ピクシブ百科事典

ぴく武者【勢力】

ぴくむしゃせいりょく

ぴく武者【勢力】とは、ぴく武者の中に数多ある「軍団」、「会社(有限、株式問わず)」、「ヒーロー(または悪役)集団」といった勢力をまとめるためのタグである。
目次[非表示]

概要

ぴく武者【勢力】とは、ぴく武者の中に数多ある「軍団」、「会社(有限、株式問わず)」、「ヒーロー(または悪役)集団」といった勢力をまとめるためのタグである。

この「勢力」は、国をまたいで存在する物、国にかかわらずに存在する物…とその形はさまざまである。
さらには国を獲り合うという関係を築いているため、1つの国に複数の「勢力」が存在する場合もある。

勢力に所属するという事。

その勢力に参加するという事は、ぴく武者内に存在する小さなそのコミュニティに参加すると言う事である。節度ある態度で臨もう。

勢力に参加する際、「必須タグ」の設置が求められる場合が多い。
これは勢力参加者を検索しやすくするためのものなので、快く応じるようにしよう。


以下、勢力の一覧。

勢力

勢力名 読み  概要
妖喰一座アヤハミイチザ人でありながら妖怪を喰らうことを生業としている旅一座。
阿狼頭衆アロウズシュウ各地を荒らしまわっている一味。その非人道的な行いに嫌気がさして中には一味を離反する者もいるらしいが…?(元ネタ:00のアロウズ)
暗黒党アンコクトウ都駈薩の国の秘密結社。
遺瑠美那邸の国・頑駄無軍団イルミナーティノクニ・ガンダムグンダン雷豪将頑駄無が指揮する遺瑠美那邸の国の頑駄無軍団。
深層騎士団インビジブルナイツ隠里・支賦良流樽を他地域からの侵略から守るため作られた自警団が元となった小規模な組織。
逢魔夜叉軍団オウマヤシャグンダン邊守覇の国を発端に現れた闇の武者たちの軍団。いわゆる闇軍団。(旧妖魔邪獣軍団)
織寺成革命軍オリジナルカクメイグン織寺成の国に平穏と平等を取り戻すために立ち上がった革命軍。須斗雷駆府璃堕夢大将軍を討つのが目的。
勢力名 読み  概要
改一派カイイッパ異魔神達の集団。暗黒党と手を組んでいる。
カラクリ一門カラクリイチモン日々、カラクリの研究に勤しむ集団。
空海衆クウカイシュウ東方不敗大将軍が自ら設立した彩句露の国の暗殺組織。正義のために自らの手を汚すことも構わぬ者たちが集う。
紅蓮の虎盗賊団グレンノトラトウゾクダン絶羅を首領とする盗賊集団。目的のためならいかなる犠牲をも問わない匪賊。
黒の一族クロノイチゾク露護主の国を根城に近隣を侵略する悪の武者頑駄無集団。他国を侵略し勢力を拡大して行っている。
五人の頑駄無ゴニンノガンダム突然現れた謎の軍団。五人いるという以外は一切不明。
勢力名 読み  概要
海蛇の尾サーペントテール各陣営から依頼を受ける少数精鋭の傭兵部隊。
三蔵サンゾウ西方に拠点をおく傭兵集団。
神魔九玉兵団シンマキュウギョクヘイダン善悪を問わず、世界の脅威となりえるモノを排除する事を目的とする集団
是救守隊ゼクスタイ牡頭の国にその人ありと言われた武者・是救守率いる部隊。突如出現した5人の武者頑駄無を追い、各地を旅して回っている。(元ネタ:ガンダムWのゼクス・マーキス)
勢力名 読み  概要
鎮魂歌チンコンカ表向きは慈善事業団体、裏では悪徳企業。
道玖一族デュークイチゾク族長、道玖影を筆頭とした盗賊集団。
天明義勇軍テンメイギユウグン邊守覇の国に平和を取り戻すために立ち上がった義勇軍。
勢力名 読み  概要
撥零撥参特攻隊ハチゼロハチサントッコウタイ「己の正義を貫き通せ!」をモットーに戦う天帝直属部隊。
猛禽(バルチャー)バルチャー各国に認定を受けず、独自の判断で自警行動を起こす、非正規自警団の一つ。
妖魔邪獣掃討小隊ファントム・スイープ央ヶ珠朶の頑駄無大将軍直属の部隊。現在壊滅状態にある。
妖魔邪獣殲滅小隊ファントム・スイープ聖邪問わず、魔を滅することを目的とする「羅沙の国狩帆瑠尼逢州」所属の部隊。
聖剣勇者団ブレイドブレイブ“ほぼ”鉄機武者のみで構成される傭兵集団。
勢力名 読み  概要
魔道軍マドウグン魔道の力を使いこなす謎の勢力。
魔霊斗軍マレッドグン各地を転々とし、略奪行為を行っている軍団。実際は軍というより盗賊集団に近い。
勢力名 読み  概要
幽威衆ユウイシュウ今から十数年前に突如現れ、破壊と殺戮を繰り返す妖怪軍団。ヒトの魂を糧としている。
勢力名 読み  概要
王商店ワンショウテン都市部に集中して出店を続けるグループ企業。
   
   
勢力名 読み  概要


注意事項

ちなみに、どことどこが敵対しているかまでは明記していない。
気になる人は、勢力を立ち上げたユーザーに直接確認する事をお勧めする。

pixivに投稿された作品 pixivで「ぴく武者【勢力】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1401

コメント