのは困難を極め、定助自身も発現したばかりで使いこなせていないのか最後までワンダー・オブ・Uには当たらず、万事休すかと思われたが・・・・・・
彼女進むべき道に導く能力により、倒すべき敵へ一直線へ向かっていくという『奇跡』を起こした。

そして最終盤、本体を失ってなお厄災を引き起こそうとするワンダー・オブ・Uに対しギリギリで東方邸に辿り着いた定助は、ある程度照準を定められるようになったゴー・ビヨンドを命中させて撃破した。

一度意識して実践したからなのか、病院から東方邸までの移動時間という短期間で命中精度が大幅に改善させる所を見ると、成長性も申し分なさそうである。

関連タグ

ソフト&ウェット 東方定助
ペイズリー・パーク 広瀬康穂

ワンダー・オブ・U 透龍

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョリオン スタンド
チートスタンド

関連記事

親記事

ソフト&ウェット そふとあんどうぇっと

pixivに投稿された作品 pixivで「ソフト&ウェット・ゴー・ビヨンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1329

コメント