ピクシブ百科事典

あくまのカガミ

あくまのかがみ

あくまのカガミとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエスト6』。悪魔が取り付いてモンスター化した鏡のモンスター。モシャスを唱えて主人公達のうちの誰かひとりに変身する。鏡をモチーフにしたモンスターだからだろうか、最初からマホカンタがかかっているため、呪文は厳禁。また、まぶしい光を使って相手の命中率を下げてくる。

DQMシリーズではだいたい登場しているが、DQMJではモンスターとして直接登場している訳ではないが、とあるダンジョンで主人公達をワープさせる役割を持つ。後の別のゲーム鏡にちなんだとあるキャラにも引き継がれた。

『ドラゴンクエスト テリーのワンダーランド3D』では、モンスターとして満を持して再登場した。プラス値を25以上達することで、最初からマホカンタがかかった状態になる特性「つねにマホカンタ」を習得できる。他にもプラス値50以上で「ひん死で呪文会心」が解放される。ちなみに攻撃エフェクトはリメイク版ドラクエ6のように爪で引っ掻くのでははなく、鏡で直接攻撃する。鏡に傷がつかないか心配だ・・・。

固有スキルは「インスパイア」。デフォルトの特性は「スタンダートボディ」、「いきなりインテ」、「いきなりピオラ」。

イルルカでは、新生配合で「呪いブレイク」、新生配合でメガボディ・ギガボディを引き継ぐと「マインドブレイク」、新生配合でギガボディを引き継ぐと「AI1~3回行動」が解放される。

あくまのカガミ系のモンスター

ホーンテッドミラー
廃墟に置かれたままになっていた鏡に悪霊が乗り移ったモンスター。使用してくる攻撃はあくまのカガミと変わらない。しかし、メラミを使ってくるので注意。ボーンデッドミラーホーンデッドミラーと名前を間違える人もいるかもしれないが、正しくはホーンテッドミラーである。

のろいのカガミ
映したものを呪い殺す鏡に命が宿った魔鏡。他の下位種と違って攻撃のレパートリーが少ないが、この段階では職業レベルがかなり上がっているはずなので、モシャスを使われると非常に厄介なモンスターと化す。最上位種な上にかなり終盤で登場するモンスターだけあって、HPや守備力が非常に高い一筋縄ではいけないモンスターである。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ

pixivに投稿された作品 pixivで「あくまのカガミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 963

コメント