ピクシブ百科事典

ひらがな

ひらがな

にほんで もちいられる もじ。 にほんごの かきものでは、かたかなや かんじとともに つかわれる。
目次[非表示]

ひらがなとは、おもに にほんでつかわれる かな のひとつ。

あらまし

ひらがなは、くうかいがつくったと いわれているが あくまで いいつたえでしかなく、にほんごを かきあらわすために ながい あいだをかけて かたちづくられていったらしい。ならじだいの まちやたてもののあとちからは まんようがなをくずした かなもじが おおくみつかっており ひごろのかきものや やまとうたを かきあらわすために さかんに かなが つかわれるようになった。

ひらがなが おおやけに もちいられるように なったのは、だいごてんのうのみよに あまれた 「こきんわかしゅう」が はじめと いわれている。また、きのつらゆきが かいた 「とさにっき」には、すでに いまの ひらがなと おなじ かきぶりの かなが つかわれていたという。

こうして、10せいきなかごろには ひらがなは すっかり ととのったしくみを そなえ にほんごを おもうがままに かきあらわせるように なったと かんがえられている。

なお、このきじは こゆうめいしのほかは なるべく やまとことばをつかって かきました。

ひらがなのきじ

𛀁


「わ」ぎょう「い」だんと 「わ」ぎょう「え」だんは れきしてきかなづかいとされ いまは ほとんど つかわれない。
「や」ぎょう「い」だんと 「や」ぎょう「え」だんは 10せいきごろまでには すでに もちいられなく なったと かんがえられている。
「わ」ぎょう「う」だんに いたっては はじめから もじとして つかわれることが ほとんど なかったと かんがえられている。

のちに くわわった もじ

いわゆる にごった おとを しめす 「てんてん」や 「まる」が ついた もじ


このほかに まんがなどで 「あ」ぎょうの もじに 「てんてん」を つけることが あるが ただしい つかいかたでは ない。おもに かわった こころもちを ふくむ いいかたを あらわしている。

まがった おとや つまった おとを しめす ちいさい もじ


これらは ただしくは ほかの もじに つづけてのみ つかう。
まんがなどでは 「っ」を あたまに おくことが ある。
もともと 「あ」ぎょうには ちいさい もじは なかった。 よそのくにの ことばや いなかの ことばを あらわすのに つかわれる。
ただしい つかいかたでは 「ゎ」は 「」と 「」の あとにしか つかわない。すなわち、「くゎ」「ぐゎ」という かきあらわしかたでのみ もちいるのが もともとの つかいかたなのだが、いまは ただしい つかいかたでは ほとんど つかわれていない。

そのほか

」という 「よ」と「り」の あわせもじ がある。

かかわりのある きじ

もじづかいの ゆれ:平仮名
もじ ひょうおんもじ にほんご ごじゅうおん かな かたかな へんたいがな さしすせそ

「はなまる」 やよいぞーん
さいたま

pixivに投稿された作品 pixivで「ひらがな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93472

コメント